上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、R32です。
先日、群馬県の榛名湖までワカサギ釣りに行ってきました!
20485.jpg



日時:9月8日(金)
場所:榛名湖
水深:約5~6 mのポイント
天気:晴→雨→快晴
風:多少船が揺れるくらいに有り
穂先:[VARIVAS]公魚工房 ワークスリミテッド[VAR-27FS] 先調子/ライトアクション
リール:クリスティア CR PT 
ライン:ArmoredSトラウト 0.2号 
釣行者:JK、澪標、べちょー、R32
釣果:ワカサギ×617、230、232、215   合計1294匹


~午前の部~

午前2時に新潟出発→5時にJKと合流→6時にボートに乗って出発!
2人乗りなので(JK,べちょー)組と(澪標、R32)組に分かれる。
20493.jpg

JKさんは前日も行っていたので、その情報からポイントへ。(今回も魚探は無し)
20481.jpg
手漕ぎのボートです。


ポイントについたら、仕掛けを準備し釣りを始めた。
突然の大音量ラジオ体操が流れて、少し動揺しましたが釣りに集中。


しかし、反応が少ない。 まわりの長竿勢はどんどん数を稼いでいるが、短竿の自分はそうでもなく渋い…
短竿で釣っている人を見つけながら、少しずつ移動して釣るがなかなか続かない。
20484.jpg
長竿二刀流とスピニングタックル


20479.jpg
7連達成!

20488.jpg
長竿二刀流で手返し完璧な状況を準備したJKさんはどんどん数を伸ばしていく。




辛くなってきたので、長竿にしてそこそこ反応があるポイントで数を稼ぐ!が、雨と風でとても寒く、さらにつらい状況に……

お昼近くなってきたので、一度陸に上がって休憩&作戦会議。

午前のまとめ
・とりあえず、仕掛けは鈎1.0号の装飾あり(7本鈎)と無し(5本鈎)を使うがあまり違いはわからず。(というかそんなに釣れてない。)
・探っていたタナは水草の上くらい。底付近はすぐに水草に引っかかるので釣りにならない。浅すぎても反応が無い。
・べちょーさんは手ばねでも釣って楽しそう。
・重りは6グラムを使った。
・雨と風がきつい時間は寒いし、魚の反応もそうでもないしで絶望状態



~午後の部~

とりあえず、ボートに乗ってからすぐのポイントで釣りをしてみることに。
長竿のおじいさんはそこそこ釣っているが、短竿はどうかな?
ということで初めて見るとさっそくアタリが‼
続きそうだったので、しばらくそこですることに。


最初はそこそこ爆釣状態で、澪標さんも興奮状態。
やっぱり短竿ですね!なんて話をしながら、続けているとだんだん群れが回ってきたタイミングでしか掛からなくなる。
原因はわかりませんが自分しか反応が無いタイミングが時々あった。

場所のちょっとしたズレですかね~という話をしていると
澪標さんからインチキフィッシングだ~と言われ、インチキフィッシングってなんすか!(笑)
といったやり取りができるくらいには午前中より精神的に回復していました。


反応が薄くなり、とりあえず移動してダメだったら夕マズメでまた戻ってこようということに。

何度か移動し、最終的にJKさん、べちょーさんのボートの近くに行ってみた。
そこで仕掛けをたらしてみるとアタリが!!
そこからほとんど爆釣状態に入ります。


そこからは15時30分くらいまで釣れ続け、自分は仕掛けが絡まって終了。澪標さんも反応が薄くなってきて、ボート返却の時間が近いのでとりあえず終了。


結果は
20486.jpg
こんな感じになりました。

午後のまとめ
・仕掛けとかエサの種類とかよりは釣れるポイントをとりあえず探すのが最優先?
・アンカーをできるだけ短くしようと思って結んだら、(おそらく)風でボートが動いた際にアンカーが浮いてしまった。そのためボートが一度大きく流された。少し長いくらいがいい?ロープはほどけていなかったはず…
・午後の開始直後に少し釣れ続いたが、途中から反応が少なくなったポイントもアンカーが動いてしまったか。ちょうど群れが回ってきた時間だっただけなのか。
・短竿楽しい!JK、べちょーさん組もこちらの短竿を見て興奮していたらしい。
・ワカサギの重みが乗った時が最高。
・クリスティアの巻き速度を3にしていたが、もっとはやくすることでペースを上げられたと考えられる。
・釣れたのは水草の上あたりで2~3 mが多かった。
・テンションが抜けるとすぐバレることが多かった。久しぶりのワカサギ釣行で、船べり停止機能の活用を忘れていた。
・誘いについて、反応が無いタイミングで追い食い巻き上げやスプールをいじって仕掛けを落とす誘い(何か名称あったっけ?)が効いた気がする。だが単純に数を稼ぐなら、誘ってちまちま釣るよりはアンカーを移動させて爆釣するところでやったほうがよい。


20490.jpg
46781.jpg
釣ったワカサギはおいしくいただきました。



ちなみに自分たちが最後に入ったポイントの少し奥では、DAIWAの方がワカサギ釣りをしていました。
ダブルアンカー、短竿二刀流で1000匹超えだったそうです。(風があるときはアンカー一つにしたのかな?)
ポイントから自分のボートがずれるたびに何度もアンカーをあげて修正していたらしい…



ずっと爆釣というわけにはいきませんでしたが、短竿でそこそこ楽しめました!
個人的に次のボートワカサギはまた来年になりますかね。氷上が待ち遠しいです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/492-bc209904
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。