2012.04.13 釣れんなぁ~
 ずいぶん更新をさぼっていました。じゅんべえです。サークル員のo氏よりブログを更新しなさいと言われたので、ここ最近の釣行記録をアップします。

日時 4月10日 10時~12時 5時~6時半
場所 某港
天候 晴れ
風 微風
波 低い
水温 未測定
潮 不明
竿 鮎竿7メートル 
道糸 ナイロン4号7メートル  
ハリス フロロ5号約6センチ
針 丸セイゴ15号
オモリ ナツメオモリ3号
形式 ダウンショットリグ(オモリからハリス根元まで約10センチ)
餌 午前オキアミ 午後アオイソメ
釣果2匹


 ここ最近何度か根魚釣りに行っていたのですが、坊主の日も多くて更新する気になれずにいました。しかし釣れない理由を探し出すきっかけになると信じて、すべての釣行記録を残すべきだと先ほどo氏に教えてもらいました。自分がこのブログの設立に込めた思いを忘れかけていました。
 さて、今回感じたことを書いてみます。

①魚が薄い
②海面が低くなっている
③深い穴は鉄板ポイント
④根がかりを避ける方法
⑤根魚大王様はやはり尊敬に値する

といったところです。

①について
4人で様々なポイントを攻めたのにも関わらず、午前の部はボウズでした。餌はオキアミで上下の誘いをかけながら横移動できるポイントは横の動きも混ぜて探りました。しかしアタリさえ一度も感じませんでした。自然条件はかなり期待できると思っていただけに(久しぶりの晴れかつ気温の上昇、波も静かでやや濁りが入っていた。)なぜ釣れないのか全く分かりませんでした。
④は簡単なことですが、やばいと思ったらテンションを抜いて超小刻みに竿先を振るわせてからもう一度テンションをかけて引いてみることです。それで外れる場合が多かったです。横移動中に引っかかった場合は引いてきた向きの逆向きにやさしく引くと外れます。
 
 そんなわけで午後の部は自分と根魚大王様でリベンジに行ってきました。というのも根魚は夜行性だし、数日前の夜に短時間で3匹釣れた実績があったからです。大王様は新川港の穴という穴を熟知していて、もっとも効果的と思われる仕掛けを使って確実に釣果を上げています。事実、この日もオリジナルの仕掛けを使わせていただきました。餌をアオイソメに変えて少し沖目の穴を探っているとコツコツというアタリ。一気に抜きあげると15センチほどのソイでした。鮎竿で初めて仕留めた根魚に感動しつつテトラの近く(穴というほど深くはない)を攻めていると続けてチビメバルがヒット。その後10分ほど探ってアタリがなくなったので左側堤防に移動し30分程粘りましたが駄目でした。

 これから根魚の活性も上がってくると思うので、色々と経験を積みながら根魚釣りのキモを学んでいきたいです。

追伸 
釣りサークルProjectFよろしくね!! じゅんべえはちょっと難しそうなことを書いているけど、本当はみんなでワイワイ、一人でもワイワイ?楽しめる趣味、それが釣りなんです。初心者、経験者問わずみなさんの参加お持ちしていまーす。
 説明会予定  4月19日、20日、23日
        18時から新潟大学第二学生食堂でやってます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/16-78874d61