こんばんは、澪標です。

最近めっきり釣りに行く回数が減っていましたが
やっとガッツリ行けたので釣り溜めをしてやりました

この土日、投人を始め高校の友達などともに奮戦したため
いろいろ書かせていただきます

10月17日
①4時半~8時・・・アジ釣り
②16時~17時・・・タコ釣り
③19時~22時・・・シーバス釣り

①について
タックル
ロッド:ランドメイト 4.5m 遠投4号
リール:ツインパワーC3000
ライン:PE0.8号
ポリカン+安いサビキ

釣果:2人で10匹ほど(10~20㎝くらい)

感じたこと
・何を思ったか浮き釣りでPE持ってきてしまった。バカです
・群れが小さく、サイズもバラバラ。正直、手の打ちようがなかった。
・完全に場所の選択ミスと運に負けた(←これを言ったら元もこもないが…)

②について
タックル
投人特性のタコハンティングセット

釣果:2人で1杯(600~700gくらい)

感じたこと
・根掛かりとタコの違いを初めて体験し、感覚をつかんだ
・ケーソン継ぎ目だけでなく、ゆっくりと丁寧に探ることが大事
・タコに容赦なんかしてたら負ける

③について
タックル
ロッド:ソルティック9.3f
リール:ツインパワーC3000
ライン:PE0.8号
ルアー:R-32+静ヘッド7g

釣果:3人でシーバス3匹(うち2匹が僕)、ウグイ数匹

感じたこと
・サイズが比較的小さく、当たりも小さいように感じた
・ウグイが多いようで、シーバスよりウグイの方が釣れる
・1秒1回転で4回ほど巻く→フォール の繰り返しがよかった
・相変わらずバラシが多くて泣きそうである

IMG_1906.jpg
実は初タコ

IMG_1913.jpg
この時期のシーバスは果敢ですね

IMG_1911.jpg
こいつも果敢ですね(涙)


10月18日
①4時半~7時半・・・アジ釣り
②19時~21時・・・シーバス釣り

①について
タックルは前日ほぼ同じ
リールをラリッサにし、ナイロン2号を使用した

釣果:2人で50匹ほど(15~26cm)

感じたこと
・時合には手前により、非常に大きな群れであった
・ベイトはカタクチのようで、青物と一緒にナブラを起こしていた
・少し明るくなってからの方が型がよかった
・タナはベタ底がよかった
・アジは偉い(何回も言う)

②について
タックルは前日のシーバスと一緒

釣果:2人で「チ」ーバス6匹くらい(うち1匹が僕)、ウグイいっぱい、ヒラメ1枚

感じたこと
・前日に比べ更に大きな当たりが減った
・同時にかかる率も減り、かかっても15~20㎝ほどになってしまった
・ウグイが猛攻を仕掛けてきており、友人のミノーを借りたところバカみたいに釣れた
 少し早巻きの方がいいらしい(1秒1回転)
・ヒラメは底をずるほんの数十センチ上を巻いてたら何か釣れた、うれしい

IMG_1915.jpg
いいサイズですね

IMG_1917.jpg
釣れると思ってなかったところで釣れたのでうれしいです


今回のまとめ
・釣りは腕より 「場所と時間」 がまずは大事。釣れないのではなく、釣れるところにいないのが悪い
・次に釣る技術だが、今回はそれほど大きな技術は必要なかった
・自分達の界隈の中で「獲ることに専念」すると、魚は獲れるだけの知識と経験を経てきたことを実感した


新潟の海の機嫌が悪くなる前にもっとたくさん釣ろうと思います!
今回は技術的なこと書けなくてすみませんでした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/381-029dcf8c