こんにちは。じゅんべえです。またまた二日連続で高根に行ってきたので報告します。

一日目は投人さんと根係さんと一緒に行ったのですが、現地でMさんに会うという事件がありました(笑)

二日目はTOKYOから戻ってきた0氏を連れて、根係さんと行ってきました。そしてこの日も現地でMさんと会いました(笑)

二日通して、まだ鮎が若くいいアタリと引きが楽しめました。また、大人数で行くことで、Mさんと自分だけでは分からなかったことも見えてきた気がします。

釣行日時 9月19日 午前8時半~午後4時半
場所  高根川大橋上流
天候  晴れ
水位  平水
濁り  なし
垢   へちは腐れ始めている場所あり
タックル  改造竿7.15m 
      天井糸 フロロ0.8 イエロー
      水中糸 フロロ0.25号
      中ハリス フロロ0.6号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      掛け針 シフト7号
      ハリス1.2号
釣果 48匹おとり抜き (14~19センチ)

釣行者 Mさん 投人さん 根係さん じゅんべえ

感じたこと
・白波の立つ水深50センチほどの早瀬はいまいち数が出ない印象。石色は悪くないようにみえるが、魚影が薄い気がする。
・この日は瀬尻から始まるトロ瀬が最も数が出た。トロ瀬の手前側が石色がよかったので、もしかして一番深くほれ込んでいる流芯は掛かるかなと思ったが予想通りで嬉しかった。トロ瀬はだんだん浅くなり水深50センチ程の平瀬に変わるがそこでも結構数がでた。おそらくどちらともサラ場だったと思う。
・逆さ針の打つ位置をより頭側にしたら、尾びれに絡まる率が減ったように思う。


釣行日時 9月20日 午前9時~昼飯~午後5時
場所  高根川大橋上流で2時間→橋下流
天候  快晴
水位  前日同様
濁り  前日同様
垢   前日同様
タックル  前日同様
      掛け針 イ二シアブラック7号 シフト7号 忍7号
ハリハリス フロロ1.2号    
釣果 オトリ抜き35匹 (14~18センチ)

釣行者 Mさん 根係さん O氏 じゅんべえ

集合写真

DSC_0071_convert_20130922130428.jpg
DSC_0063_convert_20130922125656.jpg
20130922_123630.jpg
20130922_124233.jpg



感じたこと

・昨日良かったポイントが不発。鮎釣りは不定常変!!by村田満
・手前の石が磨かれていて、奥が深く流れも速いポイントで釣れた。(前日のトロ瀬と雰囲
気は似ている)こういうポイントは魚のストックも多く、釣り人が立ちこむから奥での密度が上がり良く釣れるのか。
・浅い瀬や瀬肩では数はいくらか出たが型が小さかった。ここ数日、少し深いポイントの方が型は良い。
・自分が一通り探った平瀬(水深50~70センチ)を根係さんが夕方再度攻めると良型が6連発した。攻め方の違いもあるだろうが、もともと大きくて追いが弱い鮎と強い鮎が混在していて、追いが強い鮎が釣られ少し時間が経つと、残った鮎が強い追いを見せるのではないか。つまり釣られたからそこに新しい鮎が入るというよりは、もともと良型が結構そこにいて、追い方が違うという可能性。神小澤さんは人が釣っても釣れない場所から良型の魚を引き出すが、あれは止めを多く入れることで、良型だけど追いが弱い鮎を釣っているのではないか。型が良いから一番鮎だと思っていたけど、もし一番鮎なら一般人でもそこそこ引き出せるはずだから。
・ソリッドすげえ!!
・O氏凄え!!





TOKYOの交通費は実際高い。ドーモ。o氏です。スゴクないです。

鮎装備潜水ver

今回じゅんべえの竿とか借りて釣ってたり、写真撮ったり、潜ったりしてました。
和竿持っていったけど使わなかった…何故持っていったのだろう…。

午後、私が疲れて岩に座ったまま1時間半近く寝てしまい、
気が付いたらMさんが目の前にいました。
Mさんは私の水中眼鏡をつけて川の中を覗き、鮎の確認をしてました。
鮎釣り師は皆実際に潜って鮎を見たくなるのか―と一人で感心しつつ、
Mさんを撮っていました。シャッターチャンスだろと本人が言ってましたし。
一応鮎の確認。

あと、かなり固い竿を使った後、ソリッドとか使うと、柔らかさに驚きますね。
曲がり過ぎて折れるのでは?と冷や冷やしてました。
まあそんな感じでした。どうでもいいことですが、釣果は3匹でした。あと浮き輪欲しい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/192-be99c0ee