上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。じゅんべえです。渓流解禁に興奮し、3日連続で行ってきた結果です。やっぱり渓流ルアーはおもろいなぁ~


釣行日 3月1日
時間 10時~13時
場所 上沢渡川 公園前より上流
天候 晴れ
ロッド 5フィート
リール スピニングC2000S
ライン ナノダックス2.5ポンド
ヒットルアー スプーン3グラム赤金 銀
釣果 ヤマメ20~22センチ 2匹

釣行日 3月2日
時間 11時~16時
場所 神流川 キャッチアンドリリース区間より上流
天候 雨時々曇り
タックル 同上
ヒットルアー スプーン3グラム赤金 バフェットスローシンキング黒金 ARスピナー2番黒金
釣果 ヤマメ15~24センチ 7匹

釣行日 3月3日
時間 9時半~14時
場所 神流川 キャッチアンドリリース区間より上流
時間 16時~18時
場所 烏川 コンビニ前付近
天候 晴れ
タックル 同上
ヒットルアー ARスピナー2番黒金 バフェットスローシンキングDD銀ベースに背緑腹橙
釣果 ヤマメ13~21センチ 5+2=7匹


いずれの日も解禁直後ということで、流れがかなり緩い点でヒットが集中した。ラインを水に付けることで水圧を利用し、食わせたい点(流れが一部緩くなっていて釣れそうな点)でUターンを描かせる有効性を実感できた。活性が低いこの時期はいかに長い時間、ルアーを魚の目の前に留めておけるかが大事。ただし見切られては意味がない。アップクロスではなかなか難しい。そんなわけでこの3日間はクロス~ダウンストリームの釣りにヒットが集中した。またルアーの動かし方だが、意外なことに早いスピードで動かした方が魚にスイッチが入り食わせまで持ち込むことができた魚が3割位いた。それから神流川で感じたことだが、水面が鏡の淵でサイトをやったところ、ミノーのトゥイッチの幅、テンポ、組み合わせで反応の仕方がかなり変わってくることが分かった。具体的にはピッチの早いショートトゥイッチで追っては来るもののバイトに至らない魚をテンポの遅いトゥイッチに変えたところ一発で食わせることができた。これは解禁直後の警戒心の薄い放流ヤマメだからこそかもしれないが、これからも色々試して行きたい。

ライン種類や太さの重要性も調べていきたい。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/9-5c778fbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。