上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは
愉快な新大アングラー 澪標 です

昨日はどうしても青物が釣りたくて
でも、おとといの東港某所の爆釣は知らなくて…

そして、僕はリア友の棒くんと立ち向かった…


感染性胃腸炎による9度の熱から復活し
病み上がりもいいところに3時半に家を出てはるばる上越まで行ってきました


ロッド:ソルティック 9.3f
リール:08ツインパワー C3000
ライン:エギングのラインを流用(これしかなかった汗) PE0.6号
リーダー:16lb
ルアー:ダ○ソールアー など

天気:晴れ
風:無風→北風
波:なし

時間:5:30~12:30

当日は非常に晴れていて、お客さんも非常に多かったです。
思い出すだけで忌々し…自分たちの努力のなさに絶望します。

朝一~10時くらいは先端~テトラ帯の人達が
群れが来るたびに入れ掛かり状態…

根元で指をくわえ、先端あくまで先端付近で待機してる間も
周りでは竿がぶち曲がっていく…
あれはただの拷問でした(迫真)

10時になると一度落ち着いて、人もちょこちょこ去って行きました

そこで、先端付近の一番潮通しのいいテトラに入ることができましたが
時すでにお寿司状態で、1時間ほど粘るも…

と思いきや、北風が吹き始めると同時に
沖の激流の潮が入ってきました
同時にゴンッと念願の1匹ヾ(´∀`*)ノ

さらに…は、バラシ
で、バラシ…

結局僕はチャンスを生かせず、1匹のみでした
棒君は3匹ゲットしてましたね
うらやましい…

感じたこと
・昨日は先端付近にいい潮目があり、それが入って来ると一気に竿が曲がり出した
・その潮が遠ざかると釣れなくなり、とお目に見ても激流であることに間違いなく
 予想はしていたが、その潮目が近づいてくると釣れた
・いい潮が入ってるとルアーの重さは半端ない
・いい潮と同時に濁りの潮が入ると全くダメ…たぶん、今時期のあの濁りは川水を含む冷たい潮だろう
・春先はくるってるので、もっと大きなルアーでガンガンアピールできればよかった
・釣れる時は巻きでもリフト&フォール、ジャーク、なんでも釣れてるようだった
・激戦区の人と人の間の狭さったら…(゚Д゚;)
・初物だったけど、春のサワラとは思えないナイスファイトでした、ソルティックぶち曲がって気持ちいい!!
・キャスト下手になった?((((;゚;Д;゚;))))
・いつもホームが浅いからって、28gを持ってこなさすぎた。次回はしっかり重いのも持ってこよう

image (7)

image (6)


今日最も思ったのは、時間も大事だけど潮の読み方もホント大事
みんな、時間時間いつも言うけど、今度からは釣ってる間の潮の動きとか
そういうのもチェックしながらやれるといいな…って思います。

いい潮が入る時間帯、水温、ベイトのいる潮
そうゆうのが結局、毎年釣れる時間帯が違う理由なはずです。

今年はみんなもホームだからって気楽に考えず
自分の今後の実力のために、潮の動きも見ていける釣り人になっていきたいですね・・・

そして、現地のシーバスアングラーのお兄さん、群馬からいらしたワカサギのお父さん
非常に楽しい方々も多くていい場所でした笑


青物気持ちいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/305-bb9c7f85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。