上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、澪標です


遅くなりましたが
三面川水系解禁明け後、数日経った日に
鮎を釣ってきました
当日はじゅんべえが竿を忘れるという大失敗を起こし
僕にずっと付いててくれました

おかげでかなり基本的なことが学べたので
感じたことなどをまとめようと思います。

7月3日
天気:晴れ
気温:MAX 25℃くらい
濁り:ほぼなし
平水

時間 11:00~19:00
釣果 25匹(おとり抜き)

感じたこと、わかったこと
・鮎を泳がす際の基本的な姿勢をしっかりと覚えた
 特に竿の角度(上竿、下竿)で鮎の入りが全然変わるので
 鮎の強さ、流れの速さ などを考慮して今後一番いい姿勢で釣りたい

・鮎の指し直しのタイミングをより明確に掴んだ
 アバンサーでどんな感覚があった時にさす直すべきかつかんだ

・循環の速度があがった
 まだまだ遅いので、今後は数を稼いでがんばる

・背針のよさを感じた
 背針をつけない時に釣れなかった場所に
 背針をつけて通すと釣れることがあった
 姿勢や鮎の入り方が全然違うので、それが原因と思われる

・鮎がかかった時、特に背掛かりで上流に走った時などに
 しっかり竿をしぼることができるようになった
 しかし、その後は無理をしないである程度自分が下る方が無難

・前あたりの感覚を少し感じた、よく覚えたい

・瀬の鮎の入れ掛かりは気持ちいいですね
 今までこれ感じれなかったのは損でした


・じゅんべえ先生ありがとうございました


今年は釣れる川で何度も循環の練習と鮎の指し方を
練習していきたいと思います

目標は1日30匹以上ですね!!

image (32)

image (31)

image (30)

image (33)

image (34)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/349-738092db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。