上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは。 JKです。

例年、数型共に期待できる湖に初釣行してきました。

魚の数、型、水の綺麗さ、景色、等々とにかく魅力的な場所でした!

新潟からだとかなり遠いですが、氷上解禁まで待てないワカサギファンの方は、行ってみる価値は十分にあると思います。

161007_150154.jpg

↑紅葉はもう少し先ですね


余談ですが、行きの日光いろは坂で、4種類の野生動物に遭遇しました。

鹿は危うく轢き逃げになるところでした。 釣行の際はお気を付けください。



釣行日時 10月7日 7時半~12時~休憩~13時~15時半
場所 中禅寺湖
水深 6.5~7メートル
天候 晴れ
最高気温 15度
波 朝ややあり 昼間無し ラストややあり

ロッド 右手VARI-28F 左手K-ZAN M
リール 右手R32のクリスティアCR2 PT 左手 旧DDM
ライン PE0.2号
仕掛け ①オーナー 誘々ワカサギ狐1号ショート
     ②ササメ 連掛けマルチ C-218 1号 
     ③オーナー 赤城スペシャルの下側カット1.2メートル袖1号5本針
     ④オーナー ワカサギ 中禅寺湖スペシャル

オモリ 6~7.5グラム
餌  紅サシ

釣果  ワカサギ 885匹(9センチ平均 脂ノリノリ)  トラウト系3回ヒットすべて仕掛けプッツン
釣行者  JK

161007_213743.jpg
 


 今回の釣りは簡単に記録します

 感じたこと

・朝イチ、勘でアンカーを下した場所で釣れ続いた 
 釣り区域の最深部10メートル付近の人たちはすぐに浅場に移動していた  前日までの台風の影響、あるいは季節的なものか

・魚探がないので分からなかったが、タナは底から2メートルくらいまではばらけている印象
 時折視認できる水深3メートル位を通過する群れも活性は高かったが、安定の底狙いに徹した

・例年より型は小さいということだが、自分的には十分引きを楽しめた 最高6連パーフェクトもあり、顔のにやけが止まらなかった

・初めての電動2丁にトライしたが、クリスティアCRの手感の良さを実感した 
 効き上げ中のアタリ、乗った瞬間、 巻き上げ中、 すべてにおいて、DDMより金属的な振動が伝わる

・電動2丁で仕掛けを比べられた → 仕掛けによる食い、乗り、連掛けのしやすさの違いを実感 
 (見当はずれなこともかなり書いていると思いますが、あくまでも自分の感覚です)
 
 ~食いの良し悪し~
  エダス間隔よりも、針の装飾物の有無が大きく影響したと思う 
  誘々ワカサギの緑蛍光玉、中禅寺湖スペシャルのフラッシャー等が明らかに効いていた
 
  ~乗りの良し悪し~
  今回は合わせなくても、勝手に乗るような状況だったが、赤城仕様の短ハリスは魚が警戒して食っているか、
  エダスに硬さが生まれるせいで首振りにより針を吐き出しやすいのか、理由は不明だが、乗りが悪い気がした
  それとも、エダスが短いとすべてのアタリが竿先に出てしまって、結果的に乗る率が低く感じたのかもしれない
 
 ~連掛けのしやすさ~
  食いの良し悪し、乗りの良し悪しが影響するが、連掛けは特に、一匹目に掛けた魚がばれないということが重要だと感じた
  そのためにはやわらかいロングハリスが有効だと思う

・入れ食いを持続させるための餌交換のタイミングは、アタリが無くなってからでは遅い

・連掛けが狙えるなら効率は良いが、仕掛けを放置しすぎるとトラウトにやられるので、その微妙なタイミングで仕掛けを引き上げることが数を伸ばすために重要だった

・今回も色々なところに針を刺したり、何かの凹凸に引っかけたり、仕掛けが祭ったりとトラブルが絶えなかった
 入れ食いのときほど、この時間のせいで総釣果はガクンと落ちる
 手返しのスピードは重要だが、そのスピードで稼いだ時間も、トラブルで水の泡になっている
 大切なことは、とにかくトラブルを減らすこと、これに尽きる そのための準備にはテクニックは必要ない

・餌交換、針はずしのスピードが遅いので、方法自体を再検討する

161007_150203.jpg

NEWクリスティア……欲しいです!!


  
  
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/460-7277649d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。