こんにちわ。じゅんべえです。3月18日に成魚が大量放流されたとのことで、そいつらを狩りにいってきました。


釣行日 3月19日
時間  7時半~5時
場所  神流川
天候  晴れ
ロッド 5フィート
リール C2000S
ライン ナイロン3ポンド クリアーとチャートの混合
ヒットルアー  コンデックススプーン 緑金4グラム オレ金4グラム 緑金5グラム
釣果 ヤマメ12~25cm 51匹


 今回、午前中は放流場所をチェックし、午後は普通に天然と放流が混じるポイントを釣っていった。午前中のパターンとしては、スプーンのタダ巻きがもっとも良かった。巻くスピードは見切られないようにかつ追いつけるようにが基本だった。(放流魚はルアーを見切るということを覚えておらず、しかも捕食が下手なのでタダ巻きがベストのように感じた。)ポイントは流芯脇のタルミや淵がほとんどだった。
 一方、午後のパターンとしては早めのタダ巻き+小刻みシェイクが効いた。やはり野生化しスレ始めているヤマメはルアーを見切りやすく、不規則なアクションがそれをカバーしてくれた。また、スプーンのシェイクは遠くにいる魚も寄せて釣ることができると感じた。そして、タダ巻きのスピードについてだが、最後まで一定よりも、スイッチが入ったと分かったら徐々に速くしていくと魚があせって食いついてしまうように見えた。ポイントは午後になり活性が上がったせいか、流芯まで追ってきてそこでバイトすることも多々あった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/12-75fc6071