こんにちは。じゅんべえです。

だいぶ前ですが、魚野川にまた電車で行ってきたので報告します。
実はこの前日、長岡駅まで行って鮎釣り不可なことを知りUターンしてきたあと、憂さ晴らしでハゼを釣ったのですが、そちらも結構大変でした‥‥


釣行日時 9月6日 午前11時~午後5時
場所  魚野川神弁橋~東電取水ダム 区間
天候  曇時々雨
水位  やや増水
濁り  若干あり⇒ほぼなし
垢   流芯は飛んでいるように見えたが、掛かったのは大石が入った流芯だった(残り垢があったのかも)
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 メタゲーム0.06号
      下付け糸 0.4号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 忍サカサ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 イ二シアブラック7号→シフト7号→満開チラシ8.5号
ハリハリス フロロ1.2号 2号   
釣果 オトリ込み13匹 (18~22センチ)

釣行者 Mさん 澪標さん 根係さん じゅんべえ


感じたこと

・水が超冷たい、魚が追わない、気配がない、そんな気がしました。
・増水後の引き水時(垢は残っている部分もある)、しかも水温が低い、そんなときは大石の入った深瀬の芯だろうと思い前回良かった場所を丁寧に探って5匹。
・朝瀬という言葉があるが、朝は水温が低いからふつうの鮎は追いが悪い、でも強い瀬に入っている奴はやる気があるから朝でも追いが良く掛かる、だから朝は瀬を釣れ、という意味なのか。でも人によっては、朝はまだ水温が低く鮎にやる気がないため、石裏や瀬脇にたまっているから、そこでなじませて釣った方が良い、という人もいる。どっちも正しいんだろうけど、正直自分は良くわかっていない。今度、朝1に瀬に潜って鮎を観察してみようと思う。


ついでに先日行ってきた二日連続釣行の記事もアップします。

データとして残しているのでとてもつまらないですが良かったら参考にしてください。


釣行日時 9月12日 午前8時~午後1時+(根係さんを指導)+午後3時半~午後5時
場所  高根川大橋上流
天候  曇時々雨
水位  平水
濁り  なし
垢   基本的に垢腐れはないように見えた 流芯は色が薄いが良く掛かる
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8イエロー
      水中糸 メタゲーム0.06号
      下付け糸 0.4号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 忍6.5号 7号 シフト6.5号 シフト7号
ハリハリス フロロ1号 1.2号    
釣果 オトリ込み77匹 (14~20センチ)

釣行者 投人さん 根係さん じゅんべえ

130914_125108_convert_20130917164224.jpg


感じたこと
・剛竿+メタルラインで身切れが連発(15/90位) タックルバランスの重要性を再確認し  
 た。
・さすがに7メートルだとかなり緻密にポイントを探れる。
・ゼロオバセを感じるのは容易だったが、根掛かり、逆さ針外れ等に気づきにくかった。いくら硬いとはいえ、そういう感度は落ちるみたい。
・ヘチ、真ん中もいい石色だったが、掛からなかったのは大勢で立ちこんで鮎を右岸のほれ込みに追いこんでいたからだと思う。一人でできるときは手前からしっかり探っていった方が釣果は伸びると思う。
・改めて思ったが、流れの早いポイントでは特に通しているつもりでも通せていない筋、探りきれていないピンポイントがある。そういう場所は3秒止められれば掛かる。鮎がいないとか決めつける前に自分の探りの甘さを疑うべき。これは短竿で学べた。
・逆さ針を打つ位置、深さをいろいろ試してみようと思う。(深く打ったらバラシが減った気がする)


釣行日時 9月12日 午前9時~午後4時 
場所  高根川大橋上流→岩沢橋~布部橋
天候  晴れ
水位  高根 平水 三面 やや増水
濁り  高根 なし→強い濁り 三面 笹濁り
垢   高根 前日同様 三面 ヘチはドロドロ垢腐れ 大石の入った瀬の流芯も結構腐っているようにみえた?
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8イエロー
      水中糸 フロロ0.25号
      中ハリス フロロ0.6号38センチ
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 忍6.5号 7号 シフト6.5号 シフト7号
ハリハリス フロロ1号 1.2号    
釣果 オトリ込み28匹くらい (15~21センチ)

釣行者 Mさん 澪標さん 投人さん 根係さん じゅんべえ

130913_181834_convert_20130917164156.jpg



感じたこと

・水中糸をフロロにしたらバレが激減した。
・昨日入れ掛かったポイントで反応が乏しくなった。さすがに抜くと供給されるのに時間がかかるのか。一応鮎のストックはありそうな瀬なのだが‥
・午前はポツリポツリと掛かるが徐々に濁りが増してきてパタリと掛からなくなった。
・移動後のポイントは垢腐れがかなり進行していて、唯一掛かったのは右岸の早瀬。白く濁って見えるので石色がわかりにくいが、黒い石がちらほら見えた。(ほかのポイントは完全に腐ったオレンジや、微妙なオレンジが多い)←掛からない



こんにちは根係です。
鮎釣りは今年から始めたのですがすっかりハマってしまいました。
仕掛け、ポイント、オトリ操作などまだ解らないことだらけですが毎年チャレンジしていきたいと思います。
とりあえず9月12、13日の写真を上げておきます。

RIMG0035.jpg

RIMG0039.jpg

RIMG0042.jpg



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/191-53d0dbca