こんばんはNです。
実家に戻り、家のリフォームの手伝い、料理、兄弟の送迎にといいように使われましたが、合間を縫って渓流に行ってきました!
今回は地元ではなく、親から教えてもらった秘境ポイントです。

釣行日時 4月4日 午前11時~午後6時
天気  曇りときどき晴れ
気温  ~15度
水位  増水
濁り  少しあり
竿 天平 硬調 53
(旧早春 硬調 53M)
仕掛け アマゴ半スレ ハリ7号 ハリス0.6号 オモリ ガン玉1号
餌 ミミズ
釣果 イワナ16匹

感じたこと
・前日、前々日2日間地元で渓流ミノーイングして魚影すら確認できなかったため、かなり活性が低いと感じた。雨も続き増水気味で、ルアーでは厳しかったため今日は餌釣りに切り替えた。

・流れの淀む『淵』でしか釣れない。流れの中を通しても釣れない。
淵で30秒ほど待てば、魚がいれば釣れる。

・かなり雪が積もっていて、川のほうにせりだした雪の屋根の下で釣れることも多かった。
ただし、雪の屋根の上を歩くと落ちるので危険 進み過ぎないように

・仕掛けの長さは1ヒロ半にした。短ければ木に引っ掛かるトラブルは減るが、竿に絡まりついてぐちゃぐちゃになることも多かったので、移動と竿を延ばすときには気を付けたい。

・増水していなければ、淵のポイントも増え、もっと釣果を伸ばすことができたはず。

・最後に堰堤の落ち込みを攻めたら最大サイズ27、5cmが釣れた。
しばらく粘っていると泡の向こうから化け物サイズの大イワナがゆらゆらと出てきてびびった。
最初鯉かと思ったほど。(いるわけがない)
早速目の前に餌をやったが見向きもされなかった。長年生きてるだけあって賢いのか?
ああいうのは釣れないんだろう・・・

初めてこの時期に渓流釣りしました。前日から雨続きで増水しており、釣れないだろうと思っていましたがたくさん釣れてよかったです。ただ、ほとんど雪の上を歩く状況で、さらに積雪が凄くて表面は固まっていても踏み込んだら半身ズボッと埋まることもあり抜け出すのにめちゃくちゃ苦労しました・・・

あとクマの足跡も見つけ、そこらじゅうにクマが木を引っ掻いた跡があり、かなり怖かったです。
カモシカ?のふんも大量にありました。

やはり管釣りと違って魚1匹の価値が段違いですね!
また5月あたりになって暖かくなったら行こうと思います。
正直釣りサーのみんなと行って渓流釣行の素晴らしさを分かち合いたい。

1428156388142.jpg
全部天然らしい

1428156317695.jpg
最大サイズ27、5cm

1428156374268.jpg
手前の雪の陰で釣れた。

1428156311095.jpg
『味のある人間って言われてますか?
中身のある人間って言われてますか?
イワナ見てみろよ!!
イワナはなあ、余計な味付けいらねえんだよ
自分に中身がある。ダシが凄いついてるんだよ
イワナ見習って生きろ!!
中身で勝負だ!!
これから!!ダシのある人間になれ!!』
by 松岡修造
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/308-7b4c7668