上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.21 五頭 再び
ご無沙汰しております。 じゅんべえです。

先日、青物と管釣りのダブルヘッダー釣行にいってまいりましたので、午前の部である管釣りの方のまとめをしたいと思います。
この時期は魚の活性も上々で表層の釣りが楽しめると思い、期待していました。

日時 5月17日 午前8時~午後13時 
場所 五頭フィッシングパーク
天候 晴れ
風 ややあり ← WIND釣法成立!?
水質 ややステイン
タックル 
ロッド ノリーズ アンビシャス61L
リール シマノ ヴァンキッシュC2000S
ライン バリバス VSPフロロ マスターリミテッド 2ポンド
ヒットルアー パル1.6 ノアジュニア1.4  ウィーパー1.5
         マーシャルトーナメント0.9 クローザー0.8 ノアジュニア0.9
釣行者 澪標さん こまつ じゅんべえ
釣果   ニジマス×20以上 ビッグな白身×1 野鯉×1



 感じたこと

・日曜日午前であったが、スタート時からアタリが少なく、厳しい釣りになることが予想された。
・新入生にタックルを貸していたため、最初の時間は釣りが出来なかったが、周りもあまり釣れていない感じだった。
・まだパルで反応が得られる時間帯にあえてクローザーを使ってみたが、巻きでは反応が少なく感じた。ただしキャスト直後のフォールですさまじい反応があり、そこで掛かる確立は上がった。
・飛んでくるスプーンを見ていて、着水するかしないかの瞬間に食ってくることもあった。
・表層の反応がほとんどで、中層、低層、ボトムはパターンを見つけられなかった。
・バーニングが楽しめた。澪標さんがキーポイントを発見したようなので、そこの解説をお願いします!
・一定層タダ巻きがあまり効かず、三人が共通して感じていたことはリアクションの釣りに反応が良いということだった。本来なら動きやスピードが変わった瞬間にUターンしてしまうイメージが強いが、当日はルアーのスピードが上がった時、軌道が変わった時に反応が良かった。自分は福田巻きのイメージがつかめたと思う。(スプーンが回転するくらい急激にスピードを上げた瞬間にヒットが多かった。)
・フリップ直後に大きいアタリがでることも多かった。
・後半は魔界となり、手も足も出なかった。
・ラインブレイクが酷すぎるので、色々と対策を考えていかねばと思う。
・野鯉がクローザーの黒を捕食するイメージが出来た(笑)

澪標さん、こまつさんも追記お願いします!




こんばんは、澪標です。
遅くなりましたが、僕なりに感じたことを追記します。

・バーニング(に近い)を行い、水面に引き波を立てると上を向いている魚がガンガンアタックしてきた

・しかし、そのうち針にかかるのはほんの一部で
 おっかけてきたもの→釣れない
 下から喰いあげてきたもの→釣れる
 という法則がありました

・食いあげてくる魚がいたのは以下の時
 ①トゥイッチングを入れた直後
 ②早巻きをして、巻き速度を戻した直後…ウォブリング→ローリング→ウォブリング→バイト という感じ
 ③バーニング中、風でラインが流され、ルアーの軌道が変わった時
 ④バーニング中、ルアーの動きが止まった時(手前に来るとラインの角度のせいでスプーンの動きが止まる)
という風に、基本的にはリアクションバイトであることがわかります。

・よかったルアーはバーニングしやすい、一定のウォブリングをするルアーで
 パル1.6g、クローザー0.9gをメインで釣っていた

・ここでカラーに関しては特に意識してなかったので、もっといろんなカラーをローテできれば
 もう少し数が出たかもしれません。特にクローザー…持っていないことが悔やまれます

釣果:15匹~20匹くらい

最近、エステル×プレッソでライン見なくても当たりとれちゃうからよくないね…
ツインパワーにしたらどうなることやら…




どうも、こまつです。


今回感じたことは、先にじゅんべえさんと澪標さんがほとんど書いてくれたので、あまり書けることは無くなってしまいました…

タックル
ロッド:シルバーナ瀧KR58UL
リール:アルテグラ1000S
ライン:ナイロン3lb
ルアー:パル1.6g、マーシャル0.9g

釣果:15~20匹


ほとんど被ってしまいますが、強く感じたこととしては

・表層での反応が圧倒的に良く感じた
ただ、S君はほとんど低層やボトムで釣れたとのことだったので、うまく探れていなかっただけかな…

・いつもは一定層を一定速度でルアーを巻いて来ないと釣れないとイメージがあったが、今回は真逆で速度の変化や緩急のあるアクションへの反応がよかった

・普通に巻くとウォブリングのルアーを、一瞬速巻きしてローリングっぼいアクションになった瞬間にヒットすることが多かった

・ルアーチェンジ直後はアタリやヒットが増える

・安定のなんちゃってナブラタイム

・バーニングはバイトする瞬間が見えて楽しい!


今までとはまったくパターンの違ったので難しかったです。セオリーは大切かもしれませんが、状況に応じて固定観念にとらわれずに色々と試してみることの重要さを実感することができた貴重な釣行になりました。


管釣りは奥が深い!!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/323-d2c047ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。