こんにちは。サークル長のR32です。

そろそろ新学期の始まる時期ということで、このサークルに入るかどうか考えている方々に向けて、簡単にサークル説明を行います。



2016年度サークル員(院生含む、OB除く):19名(男性19、女性0人)
活動内容:釣り、魚の食事会、ミーティング(週1回)
行事:新歓、浜コン、忘年会、追いコン
創立:2012年2月13日
サークル費:半期1000円(年間2000円)



本サークルはより多くの人に釣りの楽しさを知ってほしい!という気持ちと
互いに切磋琢磨し、釣りの技術を向上させていきたい!という思いで活動を行っています。
ですから、初心者、熟練者ともに大歓迎です。ちなみに私はもともと海釣りはほぼ初心者でした。

道具について
道具の貸し出しが可能なので、初心者の方は道具を借りて実際に釣りをしてみて、続けてみようと思ったら道具の購入を検討するといいと思います。ちなみに自分は一年目は約二万円で道具を買いました。


釣り場について
主に大学近くの漁港で活動しています。大学近くに住んでいれば、自転車で10分程で着きます。
車を持っているサークル員もいるので、乗せてもらい遠くの漁港に行くこともあります。


活動時間・曜日・内容について
天気が良く、波、風のない日に行きます。曜日は特に決まっていません。
時間は朝か夕方が多いですが、昼間に行くこともあります。

基本は個人活動で、漁港に行ったらサークル員が誰かしらいるので一緒に話しながら釣りをするというのがいつものパターンです。
また、メーリングリストに登録してもらうことで、「今イナダが釣れてます!」といった釣果情報や、「明日一緒に釣りしませんか!」といったお誘いメールが届きます。最初はそういったメールの送信者と連絡を取って、一緒に釣りをしてみるといいと思います(最近はグループLINEでの連絡が浸透してきています。)。

週一で昼休み中に図書館などに集まり、ミーティングを行います。釣果報告や遠征釣行などの予定を立てたりします。


サークルの掛け持ちについて
新入生の方によく聞かれるのですが、当サークル員にも他のサークルと掛け持ちをしている人は何人もいます。バイトもしている人がほとんどです。



釣りサークルに入る利点
・世代を超えて、いろいろな知り合いができる。(釣りサークルのOBの方々、釣り場にいる方々など。)
・魚がさばけるようになる。
・魚の料理を日常的に食べることができ、料理の腕もあがる。
・余った魚を周りの友人に配ることで喜ばれる。
・一生の趣味ができる。
・天気、波、風などの情報に敏感になる。
・水族館を他の人とは違った視点で楽しめる。
・糸の扱いがうまくなる。
・様々なジャンルの釣りに関われる。
・釣り具が格安で入手できる(?)。
・最新の釣果情報が入ってくる。


*注意事項
・すべて自己責任として活動を行っています。
・活動の参加には、安全装備の着用が必要です。


4月中に大学図書館などで説明会を行うので、新潟大学釣り同好会に興味のある方はぜひおこしください。
説明会の日にちは後日お伝えいたします。質問のある方は新潟大学釣り同好会のTwitterにDMを送っていただくか、説明会にて質問してください。



最後に2人の釣りに関する名言を載せてしめたいと思います。

老子
人に魚を与えれば一日生かすことができるが、人に魚釣りを教えれば一生養うことができる。

タカハシサン
一通りの遊びはやってきたが、釣りが至高じゃ!


DSC_0045_convert_20170327014536.jpg
ちょっとこの写真の雰囲気はあれですが、普段はもっといい感じ(?)です。


サークルに入って釣りをしたい方、お待ちしております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/475-6254a0ea