上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大変ご無沙汰しております、じゅんべえです。

4月後半から昨日までの約二か月間、ブログを書く暇があれば釣りに行くということを繰り返していたせいで全く記事を更新できずにいました。7月に入り、あの釣りが始まってしまう前に、ひとまとめしておかねばと思ったので簡単に書きます。

  青物に関して

・サゴシはメタルジグのタダ巻き、イナダはタダ巻きに加えリフト&フォールを試すことでその状況のパターンがあるとい   うことを感じた。
・ミノーの使い方は色々あると思うが、一番強いと感じたのは、手前まで追ってきてルアーに追いつかずUターンした魚に フォローでショートキャストをし一瞬で見つけさせて食わせる時。メタルジグでこれは難しい。
・ダイ●ージグのオレンジが個人的なアタリルアーだった。
・ドラグの締め具合、合わせのコツがわかってきた。

  キスに関して

・最初に爆ってから2週間ほど良い型が続いた。朝はダメで昼間、夕方しかかからない日が続いた。 
・右堤外湾、内湾、川側の三か所を主に攻めたが、あたる場所が日によって時間帯によって違った。
・サラバのキスはでかい奴から食ってくると感じた。
・中、大型を連で狙うときは一匹目が掛かってから止めると仕掛けが絡まるイメージがあったため、巻き続けて掛けること が多かった。
・6月中旬からピンギスが増えてきたが、20クラスの良型も時折混じり楽しめた。
・ピンギスを連掛けするときは仕掛けを止めてもさほど絡まずうまくいった。
・今までアタリではないと思っていた、うっとなる重み(カケアガリではない)が前アタリだと判明した。そこで止めると掛か  る。
・リールサビキ、竿サビキを使いわけることは釣果につながると確信できた。
・ハリスの色についてカラーがあるものに対して好感触を得た。
・サクサスのすごさをしった。鮎でも使ってみよう。
・スナップ、砂ズリなしでやってみたが絡みトラブルなし、コスト削減、感度アップといったメリットを感じられた。
・一か所に投げ続けないで少しずつポイントをずらすことの大切さを感じた。
・石粉がないとお話にならない、新しく買ったクーラーは大活躍でした。
・思っていた以上に、餌を針の上までこきあげることが大切だと分かった。
・餌を交換は餌の形が崩れたときにするイメージ。
・すべての範囲を攻めたい→ スピンパワーを買う。

140527_201621_convert_20140627042327.jpg
今年初の爆の日、4時間程で20センチ平均40匹ほど釣れました。(Max24センチ)

140625_095301_convert_20140627042405.jpg
最後のキス釣行(6月25日朝2時間)の釣果   ピンギスメインでたまに中型が混じります。

2014062508360001_convert_20140627042943.jpg
最後の釣行の最後の一投で、人生初の5連を達成出来たことで、悔いなくあの釣りに切り替えられます!!
計15回ほどの釣行で400匹は超えることが出来ました。最高のアタリを見せてくれたキス達に感謝です。
キス天丼もやばかったなー。
 
さて、今日はいよいよ川見ですな‥‥



根係です。私も今年の青物について書いていきたいと思います。

サゴシについて
 今年のサゴシはあまり速い動きについてこれなかったので、中々誘いが難しかったです。
やはりワインドが釣果が安定していました。今年はフックのサイズを♯1にしたところ
フッキング率がかなり上がりました。(サゴシの場合)
あとソリッド系のバイブレーションの早巻きでも好反応なので試してみてください。
個人的にはミノーのジャーキングが一番楽しかった。安いシンキングミノーを使うのが
いいです。スラッグを出しすぎると切られてしまいますが・・・

イナダについて
 今年はイナダの当たり年だったような気がします。釣り方としては
①メタルジグ
②バイブレーション
③ワインド
④シンキングミノー
何れもよく釣れました。特に②は荒れているときでもしっかりと誘えているみたいで
好釣果でした。
①はフロントのダブルフック仕様にした安いジグでのスローワンピッチがよくはまり、
個人的に楽しかったです。
今後は⑤トップウォーターと⑥シンキングペンシルも使いこなせるようにしたいと
思います。

安い10.6ftの竿を手に入れたのでこれからがまた楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/249-c6cfd574
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。