上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも
こんにちは

集中講義で気が狂わないよう
狂ったように釣りへ行ってます
投人です


という訳でテスト明け釣行後編です




日時 8月14日 16時前~18時
場所 L
風 北西
波 1m
濁り 強
釣行者 1人
釣果 ハゼ3 サヨリ1 フグ1
釣法 投げ→ミャク

・川側に投げるとゴミだらけで釣りにならなかった

・ハゼの合わせが思った以上に難しい→目印を使うといいかもしれない

・のべ竿の長さが足りない

・鉛筆サイズのサヨリが入ってきていた

・知り合いが豆アジを釣っていた、16時~暗くなるまでで30匹くらいだったらしい

・投げ坊主




日時 8月15日 4時~8時
場所 S
風 南東
波 0.5m?
濁り 中
釣行者 1人
釣果 キス5 チャリコ1
釣法 投げ









・相変わらずのフグの多さ→早めに巻いても避けきれない

・この日は遠投せず、50~60m付近の深くなってるところを徹底的に攻めた

・4色弱付近でピンギスが釣れているみたいだった



日時 8月15日 16時~18時
場所 S→R
波 0.5m
風 南東
濁り 弱
釣行者 1人
釣果 ソイ 19 17 ~15多数
釣法 投げ→穴

・深めの穴の底まで落としてもフグがかかった←フグは根魚になったようだm(__)m

・手前はほとんどあたらなかった←撃たれた後?

・やはり深い穴は鉄板

・投げ坊主

・ライトな投げ竿に、ナイロンリーダー1.5m結んで投げたら切れた←やはり投げ竿には力糸必須

・ライト投げ竿+力糸と磯竿+ショートリーダーの飛距離が同じ位だった←ライト投げ竿は必要ない?



8月16日 4時~7時
場所 S
風 南東
波 無し
濁り 弱
釣行者 1人
釣果 キス4 チャリコ3
釣法 投げ






・ぱっと見ベストコンディションだったのに渋かった

・当たる距離がバラバラ

・チャリコは早めにサビいても平気で食ってくる←たちが悪い

・かなり遠くにキス釣りらしきボートがでてた




~まとめ~

前編、後編を通して

時間、場所、距離...全てが全く読めない

とりあえず今の時期、今のところはっきりしてるのは
・キスが当たるのは水深1m~
・魚が薄い
・基本ピンギス、深場,ストラクチャー周りでたまに良型
ってこと

「魚が薄い」と言うのは
「届く範囲内で」という前提があるため
釣果を伸ばすには遠投力をつけることが大切だと思われる

飛距離を伸ばすためには

まだ竿を使い切れていない感があるため
まずは
・投法の改良またはV字や回転投法の習得
・鍛える

ということが

他に

・糸の号数をおとす
・スプール径がもっと大きいのを使う
・コーティング剤を使う

といったことが必要なはず







~タックル~

のべ竿 水彩2.7m
道糸 銀鱗1号
ハリス ナイロン0.8号
針 ケン付流線
ナス型オモリ1号



07サーフリーダーFV 405 CX-T
ファインサーフ30
PE1号+PE力糸1→6号
デルナー天秤27号

磯竿遠投3号4m
クレスト4000
PE1.2号+フロロ4号
固定式天秤10号

投げ竿 20号390
ファインサーフ30
PE1号+PE力糸1→6号,ナイロン力糸3→12号
海藻テンビン15号


~仕掛け~

モトス ホンテロン2号
ハリス フロロまたはナイロン0.8~1号
針 アスリートキス、ケン付流線、赤ハゼ

または

市販仕掛け
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/61-84a7079b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。