皆さん
こん○○は!

奈良です。
今季から、鮎に参戦し始めましたのでブログを書いていきたいと思います。
初心者ですので、検討違いのことも多々あるとは思いますが、個人的に感じたことや気づいたことについて記述していきたいと思います。

初めての釣行

M川さんとに同行して頂く。
M川さんに仕掛けの付け方、おとりの付け方など基本的な事を教えていただく。

その後、M川さんが私のタックルですぐに1匹を掛ける。

そこから、私に交代してもらい初めての友釣りを体験。
この日は調子が良いみたいで、初心者の私でも簡単に初めての1匹を手にすることができた。
初アユ

ぶっつけ本番での引き抜きだったが、意外とすんなり決めることができた。

最終的な釣果は私が20匹、M川さんが60匹程度であった

2回目
根掛りさんに同行して頂く。
この日も先日と同じポイントへ。

どうもこの日はあたりが小さいように感じた。

鮎に当たってきたヤマメ
ものすごい勢いで下流に下り、かなり引いたが竿のタメを効かせて抜くことができた。
鮎×ヤマメ


なかなか太ったいいヤマメである。
鮎を食いに来たのか?

結局この日は2人でトータル70匹程であった。

鮎 二人分

【考えたこと・感じたこと】

・ソリッド、チューブラの違い。一日目はM川さんから、アバンサーのチューブラ穂先を借りて釣りを行っていたが、二日目は自分の ソリッド穂先で釣りを行っていた。ソリッドよりも明らかにチューブラの方が感度が良く、アタリが気持ちいい。私の好みとしては   チューブラの方が良いと感じた。おとりの弱り方の違いだが、私にはそこまで大きな違いが感じられなかった。この程度の違いで あればあたりの気持ちよさを優先してチューブラを使用したいと感じた。

・前あたり?のようなものはちょくちょく感じることができたと思う。なんとなく鮎の挙動がおかしい感じや、鮎が嫌がって?首を振る 感じとか….このような場合はなるべくその場におとりを留めるように努めた。ただ、野アユに追われて逃げているのか、いきなり  おとりが走り だしたりする場合があった。このような時はどうするべきなのかいまいちわからない。もう一度、そのポイントにおと りを投入し直すしかないのか。

・当たっているのに、針掛かりしないことが少なからずあった。針の長さや大きさを調整して対応するべきなのか?

・2日目は、ソリッドのせいもあると思うが、鮎のあたりが小さかった。これが追いが悪いということなのか?

・初日にハナカン周りの付いた鮎が釣れた。魚のスレがどの程度で回復するのかはわからないが、このようなことがあるのかと驚 いた

・仕掛けについてはまだまだ分からないことが多く、ラインの太さや針の大きさなど、どのように当日のシチュエーションに合わせて いくのか。この辺は本で勉強したり、OBの方々に伺い、積極的に勉強していきたいと思う。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/487-9a821ca7