上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良です。

最近、管釣りにはまってるこのごろ。
特に大型に狙いを絞って釣ることを目標に試行錯誤しております。

60クラスを目標にしてますが、なかなか厳しいのが現実です。

最近五頭フッィシングパークが平日営業を始めたこともあり、毎週平日に通ってます。

ここ最近の釣行をまとめて書きたいと思います。

4/12
薄く雲のかかる状況。
この日は薄暗いためか、カランバ40のクリアグローがはまった。

明らかに、他のカラーよりも反応がよく、50クラス×2,40クラス×4本をあげることができた。

レギュラーにもこのカラーが効いたきがする。
カランバ ニジマス

また、途中プラグの表層ホットケでレギュラーと遊んでいたが、ホットケはクリアカラーが一番食いが良いと感じた。
ホットケ ニジマス

4/19
この日は風がめちゃくちゃ強く、カランバのような比重の軽い軽いルアーだと非常に釣りづらいシチュエーションであった。

風により糸ふけが大きくでるため、あたりがあってもうまくアワセられない、乗せられないというジレンマ

この日はどうも魚が表層より少ししたにいたような気がした。

また、カランバのフォールに反応が良い気がしたのでカランバを使ったフォールの釣りも今後研究していきたい。

結局この日は大型は40クラス×1であった。


4/20
前日の不完全燃焼を克服するため、2日連続での釣行。

前日とは違い風もなく非常にやり易い天候。
この日は初めて午後から釣りを始めた。

前日のようなシチュエーションの時のためスリムスイマー5gを導入

初めてヘビースプーンを仕様したため最初は戸惑ったものの、使い方が分かってくると魚の反応は良かった。

一方、この日はどうもカランバへの反応が悪く、スローの動きよりもファストなアクションの方が良い日であったと感じる。

逆にスローなアクションだと魚に見切られている気がした。

今までの経験上、ここまでファストなリトリーブに反応が良いことはなかったので新しい発見。

結局この日、メインで活躍したのがスリムスイマー5gのカラシカラーであった。

50㎝クラス2本、40㎝クラス3本で終了。
ロールスイマー ニジマス



【気付いたこと・感じたこと】

・村田基の言う、大型は遠投する必要があるというのはやはりあると思う。ただ、完全に沖でなければ釣れない訳ではない。これは大型のいる位地とルアーを見せることのできる距離の問題だと思う。やはり、遠投すれば必然的に大型の目にルアーがとまる確率は上がるばす!

・レギュラーサイズの反応が良いカラーが、大型にもそのまま当てはまると感じた。ただ、これは自分が反応の良いカラーを意図的に使っているので結局のところ正解はわからないが、同じ種族のマスであれば小型、大型でそこまでの差は生まれないのではないかと思う。

・スリムスイマー5gについて、今回使用した際は大きさから小型のアタックが減るかと思ったがそんなことはなかった。ただ、フックの大きさ、ボディの大きさから小型のバイトを弾く感じはある。それに加えて、アクションが大きいことも小型のバイトを弾いている1つの要因ではないかと思った。

・カランバ40について、同サイズのフックでも重さのせいか、フックを交換したら反応が著しく悪くなった。その後、純正フックに戻したところ、再びアタリが出るようになった。フックを替えたあとのアクションをチェックしたところ低速度域のレスポンス低下、フォール姿勢の変化などを僅かだが感じたのでそのせいだと思う。
正直そこまでシビアなのかと驚いた。今後は各ルアーごとにフックでのアクションの違いを検証したい。

・リールのドラグの出が悪く、引っかかるような感じがしたため、メンテナンスしたところ明らかにドラグの滑り出しが変わった。リールの定期的なメンテナンスはやはり必須。

60cmオーバー目指してがんばります。
大型を狙ううえでオオスメのルアーがありましたら教えて下さい!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/479-281133d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。