2016.01.09 寒クロ
はじめまして、今回初めて記事をかかせいただく奈良です。
よろしくお願いします!

さて、今回は地元に帰省した際の釣果を報告したいと思います。
(新潟での釣果を期待した方ゴメンナサイ!)

データ
場所:青森県(詳しいポイントはゴメンナサイ)
日時:12/30
天気:曇り~雪
気温:0~3℃
風:西北西の風8m程度

タックル
ロッド:銀狼06-53
リール:プレイソ3000LBD
道糸:東レ 銀鱗SSちぬブラックマスター 1.75号
ハリス:東レ トヨフロンL-SE 1.75号
ウキ:ダイワ プロバイザーOKスペックⅡ 2B
銀狼06-53


今回は我が師匠との釣行
比較的風が強く入れる場所が限られるため、師匠とともに候補地をいくつか回り、一番良さげな場所に入りました。

ポイントへ入りまず、潮の流れをチェック
良さげな沖への払い出しがあったので、そこでやることに

そそくさとコマセを作り~、仕掛けも作っていざ第一投!まずは足元から攻めます!
でも、どうやら足元にはエサ取りが…

そこで、徐々に沖を攻めていくことに
どうやら、1mほど沖にヨレがあり、ウキがシモっていきます。
また、仕掛けを回収すると付けエサが残ってきました!!

これは確実に沖に黒鯛がいると確信!
その次にはヨレの部分でウキをシモらせて、アタリが取りやすく、違和感のないようにラインのテンションをいい感じにしていると…

突如ラインがビッと持っていかれました!!すかさず合わせるといい引き~
結構いいサイズだと確信し、竿の溜まりを堪能しながらのファイト
そして上がってきたのが~
コイツです!!
黒鯛48cm


48cmでした。

その後は、冗談で師匠に「もう釣れたんで帰りますか~」なんて言いながら、師匠よりも先に釣った優越感に浸っていると

すかさず、師匠がかけてしましました…しかも上がってきたのがなんと51.5cm
はぁ…..師匠さすがです。きっちり落ちをつけてくれましたね
そっちの黒鯛が欲しかった。

まとめ(ここはまじめに書きますよ~)
・ラインコントロールがうまくできた(ラインコントロールは繊細に)
・釣る前の準備をルーティーン化する必要がある。そうすることで確実かつ迅速に準備可能
・どうやら黒鯛は似たようなサイズで群れでいる(サイズが大きいと数は少ないかも)
有名ポイントばかりに縛られず、釣れる条件、雰囲気、その他もろもろを考えるとポイントはたくさん見えてくるはず。重要なのは釣れた時の条件や雰囲気を覚えておき、他のポイントにも対応させて考えること
 (これが一番重要かな~~)

なんか、最後はお前何様だよって感じですね(笑)
でも、これはほんとに重要だと思っているので何かしらの参考になれば幸いです・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/403-8b184b0e