上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.17 救いの女川
 こんにちは。 じゅんべえです。

ホームの三面川水系が釣り困難な状況に、我々は戸惑っていました。

なんとかして鮎が釣りたい。

そんな時、いつもお世話になるのが女川です。水の引きが早く、また大き目の石が多く入っている上流部はヘチに限っては残り垢が狙えることも多いです。 7月13、16日に小雨の中行ってきたのでアップします。


釣行日時  7月13日 午前9時半~午後6時
場所  女川
天気  曇り時々雨
最高気温  24度
水位  20センチ高位
濁り  わずかにあり
垢  ヘチ、緩い瀬に残り垢
タックル ロッド   スペシャル競MI H2.6 90
      天上糸  テトロン0.8号 
      水中糸  フロロ0.175号 → ランスペシャル0.04号(付け糸0.3号)
      ハナカン回り  フロロ0.8号 エキスパートハナカン6.5号 忍サカサ1号
      掛け針 忍6.5 ハリス1号
      背針  メタルライン使用時に小澤式背バリ使用
釣果 オトリ込22匹

釣行者 澪標さん、じゅんべえ
  
 感じたこと

・増水後だったため、瀬の流芯には垢がついておらず、掛かったとしても、小さくて腹がへこんだ魚だった。
・ヘチの大石が黒く磨かれていて、その付近になるべく長い時間とどめておけるかが釣果を決める感じだった。草にライ  ンが引っかかったり根がかりが起こったりを回避するために、竿を短く持ち微妙な操作が要求された。
・縄張り鮎の前アタリ→オトリをとどめる→1分以内に掛かるというパターンが多かった。前アタリに対して、もっと有効活  用しなければもったいないと感じた。
・頭掛かりがめちゃくちゃ多かったのでオトリの循環に苦労した。水中身切れ、空中分解が多かった。ハリスをかなり長く出 したりもしたが、あまり変化がない気がした。
・去年良い思いをしたトロ場に行ったが、石色が悪く案の定一匹も掛からなかった。去年も大水の後にやって釣れたので  同じパターンがあるかと思ったがダメだった。今回の増水はトロ場に沈む大石の垢も飛ばしてしまったのか、それとも   鮎自体が少なくて石が曇っていたのか。自分的には石が砂をかぶっているように見え、鮎が少ない気がした。
 いずれにしろ、石色でだいたい鮎の濃さが分かるようになってきた。
・一番釣れる時間帯を大移動(トロ場まで歩いて片道30分)で費やしてしまい、釣果が伸びなかった。

140716_152453_convert_20140717164908.jpg


釣行日時  7月16日 午前10時~午後2時 (午後はバイトだったので早帰り)
場所  女川
天気  小雨
最高気温  24度
水位  20センチ高位
濁り  わずかにあり
垢  ヘチ、緩い瀬に残り垢 本筋にも新垢か?
タックル ロッド   スペシャル競MI H2.6 90
      天上糸  テトロン0.8号 
      水中糸  ランスペシャル0.04号(付け糸0.3号)
      ハナカン回り  フロロ0.8号 エキスパートハナカン6.5号→シマノハナカン6号 白一体サカサ1号
      掛け針 忍6.5 スティング6.5 全てハリス1号
      背針  小澤式背バリ
釣果 オトリ込32匹 (15~19センチ)

釣行者 じゅんべえ

 感じたこと

・三日前と同じような天気、垢の付き具合に見えたが、前回小さい奴しか掛からなかった瀬で良型がよく掛かった。これが 新垢パターンなのか、それとも単に先客がいなかったからか。
・手前の石が磨かれていて奥が深くなるポイントはたいてい良く掛かることを改めて感じた。
・三日前良かったヘチの大石残り垢ねらいは今回も通用した。しかし、追いはあまりよくなく、待って掛かる感じだった。
・この日も頭掛かりが多かったがバレは少なかった。忍よりもスティングの方が背掛かり率が上がる気がした。
・久しぶりに瀬で縄張り鮎が連発したので超興奮した。誰も川にいなかったのだが、一人で叫びながら釣っていた。
・引いて掛かる瀬でも、常に前アタリを察知し、待ちを入れていくべき。効率が上がると思う。
・今までいやいやだと思っていた動きが前アタリの場合もあると分かった。状況に応じて待ちをいれる必要がある。
・これ以上上流に引けないと感じるピンポイントはやはりみんな攻めていないことが多い。無理やり引き上げると落ち口の 石頭についている鮎が一発で掛かってくることが多い。時には強引さも必要。
・ブルッと手元に感じたときは尾びれに掛け針が絡んでいることが多いので、一度引き寄せた方がよさそう。そしてその後 もう一度送り直せば良いと思う。もしブルッが前アタリなら次に掛かってくるはず。
・やっぱりメタルラインで瀬で良型ギュイーンは最高。

140716_152514_convert_20140717164929.jpg
140716_162215_convert_20140717164739.jpg



早く梅雨明けしてもらって、鮎シーズン本番を迎えたいところですね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/254-83293661
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。