上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   こんにちは。 JKです。

170210_215321.jpg

170210_215725.jpg



今回のワカサギ釣りから、針の違いによるデータを記録していくことにします。
自分はExcelでかなり細かくデータを管理していきますが、もしかしたらこのブログを見てくださる方の参考になるかと思い、
重要なデータは載せていこうと思います。

とはいっても、自然が相手でありますし、
針以外の要素(穂先、錘、餌、モトス、エダス、誘い…)をいつも同じにすることは精神的に耐えられませんので、
この針検証はあくまでも、ある程度の信頼性しか保証されないでしょう。

 検証期間は3年とし、最終的には

①針号数とフッキング成功率
②針号数とすっぽ抜けバラシ率

を釣果の平均サイズごとにグラフ化し

釣果の平均サイズの前情報から、ベストな針号数を選択できるようになりたい

と考えています。

 もし、最終結果として針号数の重要性がほとんど無いとなれば、
人間側の扱いやすさ優先で、大き目の針を使うことになるかもしれません。


日時 : 3月2日7:10~12:00→12:15~15:40
場所 : 聖地 R
水深 : 12メートル
天候 : 晴れ→雪
風 : 無風→微風
最高気温 : 3
最低気温 :-2


 
グリップ  競グリップ
穂先  自作カーボンソリッド 36cm
道糸  armored F 0.6号
仕掛け幹糸  シーガースーパーGM鮎0.2号
エダス シーガースーパーGM鮎0.175号
仕掛け全長 320
エダスピッチ  15 20 25 30 30 30 30 30 30 30 30 20
エダス長 2
錘 1~3グラム ガン玉
餌 シロサシ

170302_133435.jpg

170302_133429.jpg

 
 パターン1(午前) 7:10~12:00   →   パターン2(午後) 12:15~15:40

針 タイガー針袖極小0.3号 金   →   タイガー針袖極小0.1号 金
釣果匹数   25匹(内スレ2匹)    →   17匹(内スレ2匹)
釣果平均サイズ   9センチ      →       9センチ
フッキング成功率   60%         →      59%
すっぽ抜けバラシ率 7.4%        →      10.5%



 感じたこと

・シロサシ大き目カットで、中身を出すようにつぶしてから投入が効いた気がする
・基本はゼロテンの鬼誘いで、時折ふんわり誘い、フカセ、聞き上げを試したがどれも長続きしない
・最後の2時間はあたり5回ほどで激渋、置き竿にしたところ、置いてから30秒ほどでアタリが出て乗っていた
振ってもアタリがないときは、置き竿もパターンとしてありかも
・手ばねの敏感穂先は手で持つとどうしてもぶれる ポーズを長くするなら、置台が必要
・下から5つ目までの針にアタリが集中していた エダスピッチが短いものも用意して試す価値あり
・底付近の反応が良かったことを考えると、錘下針をつけて脈で釣るパターンをもう少し試すべきだった
・隣にいた名手が、群れによってベストな合わせタイミングが違うので、それにアジャストさせるのが難しくも面白いと話していた
・前回同様、極小ぴくぴくあたりは乗せられなかった
・魚探に魚はかなり映っていたらしい
・ガン玉打ちについて、アタリの出方を考えていかなければならない
・ガン玉を仕掛け上部に打つ場合、ハリス止め自体を挟むと絡まるトラブルが減る
・新しく作った滑車はすこぶる良好 エダス2センチと相まってトラブルはほぼなかった
・カタツムリを作る時は滑車の高さを考えるべし
・錘は2.5グラムのバス用ダウンショット球型を使ってみた フカセの時の穂先の動きが一定になるので、変化を見つけやすい
・0.1号針は餌付けがやややりづらい 0.3号だと全く問題ない
・氷の縁に引っ掛けてバラすトラブルがゼロだった 垂直穴あけ、そのあとのピストン運動はかなり大事!
・一般に、先調子のほうが、胴調子より手感度(テンション感度)が良いというが、
それは曲がりの頂点の位置ではなく、
曲がりが急激であることによるのではないかと、今更気づいた
つまり、曲がりの位置がかなり手元側でも(8:2ではなく2:8のような穂先)、
急激なテーパーに(Rを小さく)すれば手感度は維持される これが鬼穂先か
 この穂先は極細で長い先端部を糸のようにみなし、アタリを出し、
手元近くから急激に曲がる調子で手感度を維持している 
そして曲がりの頂点が手元に近いため、持ち重りが少ない(=乗ったかの判断はややしづらくなる) 
 さらに、前アタリの手感度は短竿効果で上がると思われる 
誘いに関しては急激なテーパーゆえ、ふんわり誘いは難しいが、手ばね一丁なら努力次第で可能だと思う 
・とりあえずは鬼穂先のアレンジバージョンをカーボンソリッドで目指していこうと思う

画像は途中経過ですが… 教頭先生クラス、ほとんどいないなぁ
170302_152436.jpg



久々に手ばねをやりましたが、やはり気持ち良すぎでした!!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/471-5bc1b86f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。