こんばんは。
主力竿2本を立て続けに折り、意気消沈中の投人です。
昨日、ホームで投げ倒してきたので更新します。


釣行日時 4月2日 15時~18時頃
場所 L
天候 晴れ
最高気温 20℃
風 北
波 0.3m
釣行者 投人
釣果 バイオ

この日は非常に暖かく、行くつもりではなかったのに
春の陽気に誘われて行ってしまいました。

消波ブロックから落ちないように下を見ながら歩いていると
穴に入って出られなくなっている小魚を発見。
油の浮いた水の中に手を突っ込み
2分間の格闘の末に捕獲!
稚鮎?
稚鮎

シラスですね。
魚種は判別できませんが、
東港のおっちゃんが稚鮎だと言っていたものとそっくりなため、
たぶん色がつく前の稚鮎(シラスアユ)なんだろうと思います。
サイズは5㎝弱でした。
*間違っているかもしれません。裏取りもできてません。
知っている方がいらっしゃいましたら、お手数ですがコメントをお願いします。


この後、釣り開始
もしかして秋のシラスパターンみたいになっているのか?と思い、
弓角を投げますがアタリなし

次に、何でもいいから釣れろとジグサビキに換えている最中、
袋を蹴っぽってしまい、バイオが海中へ

タモの束で何とかならないかと頑張ってみるもダメ
ギリギリ届きそうな距離だったため、半裸になり
濡れるの覚悟で顔を水面に突っ込み、腕を伸ばすも
こぶし1個分届かないうえにびちゃびちゃに

傍から見れば完全に不審者ですね

結局はタモの束で小突いてベールが見える角度にした後、ルアーで引っかけて救出
ヒットルアーはモアシルダです(笑)


救出後は、水に浸かったからにはただでは帰れないとやけになり
水没したバイオをセットし、投げ倒すもボ・・






~タックル~
磯竿5号540 ファインサーフ30 PE1号+フロロ5号
エギングロッド76 バイオマスターC3000HG PE1.2号+フロロ5号

~感じたこと等~
・ごつい磯竿とリールでごついジグをしゃくるのは釣りではなく、もはや筋トレ
・不安定な足場では下半身の力をうまく使えない、また、仕掛けを置くことができないため、投げ竿よりも磯竿の方がやりやすいと思った。(胴調子なため上半身の力だけで十分に曲げることができ、また、その長さゆえにハリスを長くとれるから。)
・ホーム恒例?のニゴイのライズが始まった。
・船道が思っていたよりも深いことがわかった。(サンダージグ20gで着底まで約20カウント)
・エギングのしゃくりができなくなっていた。
・湾内を工事していた。
・釣り人数名確認(ルアーマン×2、ロック×2)
・塩がみはなかったようだがOHした方がいいかも
根係さん! 洗浄とグリスアップ教えてください。一人で分解する勇気がない。


踏んだり蹴ったりの釣行でしたが、ホームでもベイトが出てきたり、ライズが見られたりと春が感じられ、
これからが期待できるものとなりました。
あとはフィッシュイーター待ちですね。早くイナダとシーバスに来てもらいたいものです!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/143-ded704d0