こんにちは。 じゅんべえです。

解禁後の増水が引いたということで、半日ですがホーム初釣行をしてきました。

鮎熊太郎さんで年券とオトリを買い、しばしお話を伺った後、釣れ出した三面か安定の高根かで迷い、
結局いつもの橋付近に入りました。

150630_165519.jpg

150630_165525.jpg


日時 6月30日 午後1時半~午後6時半
場所 高根川 
水温 2時で16度
天候 晴れ
タックル スペシャル競Mi H2.6 90
      天井糸 エステル0.8号
      水中糸 メタコンポ3イエローカラー 0.05号 
      付け糸 フロロ 0.4号
      ハナカン周り フロロ0.8号
      ハナカン バリバス ナチュラルハナカン 6.5号
      逆さ針 エンゼルグース 1号
      掛け針 一角ライト 6.5号 
釣果 41匹(オトリ込)  Max18センチ

6月30日 熊太郎

150630_144722_convert_20150701005113.jpg


 感じたこと

・水深が浅くベターとした流れは石色が良く見えてもほとんど掛からず、一本瀬のような場所が良かった
・大き目の茶~黒っぽく見える石が入った場所は特に魚が濃い感じがした(追われる感ムンムン)
・オモリ+背バリで攻めたが、流れが速い瀬はリアクション的な釣りが意外と効き、強引な引き、シャクリの後にかかることがあった
・トロ瀬では背バリでうろうろさせて待つ釣りで掛かりが良かった
・石色が薄いところで掛かる鮎は型は良くても腹がへっこんでいる気がした
・魚影が濃いところで粘って数を出す練習ができた
・オモリの号数を変えることでまだまだ引き出せることが分かった
・小沢さんが言う状況に合った掛かるテンションを理解するために、これから目印の揺れ幅を意識しながらやっていこうと思う
・一角ライトでバレが少なかった
・顔掛かりと分かった場合、引き寄せが効果的だと実感した
・ハリスを長く出し過ぎると逆に顔掛かりが増える気がする
・何度も書くが、入れ掛かりの時に一引きして掛からなければ寄せて確認 大抵尾びれに針が絡んでいる
・メタコンポⅢはオトリの位置が分かりやすい上に、ボサ下などの際を攻める時に有効
・一年ぶりの刺身に歓喜!!

やっぱり鮎釣りは最高ですね!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/345-28565f5c