上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、Nです。
昨日、長野の地元へ帰省しました。
最近はテストだのなんだのと理由を付けて全然釣りに行けてませんでしたので、すべてから解放された今、地元の友達に会ったりする前に、まずは釣りをしなければならないと考え早速行ってきました。

のべ竿(天平 硬調 53)と渓流ルアーロッド(Troutino STREAM TT-502ULX)の両方持っていきましたが、まだ本格的な渓流ルアーをやったことがないので、まずは渓流ルアーでやってみました。

釣行日時  8月13日 午前8時半~午前11時半
場所  木曽川
天気  曇り時々晴れ
気温  21度~
水位  前日の雨のため増水気味
濁り  少し濁っている程度
タックル 
・ロッド Troutino STREAM TT-502ULX
・リール ナスキーC2000
・ライン シルバースレッド アイキャッチ 4lb
釣果 アマゴ5匹

感じたこと
・場所は1回ずらした。最初の場所では、魚の活性がすごく良かった。赤金のスプーンに10㎝にも満たない小魚がたくさんん追っかけてきて楽しかったが、大きいサイズが出ず、小魚と遊んでいてもしょうがないので場所変更。より上流にいったがこれが正解だった。
・最初の場所では、ライントラブル頻発。さらに岸近くをねらって投げたら、草木にスプーンがかかりロスト。結果2個しかないスプーンが失われ、ミノーしか使わざるを得なくなったがこれが後にいい方向に働いた。次の場所で、全て釣ったので最初の場所で練習できたのがよかった。

・次の場所では、ミノーで岸から、クロスストリーム、アップクロスストリーム、アップストリームで投げたが、反応はあるものの食いつかず。昨日の雨で増水のためか流れが速いので食いつけないのかと考え、他に釣行者がいないのを確認し、川の真ん中あたりまでなんとか立ちこみ、ダウンストリームでミノーのトゥイッチングをし、魚にルアーをよく見せ、食いつきやすいようにしたところ非常によく釣れた。           
 また、流れの抵抗に負けず、しっかりミノーが沈むことも重要だと思った。

DSC_0704_convert_20140814112557.jpg
実家からママチャリ自転車釣行

DSC_0697_convert_20140814112047.jpg
左側に見える岩に立ってダウンストリームで投げたところ、2投で2匹連続でかかった

DSC_0701_convert_20140814112249.jpg
伝統工芸品のようなきれいな模様のアマゴ
家族の人数分釣れたところでやめました

DSC_0703_convert_20140814112319.jpg
岸にヒットルアーのミノーがかかってしまい、見た目は浅く、流れも緩そうなので渡って取りにいこうとしたところ、反対側の岸近くが意外と深く、流れも強く肩までつかり流されかけて危なかったので引き返して、迂回して取りに行った

DSC_0706_convert_20140814112652.jpg
今回のヒットルアー
Dr.MINNOW のFS 激しい水流に負けず、よく沈んで、良い動きをしてくれたと思う
リーズナブルな値段なのもグッド


地元とはいってもいつも源流部でのべ竿でやるので、小学校以来となるこの川の釣行となりました。いろいろ情報を得て、いろいろ分かったうえでやってみると、また楽しいものですね。まだ実家にはいるつもりなので、天気と親が許す限りもう一度行きたいです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/256-22139f52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。