こんにちは。 じゅんべえです。

 グンマー遠征二日目、川場フィッシングプラザの記事です。

 今回は、時間とともに状況を記していきたいと思います。

日時 3月16日 午前7時半~午後0時半 ~昼食~  午後1時~午後5時
場所 川場フィッシングプラザ
天候 晴れ
風 ほぼなし
水質 クリアー
タックル 
ロッド ノリーズ アンビシャス61L
リール シマノ ヴァンキッシュC2000S
ライン バリバス VSPフロロ マスターリミテッド 2ポンド
ヒットルアー パル1.6 ノアジュニア1.4 鱒玄人ウィーパー1.5 
         マーシャルトーナメント0.9 クローザー0.8 ノアジュニア0.9
釣行者 べちょー N じゅんべえ
釣果   ニジマス&コーホー×50以上 ブラウン×2 イワナ×1  釣果じゃないけど(超大型イトウ?ラインブレイク)


 7:30 本日の釣りスタート     
 
     場所はいつもの左岸アウトレット側が空いていたのでそこからスタート。
平日の割には混んでおり、ほかには入るスペースがほぼ無い状態。しかし放流がこの付近で行われることが多いので、その後の展開に期待する。

 
 8:00 ここまでで数匹キャッチしたが、活性はかなり良くないと判明!グンマー初入国の二人も顔をしかめている。ここまでで自分なりに掴んだことは、魚のスピードが遅いことと表層の反応が良いこと。マーシャルとクローザーのどちらが効くか試している段階です。


 
 9:00 さらに渋くなっていたところに放流するとの放送が!!トラックで運ばれてきたマスたちがちょうど自分の横で放流されていきます。これは相当ラッキーでした。ここから黒い鱒(放流漁)の入れ食いが始まりました。

 
 9:30 パル1.6の青銀で釣り続けていましたが、少し反応が悪くなったので蛍光ピンク&イエローに変えるとまだまだ続きます。魚の食い方が下手なせいでルアーが口の中に入らないことが多くありました。しかし基本的には入れ食いです。
ここで試しにとクローザー赤金に変えて攻めてみますが、ペースが落ちます。やはりある程度のスピードとアピール力、そして少し深めのタナを攻めないと反応が悪いことが分かりました。ウィーパー、ノアジュニアとローテしましたが、ウィーパーにアタリが出るようになってきました。

 
 10:00 お祭り終了  いわゆる普通の管理釣り場に戻りました。遠投すると沖に逃げたであろう放流漁がたまに掛かる程度になったので、残存魚に狙いを戻しました。

 
 11:00  巻きの釣りではアタリがほとんど出せない状態になりました。クローザーとマーシャルで全層を探っていきますが、この時間帯は中層が良い感じでした。また、ほかの二人はボトムを攻めて釣果を出しているようでした。自分も時折調査程度でやってみたところ、最初の3投くらいは、とても反応が良いのですが一か所では続かない感じでした。二人がボトムを極めようとしていたので、自分は今日は巻きを極めるんだと思い直し、修行のような釣りを再開しました。

 
 12:30 待ちにまった昼食タイム 名物カツカレーを注文しましたが、カツが足りなく一人前しか作れないという事態に。
本気のじゃんけん勝負をNさんが制し、べちょーさんと自分はから揚げ定食になりました。ちなみにこの日の夕飯はカレーにしました。

 
 13:00~15:00  魔の時間帯 あまりにも渋いので空いたアウトレット側へ移動。ここで、何かを掴んだ気がする。それはずばり巻き下げ。ルアーはクローザー0.8にハニカムフック8or6番のセッティング。もともとロールアクション気味のクローザーに大き目の6番を合わせるとさらにウォブリングが消える。巻き下げで当たるということはロールアクションが当たっているとも言い換えられると思い(スプーンの適正巻き速度より遅く巻けばよりロール気味の動きになるから)6番を試したところ8番よりヒットが増えた気がする。理由はそれだけではないと思うし、思い違いかもしれないが、とにかくこれでカウント2~5までの範囲を巻き下げていくと5の付近でアタリがでて乗ることがかなりあった。もう一つ、手前のカケアガリでマスがスプーンを追い詰めて食うイメージもあった。

 
 15:00~16:30  少しだけ活性が上がったようで、表層の一定巻きに反応が良くなった。クローザーだけでなくマーシャル、ノアジュニアでも ポツポツ釣れた。

 
 16:30~1700 ライズが増えてきた。沖の表層をパル1.6でサーチすると良いアタリが出ることが判明し、7本ほど連発。途中でウィーパーを投入し、よりスローに沖の表層を攻めたが、パルの方が圧倒的に反応が多かった。カラーは青銀が良かった。


 こんな感じで二日目の川場釣行は終わりました。一日通して釣ってみて、いろいろなことを焦らずにじっくり試せたことは良い勉強になりました。また個人的には、巻き下げで釣れるイメージが大きな収穫でした。    

 正直いつもの川場と比べると活性が低い感じでしたが、時期的なこともあるのかと思います。急に温かい日が続いている状況だったので、いわゆるターンオーバーが起こっているのかとも思いました。

 また群馬に戻る予定が出来てしまったので、当然またお邪魔させていただきたいと思っています。
やっぱり川場は面白いと感じた一日でした。
こんにちは、Nです。

正直2日目は花粉症と寝不足のダブルパンチでかなり苦しかったです。
魔の時間帯では、リールを巻いていながらも何度か意識が飛びかけました(笑)

タックル 
ロッド SILVERNA BROS KR 60UL "RED"
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン シルバースレッド アイキャッチPEⅡ 0.3号 3lb
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb
釣果 ニジマス、コーホー 30以上

感じたこと
・昨日のおくとねでつかんだボトムの釣りの感覚をすぐにまた試すことができてよかった
 ただし手前側に岩があり、気をつけないとそこで根掛かってしまう

・じゅんべえさんに教えていただき、リリーサーの使い方がやっとわかった
リリーサーを動かしてガシャガシャやってもはずれない

・初めての放流魚狩り
じゅんべえさんが選択した場所がよく、真横で放流が行われ興奮した
最初はセオリー通り赤金を投げ、渋くなってきたところで青銀に変えたところ釣れ続いた
口の使い方がへたくそで、アタリだけの時も多かった

・名物カツカレーはボリュームもありとても美味しかったです!
先輩方を差し置いて自分だけカツカレーで罪悪感がはんぱなかったですが、じゅんべえさん宅でみんなでカレーを食べることができてよかったです。じゅんべえさん家のカレーも激ウマでした!

・魔の時間帯が過ぎ、後半戦では表層の反応が良くなったので表層を意識した釣りにシフト
ぽつぽつと釣れた

・全体的にカラーは青系がよく釣れたように感じた、次いで緑系
対して黒系のルアーの反応は良くなかったように思われる

一日でいろんな釣り方が試せてよかったです!!
やはり管釣りは奥が深いですね、じゅんべえさんとの釣果の差にいつも悔しく思わされます。
もっともっとうまくなりたいです!

最後に、放流魚狩りの様子をどうぞ(ナレーターじゅんべえさん)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/302-c0975aee