上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.12 ノッコミ攻略

こんばんは、澪標です~


5月に入って黒鯛のノッコミが
始まったようです^^
ようやく黒鯛シーズン本番ということで
GWに上越、11日にいつものとこらで
ノッコミ攻略行ってまいりました!


5月2日
上越
天気:晴れ
波:ほぼなし
釣行者:師匠、僕

仕掛け
いつもの感じ
撒きエサ:爆寄せチヌ+ムギパワー+オキアミ
付け餌:オキアミ、練り餌(赤)

変更点としては道糸を
フロート→サスペンド
としたことでしょうか



師匠は午前9時頃より実釣開始
僕は少しイナダちゃんと遊んでから
10時頃よりスタート

周りではイナダがバタバタ上がってますw

今回の場所では常に潮が
動いていたせいで
いつもの沈め釣りで馴染まない様子・・・

ノッコミだから
少し軽めの仕掛けにしてみて
ぼほエサの重さだけで沈めてみても
エサが全然なくならない・・・

しまいにはイナダが減少したことにより
沖までフグの猛攻を受けるハメになり
仕掛けをどんどん重くする方向へ

午後1時半
師匠が1枚!!
さすが・・・しかも32cm
ノッコミ臭プンプンのチヌですね

ここからまた止まってしまいましたが

午後3時すぎ
師匠2枚目!
小さな当たりを合わせたとのことで38cm
・・・・・・ぐぬぬ、うらやましい

と、ここで師匠のポイントに
打たせてもらうと
1投目で・・・ぐぐぐ!っというラインを引っ張る当たり!
ぶっちゃけ相当テンパりつつ合わせ!!
チヌやないかwwwwwwww

で、34cmの今年初チヌゲットヽ(;▽;)ノ
上越ありがとおおおおお

最終釣果
師匠 チヌ2枚32~38cm、イナダ多数
僕  チヌ1枚34cm、イナダ数匹

1399017698538.jpg






5月11日
いつものとこらへん
風:なし→北の風
波:0.5m~1m
釣行者:師匠、弟子1号、僕

仕掛け
いつもの感じ
撒きエサ:爆寄せチヌ+日本海
付け餌:オキアミ、練り餌(白)

実釣開始は9時半頃
師匠は先に釣っていましたが
イナダマン達がたくさんいたために
場所は今ひとつ・・・

僕は潮通しのいいところでやれましたが
この日もなかなかの潮の流れ・・・
しかも個人的に嫌いな
「手前の上潮だけ激流なのに、沖の潮はほぼ動かない」
って状態・・・

想像してくださるとわかるのですが
せっかく馴染みやすい沖の潮があっても
手前の潮に乗ったラインに引っ張られて
仕掛けがなじまないんですよね(´・ω・`)

ライン流せばいいのですけど
人もいるので限界はあるわけで・・・

師匠1枚ゲット
曰く、釣ったというか釣れた

弟子1号合流
早速3人でいろいろ試すも
潮の速さには悪戦苦闘・・・

ここで、人も少なくなったので
僕は潮の向きに対して平行に仕掛けが馴染むように
ガン玉3段打ちにして馴染ませつつゆっくり流すと
ラインが変にふわふわする・・・
ん~?っと思って煽ると・・・ガツン!!!!

なんだこれwwwwwwww
ってくらい横に走る!!!
しまいにはテトラにまで入ってくる!
ドラグジージー
最初はワラサかと思ったのですが
にしてはテトラに入るわよくわからなかったのですが
水面にキラッ☆

チヌと確認www
全力で上げた結果44cmwww
IMG_20140511_132135.jpg

キタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

ハリス途中でスレてるのわかってたから
すごい怖かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

ボロボロになって上がってきましたwww

そこで師匠も近くで同じように潮に乗せると
同じとこでヒット!!

更に僕ももう一発!!

たった30分以内に一気に3枚ゲット!!

その後は今ひとつ北風にやられて
潮もさらに激流になったので
ほぼ釣りにならずまったりして終了・・・

弟子1号、今回もチヌゲットならず・・・


最終釣果
師匠:チヌ2枚30~33cm、イナダ5本
弟子1号:イナダ2本、ソイ1匹
僕:チヌ2枚30~44cm

IMG_20140511_163110.jpg




感じたこと
・仕掛けをなじませるには潮に対して平行に流せる場所が必要
 特に私たちのような沈め釣りには払い出しが最高だろう
 垂直に流しててもなかなか上手くはいかない・・・

・沈め釣りには高比重の日本海はやはり最適の様子
 結局、日本海に頼るのが吉

・激流に対して沈め釣りでの対策はほぼ不可能かも
 1号以上の高浮力浮き+重めのガン玉で
 投入から馴染みまでの時間を短縮
 黒鯛のいる底付近を如何に長く流すかが大切な様子
 この場合、棚の把握は最も大切になるだろう

・今後はさらに大きなチヌが釣れる可能性が高い
 ハリスも1.5号まで上げてもよいかもしれない

・付けエサはエサ取りが有無に関わらず色々試すべき
 大型は練りエサに食いつく可能性が高い
 逆にオキアミは釣れる可能性が高く、集魚力も高いため
 いるかどうかを早い段階でチェックできるだろう
 黒鯛はオキアミの頭だけをかじるらしいので、それも合図

・44cmとか意味わからん、引き過ぎ、何あれ、次釣れるかわからんwwwwwww



チヌ釣り最高なんだよな~・・・
今回ので完全に頭ヤられました(迫真)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/241-2c209196
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。