こんばんは、サークル長Nです。

新潟大学に入学された新入生の皆さん、合格発表も終わりそろそろ落ち着いてきた頃でしょうか。
突然ですが、こんな中国のことわざを知っていますか?

   「一日幸福でいたかったら、床屋に行きなさい。」
   「一週間幸福でいたかったら、結婚しなさい。」
   「一ヶ月幸福でいたかったら、良い馬を買いなさい。」
   「一年幸福でいたかったら、新しい家を建てなさい。」
   「一生幸福でいたかったら、釣りを覚えなさい。」 


そうです。釣りは一生幸せになれる趣味なのです。
当新潟大学釣り同好会のブログに辿り着いたということは、「新潟大学 釣り」で検索された方や、Twitterで見つけた方などなど「釣り」に対して、なんらかの興味があった方だと思います。
これを機に一緒に釣りをしませんか?

ということで、サークルについてQ&A方式で紹介しようと思います。

Q1.団体全体の人数は?
A1
20人程


Q2.メンバーの男女比は?
A2
男100%
女性はいませんが、女性歓迎です!
釣った魚を食べることもメインの活動なので、魚食べたい!ってだけの方でも大丈夫です。



Q3.1年間でどれくらいの活動費がかかるのか?
A3
年会費は半期1000円です。新潟大学釣り同好会のサークル員にしか回ってこない、情報料だと思ってもらえればいいです。
年会費は、新入生用の道具の購入、浜コンの費用、追いコンの費用に使わせていただきます。

年会費以外では、道具を買うのに一番お金がかかります。
何を買ったらいいかはサークル員が相談に乗ります。予算内で最高の道具を提案します。
その他消耗品、遠征する場合は、移動費などがかかります。


Q4.活動内容を教えてください!
A4
・釣り仲間を増やし、釣り技術向上、情報交換を目的としています。
主に近くの新川漁港で活動しています。
メーリングリストに登録してもらうことで、「今イナダが釣れてます!」といった釣果情報や、「明日一緒に釣りしませんか!」といったお誘いメールが届きます。新入生からも、気軽にそのようなメーリスを流してもらっても大丈夫です。
もちろん、自分1人で行ってもらって大丈夫ですが、大概サークル員の誰かが釣り場にいます。

メーリングリストの登録方法については、説明会でプリントを配布します。

・週一回ミーティングを行い、釣果報告と活動計画を発表します。

・活動の内容をブログに書きます。大学非公認ながらも、新潟を代表する釣りブログを運営しています。



Q5.活動頻度は?
A5
自然が相手なので、行けるときに行く!


Q6.真剣度・レベルの高さを教えてください
A6
「釣れて楽しかったね。」では終わらせず、ブログには考察記事を乗せ、毎年の釣果のデータをとって予測をしています。
平成27年度は、延べ15253匹、56種の釣果でした。



Q7.経験者と初心者の割合は?
A7
経験者と初心者は半々くらいです。
私は大学に入ってから本格的に釣りを始めましたが、このような立場になるまでになりましたので大丈夫です。
去年のサークル長も釣り未経験者でした。
初心者で全く道具を持っていない新入生にも道具を貸します。



Q8.飲み会・懇親会の開催頻度は?
A8
春:新入生歓迎会
夏:浜コン
冬:忘年会
魚が釣れ次第、随時個人宅でお魚パーティーします!


Q9.飲み会の激しさは?
A9
お店に行って飲み会を頻繁に行うことはありません。
個人宅でお魚パーティーをするときに、個人で持ち込む程度です。
飲むことよりも、食べることの好きな人が多いです。



Q12.新入生の継続率は?(続ける人の割合)
A12
初心者でも経験者でも、最初に1回は活動に参加すれば、継続してくれる人がほとんどです。
特に4月5月に釣れるイナダを釣ってもらえれば、確実にはまります!


Q13.どんなスキルが身につく?
A13
・魚がさばけるようになります。

・魚料理が得意になれます。

・追求力、向上心が身につきます。

・釣り場には様々な年代の人がいます。世代を超えた付き合いができるようになります。


・一生幸せになれる趣味ができます!


4月中にサークル員が説明会を開きますので、詳しい話は説明会にてお話しします。
それでは、皆さんにお会いできることを楽しみにしております!


なにかありましたら、ブログのコメント欄又はTwitterのダイレクトメールに送ってください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/419-024dd5e0