上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.29 ハゼろリアル
お久しぶりです。べちょーです。
最近は集中講義でげんなりしてます。
キングクリムゾンで集中講義の時間吹っ飛ばせないかな~
でも吹っ飛ばせて数十秒単位だしな~
先日澪標さん主催のハゼ釣りに参加しましたので
簡単に釣果を載せます。


日時:8月28日 午後四時ごろ~

場所:ホーム

釣行者(敬称略):澪標 じゅんべえ 投人(手釣り) こまつ べちょー

釣果:ハゼ(5~15cm位) 75匹
   フグ、チンチン ちらほら

エサ:イソメ

仕掛け:各人様々なしかけ(自分はささめ流線6号三本+固定天秤)
1377686252119.jpg
Picture by こまつ


感想

・投げなくても釣れる。というかサイトフィッシングで余裕。
 投人さんは仕掛けのみで手で釣ってた。あれは職人の目だった。

・サイトで釣るとハゼがどんな動きをして
 どう食うとどういったアタリになるかわかって非常に参考になった。おもしろい。

・自分はライトロッドでやったがヒキも味わえて楽しかった。



といったところでしょうか。
釣行した他の方も良ければ感想の追記お願いします!


そろそろ海の夏バテも終わりまたシーバスやらエギングやら始まりますが、
たまにはほのぼのハゼ釣りでもいかがでしょうか?



追記1

竿がなくてもまさかの参戦 投人 です。

集中講義帰りに堤防を見に行くと
浜の方に見慣れたメンツがいる!
ということで急遽参戦してきました。

なんも持っていなかったので投げ仕掛けと青イソをいただき
100%サイトの釣りをやりました。
べちょーさん仕掛けありがとうございました。急遽ですみませんでした


~感じたこと等~

・サイトで見たハゼの捕食パターンは
エサ発見後観察(結構長い)→ゆっくり近寄り一気にくわえる→くわえたのち静止→吐き出すor反転する

・手釣りでは常識(投げハゼの)が通用しない
 手釣り(仕掛け的に)では合わせが必須 送り込みは適宜
 合わせのタイミングが激難! バイト4回につき1ヒットって感じ
 天秤、竿のありがたみを実感
 「くわえた瞬間」、「くわえてから反転するor吐き出すまで」、「反転した瞬間」どこで合わせればいいのか が結局わからなかった

・時合になると遠くからフォールで寄ってくる 底につく前にバイトする。
 垂らしはいらない チモト付近に少しでもついていれば食う

・浅いせいもあってか良型は警戒心が強い 足音を感じたり、仕掛けをみてブロックの隙間や沖へ逃げていく

・餌持ちがいまいち

・豆フグが餌をかっさらっていこうとする
 フグの数はそれほどでもなく、ハゼも寄ってくるため、段差にすればハゼも釣れそう

・合わせさえうまくいけばランガンで釣り放題だと思う 魚影が濃すぎ

次回やるときは「釣法:のべ竿二刀流 タックル:のべ竿+極小錘+ケン付2本針仕掛け(段差式) 餌:塩イソ+青イソ」にして本気で数を獲りに行きます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/188-ac2d3684
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。