こんにちは。
べちょーです。

もう季節は真冬ですね。
寒いし、大学もテスト期間に入っているためなかなか釣りに行けません。
ホームも今は閑散としてますし…

ということで、お茶濁しの外道紹介をすることとしましょう!

今回はコイツです!
牛タン



あ、画像を間違えました。こっちでした(;´▽`A``
ウシノシタ

はい。茶番でしたね。
キス狙いで投げ釣りをしてると、たまに釣れる外道、「ウシノシタ」です。
ルアーマンの方はあまり見かけない魚かもしれません。
画像の魚はたぶんクロウシノシタだったと思います。

この魚もまさに外道らしい地方名がついておりまして、
瀬戸内地方で「ゲタ」、九州では「くちぞこ」「つぞこ」(靴底の意)、
ここ新潟では体を倒して地を擦って移動する姿から「ねずり」「ねずら」(寝擦りの意)なんて呼ばれてます。

地方名だけでなく、なんと英名でもsole(靴底)なんて呼ばれる始末。
まぁ、確かに似てますよね。特に靴の中敷きと比べるとこの呼称にも納得します。
クツノシタ(敷き)


キス狙いでこれが釣れてくると結構ぎょっとしますよね。
私も始めて釣ったときには「何じゃコイツ!?」と思いました。もう慣れましたが。

見た目は食べてもまずそうな魚ですが、案外おいしい魚です。
調理法は基本カレイと同じように内臓を出して、ムニエルや煮つけにすると美味です。
そもそもヨーロッパでよく食べられるシタビラメの仲間なので、
外見だけで敬遠して食べないのは結構もったいないですよ。


釣れた際にはほかの魚と別個にビニール袋か何かに入れて、
クーラーボックスへ保存することをお勧めします。
この魚を直につかむとわかると思いますが、この魚は黄色い粘液を出します。
適当にクーラーボックスに突っ込むと場合によってはその中がまっ黄色になりますよ…


はい、今回はこの辺で。
ウシノシタ類は見分けるのが結構めんどくさいです。
その辺にも触れたかったのですが、あまりに長文になるのでやめときます。
気になる人はググってみて下さい。

とにかく今は寒いので、お互い風邪やインフルエンザ等に気を付けて生活していきましょう。
では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/116-7ed883e3