こんばんは、またまたNです。
今度は源流で、ミャク釣りをしてきました。
今回行った場所は、小学生時代からずっとかよっている、思い出深い川です。
父親に連れられて釣りを始めたわけですが、この場所で私は釣りと出会ってしまったわけです。
あの頃とは比べ物にならないほど装備を充実させ、数年ぶりに再びここに帰ってきたのです。

釣行日時  8月15日 午後2時~午後6時
場所  木曽川源流
天気  曇り後雨
気温  20度前後
水位  少し増水気味
濁り  ほとんどなし
タックル 天平 硬調 53
仕掛け ハリ 一刀ヤマメ王 6号
     ライン 釣聖 0.4号
     オモリ ガン玉 1号
     予備 アマゴ半スレ ハリ7号 ハリス0.6号
釣果 アマゴ9匹

感じたこと
・釣り餌は川虫を現地調達した。流れのあるところの石を適当にひっくり返せばいつもは簡単に見つけられるが、今日はなかなか見つけられず苦労した。体長1cmにも満たない小さな川虫1匹つけただけでも、釣れたのには驚いた。
・周りは木々が生い茂っており、糸の長さは0.7~1ヒロで十分だった。
・ランディングポイントをあらかじめ予定した上で釣らないと、魚を掛けた後身動きが取れないことに気づき、焦ることがあった。
・流れがあるところをさっと通すよりも、反転流に乗せてゆっくり停滞させたり、流芯脇のゆったりした流れに乗せたりすることで釣れることが多かった。
・目印の動きで、アタリがあるのがだいたい分かるようになってきたが、いつアワセを入れたらよいのかいまいちまだつかめない。
・雨降り直後アブの猛攻撃にあった。服の上からも余裕で噛んでくる。叩いて、つまんで、そのまま釣り餌にすることも可能。川虫よりも餌もちがいい。釣れるかどうかは未確認。
・5時ごろから急にアタリがなくなった。場所が悪いのか、時間帯のせいなのか。
・川幅に合わせてしょっちゅう竿の長さを伸び縮みさせるので、砂の着いた手で触ると竿がとても傷つく。
・魚のいそうなポイントの見極めと、どこまで粘るかが重要。
・以前よりも、木にかけてしまったり、根がかりする回数が減った。源流での根がかりは回収しやすいが、木にだけは掛けると回収が非常に面倒くさいので、かけないようにしなければならない。

DSC_0715.jpg
木々が生い茂っている

DSC_0712.jpg
まさに源流といった雰囲気
こんなところに魚がいる

DSC_0717.jpg

DSC_0719.jpg
きれいな模様
イワナもいるはずだが釣れなかった

DSC_0716.jpg
連日降り続く雨のせいで、最も怖かったのは土砂崩れ
3日ほど前にクマが出没したと村内放送で流れたのもあり、クマの出現も怖かった
クマよけの鈴は必携
源流に入ると神経が研ぎ澄まされ、物音に超敏感になる

DSC_0708~01
頭上の木々に気を付けなければならない

やっぱり渓流釣りはいいですね。孤独で集中できます。いろいろ考えなければ思うように釣れませんしね。
夏とはいえ、山間部で雨に濡れるととても寒く、手は震え足の感覚はなくなり修行のようでした。濡れてもいいような格好で行きましたが、全身濡れて寒い思いしないように合羽も必要でした。
源流域は来るたびに少しずつ地形が変わったりしていて、面白いです。
まだまだこの川からまなぶことはたくさんあります。小学生時代から通っていますが、1年に1回来れるかどうかでは、なかなかこの川を知り尽くすことはできません。できれば毎日来たいくらいですが、また、来年もこれるといいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/257-5aa7752b