2012.07.23 二連荘
 
 こんにちは。じゅんべえです。
期末なんて関係ない。我々は川に向かうのです。



日時 7月21日 午前8時半~午後5時半
場所 高根川 雲上橋下流
天候 晴れ
風 微風
最高水温25度位
水位 平水
濁り 無し
垢 新垢付き始め
水中糸 フロロ0.175号 ランスペシャル0.05号
掛け針 スティング6.5号 忍6.5号
釣果 33匹



日時 7月22日 午前6時40分~午後6時
場所 三面川 岩沢橋上流 高根川 高根川大橋付近
天候 晴れ
風 微風
最高水温26度位
水位 平水
濁り 無し
垢 新垢付き始め
水中糸 ランスペシャル0.05号
掛け針 スティング エアーマルチ 一角ライト 忍 スピード スピードは7号他は6.5号
釣果 72匹



 感じたこと

 一日目
・流芯で掛かる鮎が多かった
・スティングが異常にバレなかった(結構ためてから抜いたり、下流に流しながら引き合いをさせてから  いたりした)
・手尻調整の時に竿を石の上に落してしまった 反省
・掛かったらやばいなと思っていたのに、掛かった瞬間わずかに遅れて対岸の葦に絡まり
 2匹放流 そんなのだったら強引に引いて1匹バラしのほうがましだ
・オモリの適正号数が分かってきた
・ハナカンとオモリの距離は5センチく位が一番掛かった気がする
・釣れない場所で粘りすぎた(たまには掛かりにくい鮎うぃ釣るのも練習かと思ったが、そういう釣りはそ ういう川でやればいい 高根ではやらなくていい 友釣りの基本は効率よく、縄張りの強い鮎を足で稼ぐ こと



 二日目
・三面川は朝2時間ほどしかやらなかったが、止めて待っているときにかかることが多かった
・初めて開拓した高根中流域は、木や電線がなく釣りやすく魚影も多く感じた
・総じて、流れがあって大き目(頭大~40センチ四方位)の石が敷き詰まった場所が良かった 色は黒がベ スト 次に焦げ茶
・水深は20センチ位のザラ瀬でも30センチ~1メートル位のトロ瀬でも入れ掛かりがあった
・残り垢でも新垢でも半々位ずつ掛かった
・基本は引いているときにかかった 止めてもかかるが、根がかりしやすくなるのと効率が悪い気がしてあ まりやらなかった ただし、反応があったときは止めてから20秒以内にかかるケースが大半だった
・竿の角度をいつもより縦気味で止めたりしたが、止めやすく根がかりし難く感じた
・顔掛かりが多く、流したりためたりしてから抜くとバレ難かった
・手返しが悪い 普段から意識すべし 
・ベルトのきつさ タモの性能は確実に釣果に影響すると実感した (片手でタモが挿しにくかったり、  タモに逆針、ハナカンが絡んだりでかなりトラぶった)
・今日のハナカンの絡み率を考えるとフック式も考慮に入れる必要あり
・ハナカンを動かしたときに編み込みがきつ過ぎたのか1回切れた
・オモリを常に付けていた ハナカンとの距離は5センチから15センチくらいで使い分けたが短いほうがより 狙ったコースを探りやすく、オトリの動きもわかる気がする 掛かりはあまり変わらなかった
・付け糸下側のチチワの端が切れるトラブル続出 今度から小沢さん流でやってみようと思う
・引き抜き時はオモリもキャッチしたほうが良い キャッチ時、1回オモリの場所でで切れた
・ハナカンハリスについて これまで0.6号でやってきたが0.8号を使ってみようと思う 根掛かりを外す際 にハナカンハリスで切れることが2回もあり、時間をロスした
・初めてスピードを使ってみたが、掛かり、バレ難さともに好感触だった ただ市販品でハリスが細いせい か尾鰭に絡むことが多く無駄な時間を過ごしてしまった
・前アタリはあるのにかからない時(エアーマルチ使用時)スピードに変えたら入れがかりになった 
・相変わらずスティングはバレなし 忍に関しては追いが良かったのでケラレは少なくなったが、最後に4匹 くらい連続でバレた 針先はチェックしたが平気だった
・追いが良いとき、鼻オモリは有効かも(逃げないイメージ)
・目印は編み込んだほうが良いかも
・付け糸 水中糸を1ランク太くしてみる価値あり
・ハナカンを動かす時に一回そこで切れた(編み込み方法は小沢流 ハナカン糸を変えたり編み込みを変えたりしてみよう
・見切りがやはり大切(魚がいれば何等かの反応はあるはず
・オモリを常用するので手尻は10センチ位がトラブルもなく、そこそこ横引きなどもやりやすくて良いかも
・オトリ交換の際、引き船の上げおろしは慎重に 引き船に針が絡まっていたりすると、口に含んでいた糸が動いてトラブ ルのもとになる
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/53-f5481ede