上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、澪標です。

桧原湖氷上釣行は今回で3回目となりますが
今までの釣果が204、159匹とそこそこの数を釣っていただけに
渋い釣果となりました・・・

2月26日
桧原湖
釣行者:澪標、じゅんべえ、R-32
個人釣果:87匹

穂先:クリスティアH、VARIVAS VAR-27RS
リール:クリスティア
仕掛け:ダイワ快適ワカサギ仕掛けSS 7本 マルチ
おもり:1号

感じたこと
・初の場所だっただけに回遊ルートがわからず移動しつつなんとか釣ったが
 やはり、魚探なしで初めての場所を攻略するのは不可能・・・

・穂先に関しては、VARIVASの方が当たりがとりやすかった
 前当たりの感覚がつかみやすく、先調子より釣りやすい
 当たりの出し方は
 1、脈釣り状態(底から5cmほど)で、2回大きく煽ってから細かく振って当たりをとる
 2、同じく脈状態で細かく振って当たりをとる
 3、脈で当たりが減ったら即フカセに切り替え、フカセのナチュラルな動きに反応する魚を獲る
 の3種類でローテーションをして1日何とか釣っていた

・当たりの出方は、アクション直後が多く且つホントに小さく竿が沈む動きや食いあげが多かった
 特に今日は前当たりがしっかり出ることが多く、見逃して本当たりになった回数は5回ほど
 これは竿の恩恵、自分自身の感覚が養われた結果と思われる

・シマノの角度チェンジャーを借りて使ったが、胴調子の竿だったからか
 これがあった方がノリがいい気がする、慣れの話だが特にクリスティアはケツを持ちあげやすく
 胴調子でも胴に入れやすい気がします

・水深が20m近く、1号のおもりでは手返しが非常に悪かった
 明らかに2刀流が必要な水深であった

・仕掛けの長さの大切さ、という以前の考察に信憑性が出る釣行
 僕の仕掛けは15cm間隔で針があるが、12cm間隔にしたじゅんべえや
 R-32には当たりが出にくい時間帯があった

・底、ないし底近くを探っているが上から1番もしくは2番の針に食うことが多かった(仕掛けの全長のおかげか?)
 しかし、仕掛け自体をあげても別に食いが立つわけではなかったので
 仕掛けを落とす→一時的なフカセ状態→ナチュラルな動き→ワカサギを寄せる
 →脈状態→当たりをとる という一連のいい流れができたと予想している

・効きアワセのタイミング、リズムによる釣り方を理解してきた

・深場かつ型がそこそこよかった今回の釣行は1匹1匹が非常に引くため
 合わせた時の充実感は◎

wksg.jpeg

ワカサギもっとうまくなりたいです・・・
うまい人の釣りを脇で見たり、アドバイスをもらいながら釣りしてみたい!!

追記お願いします
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/413-572c3605
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。