上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、こまつです

昨日三面川に鮎釣りに行ってきました
日曜日でかなり混んでいましたが、悔しくも楽しい釣りをすることができました

日時 7月12日 9時~18時
場所 三面川 水明橋付近
気温 max 32℃
天気 晴れ

釣果 27匹(おとり抜き)

感じたこと
・釣れたポイントは水通しが良く、ある程度水深がある場所が良かった
・流れの強い瀬は流芯より流芯の脇が良かった
・前回はチャラ瀬でも釣れたが今回は反応が悪く、釣れても白っぽくて小さくあまり追ってないような鮎だった
・掛かった後上流に走る鮎が多く、その場合は背掛かり率が高かった
・前アタリがあった後待っていても掛からない時は、竿でおとりの姿勢を変える以外に、おとりを変えたりおもりを付けたりすると掛かることがあった
・今までおもりはおとりを沈めるために使っていたが、おとりの泳ぎや姿勢を変えるために使えることがある
・おとりは養殖より野鮎は当たり前だが、野鮎の中でも釣っているポイントで掛かった鮎の方がそのポイントでは追いが良いようだった
・バラシが多かった
 最初は虎の牙を使っていたが、忍に変えてから激減
 技術的な部分もあるが、その場に合った針選びも重要だと実感した
・800m位上流まで歩いたが、混んでいたためタイミングが良くないとポイントに入れない
・夕方になり山の影になると反応が無くなった

最近は30匹を目標にしていますが、やっぱり鮎釣りは難しいですね
上手な人は当然もっと釣っていますし、結構悔しい思いもしたので、もっと上達できるよう勉強しようと思います

早く入れ掛かりもあじわいたいものです!

1436787365914.jpg

1436791782340.jpg


こんなに面白い遊びはない!! by栃木と福島の鮎師
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/351-6d14aa69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。