こんにちは。 じゅんべえです。

 先日、2月17日に今年で釣りサークルを卒業してしまうダイ先輩との記念釣行をしてきました。
場所は冬のオアシス、五頭フィッシングパークです。
当日は気温こそ低いものの、風無し、降雪なし、晴れ間がのぞくグッドコンディションでした。水質が以前よりだいぶクリアーになっていて、魚の反応を見ながら釣りを展開できました。
  
 久々の釣れる釣りを前に興奮気味の方々

P1080740_convert_20130218152637.jpg

P1080741_convert_20130218152905.jpg

P1080743_convert_20130218153103.jpg


 今回はO氏の弟子が初参加なので最初は釣ってもらうことに専念しようと思っていたら‥‥最初から入れ食い!!
子供&女性のみ使うことが許される毛玉の威力を実感しました。
しかし、ピンクの毛玉をラインブレイクで失ってからは、かなりあたりが減ってしまったようです。またレンタルタックルが扱いにくそうだったので自分のタックルと交換し、自分はレンタルタックルでの釣りになりました。

P1080744_convert_20130218153215.jpg

P1080748_convert_20130218153639.jpg

P1080752_convert_20130218153819.jpg


全体を通してバラシが多く、かなり悔しい釣りとなりましたが、魚が釣れるだけで心の癒しになりました。

 当日の個人的良好パターン

・1.6gクラスのスプーンを底にコンタクトさせながらスローずる引き、シェイキング(一番良かった)、ボトム バンプ
・カラーは正直よく分からなかったが、黒系が入っている色は良かった気がする
・中層~低層でのただ巻き
・ストラクチャー撃ち!?

 感じたこと

・ただ巻きには無反応な魚も、砂煙には良く反応する
・基本的なことだが、軽いスプーンの方が反応が良いからといって手前ばかり探るよりも、重めルアーを遠投して
 ボトムを直撃するなどした方がいいときがある(ただし立ち位置によってはマツリまくるので自由に探れない)
・バラシが多いときはドラグを調整してみると良い
・ラインの太さでアタリの数、出方が大きく変わる。やはり細いラインは釣れる
・カラーローテーションのレベルの低さを実感した 「エリアフィッシングの壺」で検索してみて欲しい かなり 参考になります!!

 釣果 約15匹(バラシ多すぎ、言い訳ですが、マイタックルならもっと釣果は伸びたはず)
 使用ルアー パル1.6 マーシャルタイプⅠ、Ⅱ、Ⅲ クローザー0.9 ノア0.6、1

P1080758_convert_20130218154210.jpg

P1080760_convert_20130218154103.jpg
 
五頭さん、また遊びに行きまーす!


お久しぶりでございます、自称広報係で変態のo氏でございます。
広報係なのに記事を書くのは久しぶりという無能っぷりが露見してますが、
それは他の人たちが高頻度に釣りに行っているという証拠でもあるので良しとしてください。

今回、買ったばかりのデスピナをスーパーテトラに装着してデスピナさんの初実戦になったのですが、
スーパーテトラって全長70cmしかないためかオーバーヘッドキャストで飛ばせません。
やったことがないフリップキャストでしかまともに飛ばないということが判明し、
急遽開始時刻前に練習して管釣りに臨みました。

何故だかよく分からないのですが、五頭に来ているガチの釣り人たちが
自分のタックルを3度見くらいしてきたり、バスみたいに投げるのかと
隣の見知らぬオッサンに呟かれたりするアウェイな環境の中、久しぶりの管釣りをしたのですが、
最近気に入って集めていたパームボールに全くアタリが来ず、
スプーンウォレットを買って付いてきたウサギの糞みたいなスプーンで釣れるという
なんか悲しくなる結果でした。合計釣果5匹ですし。
しかしトラウトでレバーブレーキの性能を堪能できたので充実した釣りだったと言えるでしょう。

変態とバカは紙一重であるという格言が身に染みた一日でした。


こんにちは、べちょーです。

じゅんべえ氏から「今回の管釣りについて書いてくれ!」
とのお達しが来たので書かせていただきます。

自分としては今回の五頭は小さいけれども活性が高い魚が多くて、
パターンもはまってかなり楽しかったです。

あとは多数のバラシさえなければ…
自分の技能のなさを痛感する釣りでもありました。

個人的良好パターン

・中層ただ巻きで金系のスプーンのヘビーローテ。ごり押しともいう。
 特に2.5gくらいの赤金系やオレ金系が良かった。

・後半はボトムバンピングも有効だった。ずる引きに近いボトム付近のただ巻きもgood。


感じたこと

・当たり前だけど同じポンドでも場所によって釣れる魚の種類が違う。
 今回自分が釣ったポイントでは比較的活性は高いがサイズの小さい魚が多かった。

・活性が高くて小さい魚にはフラッシングがものすごく効く気がする。
 サイトフィッシングしてると金系のルアーを追ってくるのは8割がたスモールサイズだった。
 (でかいやつも見向きはするが追ってはこない。)

・ペレットによって魚の活性にスイッチが入ることもあるかも。
 (ばらまいた直後ではなくて、その後の活性のこと)

・レンジを保つことは大切。
 一定のリトリーブは釣りの技術のすべての根幹だと改めて感じた。

・70㎝のロッドにC3000HGのレバーブレーキは変態だと思う。いい意味で。


管釣りでは広報のo氏と近い場所で釣りをしていたのですが、あの様子は本当におもしろかったですwww
隣でスーパーテトラをみょーんと曲げて魚をかけているo氏を見てると
自分の中の管釣りのイメージがゲシュタルト崩壊しそうでした。

ぜひレバーブレーキを極めてほしいと思います。
もしかしたら「激短ロッド+レバーブレーキ」が管釣りで流行る日が来るかもしれないですしねww

では、この辺で。
絶対また行くぞー!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/119-99e0b7c1