こんにちは べちょーです。
大変更新が遅れ申し訳ありません。
毎日実験やその他レポートに追われなかなか更新できませんでした。
ということで、さっそく本題に移りたいと思います。


今回の外道さんはこちらです!


石鯛


ご存じ、磯の王者とも呼ばれる石鯛です。
…ええ、皆さんの言いたいことは何となくわかります。
「外道じゃなくね?」と思っている方が大半だと思います。
確かに大きい石鯛はそのヒキの強さからわざわざ荒磯に出かけて
ウキ釣りやフカセ釣りで狙う方もいるくらい、有名なターゲットフィッシュです。


が、この画像のような小さい石鯛は、
正直「釣れてもこのサイズじゃあなぁ…」とお思いになられるのではないでしょうか。
と、いうことで今回は小さいものに限って「外道」とみなすこととします。


…釈明にこんなに行数を使ってしまったΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


イシダイはまだ縞模様がはっきりしている小さいころは「シマダイ」や「三番叟(さんばそう)」などと呼ばれます。
三番叟というのは歌舞伎の役名からきているそうです。(三番叟を踊る役者さんの衣装がイシダイに似ている)

ちなみに私の地元では「ナナキリ(ナナギリ)」なんて呼ばれています。
その名の通り七つに切ったような縞模様がついているからでしょう。

またオスは大きくなると縞模様が消え、口のあたりが真っ黒になるので「クチグロ」とよばれるようになります。

実は大きすぎるイシダイは独特のにおいがあり、さらにはシガテラ毒まで持っていることもあるのであまり食用には向いていません。
一般的に食用としては40㎝位がちょうどよいサイズと言われています。


さて、上の写真のイシダイはブラクリで釣ったものですが、小さいものに限っては別の方法でも釣ることが可能です。
それは「サビキにイソメをかける」方法です。

前回のウマヅラハギもこの方法で釣りました。
疑似餌にエサをつけるというかなり邪道な方法ですが、この方法、とてつもない種類の魚を釣ることができます。
いままでこの方法で、アジ、サバ、カマス、ウマヅラ、ハナダイ、アイナメ、クロダイ、クロソイ、メバル等々
いろんな魚を釣ってきました。
まぁ、主に小物ばかり釣れるので、暇つぶしとしての釣りでしたが。
海底に住む魚(カレイ、キス等)以外は大体この方法で釣ることができます。

もし、「あーなんも釣れねー」というときがあれば、お試しあれ。
何かは釣れると思います。(確率が一番高いのはフグですけど)

最後に、ここまで書いてきて言うことではないですが、一般にイシダイは大きくなるのにかなりの年数がかかります。
(食べる適正サイズの40cmになるまでには約6年)
ですので小さいイシダイが釣れた際は、できればリリースしてあげてください。
私は30cm以下のイシダイはすべてリリースすることにしています。
大きくなって帰ってきてくれるように願いましょう。

ではまた次回。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://newriverruns.blog.fc2.com/tb.php/108-ac3e9c50