こんにちは。じゅんべえです。またまた年券の元をとるために、知り合いの方と神流川に行ってきました。

釣行日 3月15日
時間 10時~17時
場所 神流川
天候 晴れ
気温 2度4度3度
ロッド 5フィート
リール C2000S
ライン ナイロン3ポンドクリアー
ヒットルアー コータックヤマメ3グラム金 コンデックス4グラム緑金
釣果 ヤマメ12~25㎝ 20匹

 今回は空だけみるとポカポカ陽気で、この時期としては最高の日だと思っていたが、車から降りるとその寒さに驚いた。今日は厳しいかなと話しながら二人で釣り上がっていくがなかなか自分は釣れない。自分はスプーンで、同行者はミノーで攻めていったのだが同行者が開始早々2匹釣り上げた。平日ということもあり、それほど混んでいなかったので、大きな淵、トロ場だけを点々と釣り、車でランガンの釣りとなった。結局、16時に帰る予定だったので最後のポイントを釣って自分は7匹、同行者は約15匹で終了となる‥はずだった!!
 帰り際に川で魚を捌こうとすると、ナイフが無いことに気付き最後に行ったポイントにナイフを落としたかもしれないと思い探しに戻った。無事、ナイフは見つかったのだが、そこである衝撃シーンを見てしまった。成魚放流である。20~25センチのヤマメが大量にバケツで放流されている。それを見た同行者が言った。「‥‥狩るぞ‥‥‥。」それから約1時間の逆襲が始まった。完全なサイトフィッシングで魚の目の前を通せば高確率で食わせられた。これまでの厳しさが嘘のような釣れっぷり。最後のパラダイスを楽しみ帰路に着いた。


 今回学んだことは、
①ミノーとスプーンの使い分け
②放流直後の魚の動き
である。

①について
 一般的にミノーは激しい動きによる強いアピール力で高活性な魚を寄せて釣っていくことができる。対してスプーンはスローな動きでアピール弱め、低活性な魚に何度も見せて食わせるというような釣りが得意と言われている。ところで今回、スプーンの使い方でストップ&ゴーやトゥイッチが効果的な場面が多かった。ただ巻きより明らかに魚が追って来たし、食わせることもできた。アクションをかけることでアピール力を高め、ミノー的な使い方もできると感じた。さらに、ミノーだと2回までしか追わない魚もスプーンだと15回位追ってきたりもした。スプーンの擦れ難さを強く実感した。ただし、渓流のルアーフィッシングの基本は高活性な魚をテンポ良く拾っていきながら、変わっていく景色を楽しむことだとも同行者は教えて下さった。同行者は盛期になると、スプーンに換えて粘れば釣れると分かっている場合でも次のポイントで次の高活性な魚を狙うようにしているようである。その方が楽しいし、一日の総釣果は多くなることも多いらしい。ルアー交換について質問すると、盛期はミノー1種類しか使わない日もざらにあるとのことだった。

②について
 放流直後のヤマメも水温差に適応するまでは動きが鈍く、釣りにくい状態があることを身を持って体験した。ただし、やはり魚が大量に見えていたので、攻略は簡単だった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/11-bf96d4f7