上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_20130624_222251[1]
IMG_20130624_222341[1]


 先日、泊りがけで富山県の庄川の解禁にMさんと釣行してきました。
二人分に分けてそれぞれ感じたことを書きます。

釣行日時  6月22日 午前7時~午後3時半
場所  中田大橋上流 → 雄神橋上流~合口ダム
天気 曇り→1時間ほどの大雨→晴れ
風 時折あり 
最高気温  24度
最高水温  ?(かなり冷たかった)
水位  増水
濁り  若干あり
垢  中田橋上流付近は白っぽい石が目立ち、浅場はオレンジ、茶色系があっ 
   た 分流などに黒い石もあった
   雄神橋上流は黒や茶色の大石が多かった 白っぽい場所はあまりなかった    
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 イエロー
      水中糸 メタコンポ0.05号
      下付け糸 フロロ0.3号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ 1号 
      背針 小沢さん式
      掛け針 エアースピード 6.5号 ハリハリス フロロ1号   
釣果 約40匹 (8~14センチ)



釣行日時  6月23日 午前8半時~午後6時
場所  雄神橋付近
天候  曇 → 晴れ
最高気温  28度
最高水温  ?
水位  増水
濁り  若干あり
垢   前日同様
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 メタル冴0.03号 → メタビート0.05号
      下付け糸 フロロ0.25号 → 0.3号
      中ハリス フロロ0.6号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 忍サカサ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 エアースピード 忍 いずれも6.5号 
ハリハリス フロロ1号   
釣果 オトリ込52匹 (8~16センチ)


感じたこと

・釣れる石の色が分かりにくい 良く掛かった場所に共通しているのは50cm位の食まれた跡のある石がある こと(黒くなっている)
・基本的に平瀬では小型の遊び鮎しか掛からない ただし、誰も引かなそうな手前の流れの本筋で掛かる鮎 は、小型ではあるが追っている気がした
・大きい石の裏で待っていると、群れっぽく時間はかかるがたいてい1匹は釣れた 
・追って掛かる鮎(型は14センチ平均位)は、泡の立った早瀬で掛かる 特に大きい石の頭で竿を立て気味 にして待っていると掛かる 引いて掛かるのはやはり本筋だった
・急瀬以上になるとあまり掛からない が、おとりがしっかりと底に入っていなかったかも
・最後に試した深瀬で一番鮎の入れ掛かり!!下流に行くにつれてトロ場に変わるが、そこでは掛からなか った 掛かった場所は大きい石が入っていて流れも速い 手前に見える石の色は茶色や黒のきれいなもの だった
・おとりの元気度によって興味を示す鮎の数がこんなに変わるとは思わなかった 混雑して動けないとき  は、おとりが元気なうちに追いの弱い鮎を稼いで、続かなくなったら本命ポイントでおとり取りする と いうのが有効
・空中輸送に頼りすぎるのは良くない! 実際、背針釣りをして感じたが、早い流れでやると弱りが早い  手前から沈めてスライドさせたり、丁寧に送りこんだりを使い分けることが大切
・目の前のポイントを信じ、全力で釣ることが大切 それでだめで初めて見切る 疑心暗鬼で釣っていては 釣れる鮎も釣れなくなり、結局ポイントのせいにしてしまい技術向上はない
・引き抜きはバラさないようにすることが大切で、周りの目を気にする必要はない 掛かりが甘いと思え  ば、一気に溜めずにテンション抜き気味でもつれさせてから引き抜く
・アタリが強いときや大石の下に突っ込まれそうなポイントでは掛かったら即座に溜める(鮎が根魚のよう に石の隙間に突っ込んで大変だった)
・全体的に水面に対する竿角度は大き目が良かった
・オモリ0.5号+背針を試したが、おとりの動きは良かった ただし、タモ内でのトラブルは起こりやすい
・メタル冴0.03号+付け糸0.25号はおとりの入りが良くなり、弱り難くなったと思う 中ハリス0.6号も試 したがやはり超小型のおとりには効果があると思う ただし、タモ内でのトラブルは増えた気がするので 今後は0.8号と0.6号を使い分けて検証していこうと思う
・早瀬で忍を使ったが、バレもなく信頼感が増した
・目印の高さをもっと細かく調節するべきだと思った 目印が高すぎるとポイントの攻めがアバウトになっ てしまうし、低すぎると引けない
・忍サカサが大好きになった!
・タモをさしやすいベルトが欲しい!!

130622_062657.jpg


IMG_20130624_222317[1]

130621_195015.jpg


こんにちは。こんばんは。おはようございます。Mです。

じゅんべえが書いてくれたように先日富山県の庄川に行ってきました。
6月21日の夕方に新潟を出発し道の駅砺波で車中泊orテントで泊り22日の解禁に備えました。
始め下流の中田橋付近で竿を出してみるもののなかなか掛からず。見きってオトリ屋さんがアドバイスしてくれた上流に向かいました。

6月22日
タックル
 ロッド  ダイワ        13銀影エアT90  
 天上糸  タックルインジャパン エステル天上糸0.6号
 水中糸  北越産業       RAN SPECIAL 0.05号
 下付け糸 バリバス       0.4号
 鼻カン  OWNER      チタンチューブ 5.5mm
 逆針   OWNER      白一体サカサ 2号
 掛け鈎  OWNER      シフト 6.5号
                 キツネ 6.5号
  釣果 28匹



6月23日
 天上糸  ダイワ        月下美人 0.3号
 上付け糸  バリバス      フロロ 0.4号
 水中糸  北越産業       メタビート 0.04号
 下付け糸 東レ         ナイロン0.3号
 その他 前日と同じ
  釣果 41匹

思ったこと
 
 比較的立て竿(45度くらい)で良くかかった
 引くのが速すぎると掛からない 
 中央の流芯だけでなく手前の流れの筋でも掛かった
 初めて背針を使ってみたが背針でしかかからない鮎がいる気がした
 背針+オモリは気をつけていないと根が掛かりしやすい
 今年初めて9mを使ってみたが今まで使っていた8mよりもためやすく,引き抜きやすい
 PE天上糸は明らかにフロロやエステルより感度がいい 
 元気のいいオトリに勝るものはない 背針を使っていても
 

祝 三面川 解禁!

以上
 

 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/171-13e631f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。