こんにちは。投人です。
OBじゅんべえとともに、今年もキジハタ遠征にいってまいりましたので、投稿します。

ちなみに昨年の様子はこちら↓
朱色の斑紋に魅せられて ~ROCK IN ISHIKAWA 2泊3日の旅~

釣行日時:8月11日昼~13日朝まで(釣りはほぼ日没まで、夜はおとなしく就寝)
場所: ISIKAWA(昨年と同様のとこ)
天候: くもり→猛暑→猛暑
風: 強め
波: 無~弱
濁り:弱→無→無

タックル:
 ロッド  クロステージCRK-802EL
 リール  カルディア2508
 ライン  ユニチカ  シルバースレッドソルトウォーターPE1号
 リーダー フロロ2.5~5号
 テキサスリグ オフセットフック  ♯2~♯0/1
          シンカー ナツメオモリ7.5、11、15g
          ワーム       バグアンツ 2~3インチ、グラスミノーM
 ジグヘッドリグ ジグヘッド 静ヘッド 7、14g、尺D7g
           ワーム   グラスミノー M、L バグアンツ2~3インチ              
 ジグ 5~18g

釣果
・ロック
キジハタ×50以上 タケノコ×10以下 ムラソイ×1 エソ×2 マゴチ×1 ベラ×1 アジ×1?  フグ×3?
・投げ(最終日の朝のみ)
フグ×多 ケムシ×多 ゴンズイ×1 ヒイラギ×1 アナハゼ×2 キス×5? 

釣行者:じゅんべえ、投人、O氏、N、R32

追加4
追加2
追加1




~感じたこと~
・じゅんべえ以外はキジハタゲーム初体験
ほとんどの人が初場所でもあったため、海底のイメージができるまで大変だった。
釣った時の感覚は大切。そして、ひたすら根掛りとの闘い。


・タックルのパワー、レングスが足りない
最初のツッコミをかわすためにはパワーファイトが必須。
たとえかわせたとしても手を緩めると、あっという間に潜られてしまう。
掛けた後の竿角度とレングスも大切。
竿は最低でも86Mくらいは欲しい。シーバスロッドでもいいくらい。
キジハタ 竿曲がり



・時合がはっきり(マズメが圧倒的によかった)、スイミングでは全く釣れなかった
前情報よりも活性が低かった。暑さで魚がやられている感があった。


・3日間を通して30㎝オーバーは出なかった
バグアンツ3インチ×#1/0フックの組み合わせでは、ミスバイトがかなり多く、フックやワームのサイズを落とした方が圧倒的に掛かりがよかった。現地の方に型は出ないと言われたので、次はフック#2、ワーム2インチを主体にすべき…..というか型を狙って場所をかえたほうが良いかも


・今年もフラットがでた、投げで大キスも釣れた
沖が砂地になっていることを実感
フラットや巨キス本命にしても、絶対に面白い‼
マゴチ
キス


・遠投勝負の時間帯があった
「飛ばせる」って、やっぱりアドバンテージなんだなと思いました。
軽いシンカーで手前ネチネチ探るよりも、遠投きかせてサラバ探った方が絶対に楽しい(個人の感想です)


・2日目はジグにしか反応しない時間帯があった
テキサス遠投やボトムワインドには完全に無反応。
ジグは小さくても大きくても釣れたので、ベイトサイズというよりはフラッシング&リアクションのおかげ?
ジグは絶対に持っていったほうが良い。
ジグ キジハタ






釣果にはあまり恵まれませんでしたが、さまざま魚種に癒され、また、何よりも釣り場のポテンシャルを感じることができた釣行でした。本当に楽しかったです。

じゅんべえさん、ガイド&運転お疲れ様でした。

来年以降も、是非よろしくお願いします(笑)
恒例行事にしてしまいましょう‼




*以下は遠征の画像集です。


早朝出発 相反する表情の2人 
追加5


初日の夕飯 じゅんべえ特製「肉だれそうめん」とその他諸々
夕飯
追加6

大学生.....というよりはおっさんの宴
夕飯中



旅行っぽいこともしてみた
追加3

温泉卵
温泉卵 実食


マゴチの腹から出てきたベイト でかくてドン引き
マゴチ ベイト


O氏が生んだ奇跡の一枚 逆立ちするアジ
アジ





追加7
みんなにっこり、駅にて解散
集合写真
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/452-88462293