上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.26 イナダ分析
 こんにちは。じゅんべえです。ここの所毎日のように新川漁港を警備していたのですが、色々なことが分かってきました。
①とにかく、群れが来てルアーを見つければ釣れる。
②この時期(イナダ最盛期前)は大きな群れは来ない。釣れるイナダは単発的で釣れ続くことはあまりない。つまり、たまたま低い確率でルアーを見つそれが釣れている状況。
③ベイトはまだいなそう。これはサークルの先輩が実験をしてみての予想です。
④イナダのスピードが上がってきている。これは水温が関係か。
⑤結構な濁り、波でも釣れる。むしろ濁りのある場所のほうが釣れた日もあった。
⑥合わせは2、3回入れるとばれない。
⑦魚がチェイスしてきたらタダ巻きに変えるとフックアップに持ち込みやすい。(あまりにもスピードを落とさなければ見切って逃げることはなかった。)
⑧手前まで追ってきて帰ってしまったら、すぐさま短めのキャストをして攻めるとたいていもう一度追って くる。そこで食わせることは容易。手前で8の字メソッドでも食ったくらい、魚は人を警戒できていない。

今後試してみたい釣り方
 
・40グラム程度のジグを使った広範囲を攻める釣り。(魚の密度が低いなら広い面積を探ろうという単純な考え)
・アクションからのタダ巻きを一回のリトリーブで3回繰り返す。(サイトで学んだことを、より沖でも実践。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/23-f147f46d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。