2017.06.21 4日連続釣行!
久しぶりに4日連続でのんびり釣りをするという大学生らしいことをしました。R32です。
4日分の釣行を簡単にまとめておきたいと思います。




日時:6月17日(土)10時00分~15時00分
天気:曇り
場所:k浜
波:少しあり
濁り:少しあり
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:掛けキス6号の4本鈎、SUNLINE BASIC FC2.0号、GOSEN ホンテロン 0.8号 KAISO天秤15号
エサ:ジャリメ(前日に釣具屋で600円分購入)
釣果:シロギス×約70匹(鈎を飲み込まなかったピンはリリース)、メゴチ×6匹
サイズ:Max約20 cm、平均サイズ約12 cm
釣行者:R32、Tony





9:30頃に釣り場に到着。週末なだけあって、平日の5倍ほどの釣り人がいました。


しかし、お昼近くになるとだんだん人も減ってきたので、移動しながらなんとか数を稼ぎました。
Tonyが良型を釣っただけで、ほとんどピンに近い状況でした。

14035.jpg







日時:6月18日(日)9時00分~13時00分
天気:曇り
場所:k浜
波:ほぼ無し
濁り:少しあり
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:掛けキス6号の4本鈎、SUNLINE BASIC FC2.0号、GOSEN ホンテロン 0.8号 KAISO天秤15号
エサ:ジャリメ
釣果:シロギス×22匹(鈎を飲み込まなかったピンはリリース)、メゴチ×4匹
サイズ:Max15 cm、平均サイズ約12 cm




土曜日に9時30分ごろに釣り場に着いたら、結構な人がいたので前日より少し早めに家を出ました。
が、土曜よりも人が多く、結局土曜よりも釣りがやりづらい状況でした。



14105.jpg




まとめ(土、日)
・一か所でやってるとペースが落ちてくるので、こまめに移動したりキャスト方向を変えるべきだと感じた。

・ジャリメの保存状態が悪かったのか、すぐに弱った。購入した状態のジャリメを餌箱(木箱)にそのまま入れて、海藻を入れてクーラーに入れていた。帰宅したら冷蔵庫に入れていた。

・テトラ帯の横にとめて、待ったりシェイキングすることで良型がかかると去年やおととしの釣行で聞いたので試したが、今回の釣行に関してはフグやメゴチがかかる確率が高くなるだけの印象を受けた。








日時:6月19日(月)17時00分~19時00分
天気:晴れ
波:ほぼ無し
濁り:少しあり
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:掛けキス6号の4本鈎、SUNLINE BASIC FC2.0号、GOSEN ホンテロン 0.8号 KAISO天秤15号
     安いサビキ仕掛け 鈎8号 幹糸3.0号 ハリス2.0号
エサ:ジャリメ
釣果:シロギス×17匹、アジ×5匹
サイズ:Max19 cm、平均サイズ約15 cm


この日は新入生がすでにポイントに入っていました。彼らはライトタックルで手前を探っていたので、ショアジギロッドで少し飛ばして探りました。すると確実に土日よりも型のいいキスがかかりました。








そして三投目
その日初の四連を達成し、仕掛けを回収しようとすると・・・




グン!グン!と明らかにキスとは違う引き!!仕掛けが切れないように様子を見ていると、





細長い魚体が目の前を横切った!
・・・・ダツでした。
以前、キスにダツが食いついた時は、キスの胴体を持っていかれたのですが、今回はダツだけうまく外れてくれました。




一番下についていたキスに食いついたようですね。
14403.jpg
そのキスには噛みつかれた跡が!
陸にあげた時点でこのキスの息はありませんでした。ダツに噛みつかれたキスなのでなんとなく嫌でしたが、捨てるのも気が引けたので結局持ち帰りました。










途中から新入生(ちびきくん)も遠投する方向に変え、釣果を伸ばしていました。

無題
いつもだいたい釣り場にいるちびきくん




14274.jpg
最終釣果

日の入り直前はサビキを投げてました。
久しぶりのアジで興奮!






日時:6月20日(火)18時30分~19時40分
天気:晴れ
波:ほぼ無し
濁り:ほぼ無し

・投げサビキタックル
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:安いサビキ仕掛け 鈎8号 幹糸3.0号 ハリス2.0号
     
・チョイ投げタックル
ロッド:8.6fくらいのシーバスロッド
リール:DAIWA LUXEL-V 4000
仕掛け:掛けキス6号の4本鈎、SUNLINE BASIC FC2.0号、GOSEN ホンテロン 0.8号 拙者天秤10号オモリ

エサ:ジャリメ
釣果:シロギス×1
釣行者:R32、友人









学部の友人が一緒に釣りをしたいと言ってくれたので、
残りのジャリメで研究室終わりに日が沈む直前だけでもやろうと、入りました。



現地について速攻でタックルを準備、とりあえずアジを釣ろうとサビキを30分ほど投げ続けました。

アタリはあるのですが、まったく乗らない。

5回ほどあったアタリのうちの1回はノるがすぐにバレました。



それから友人の分のチョイ投げタックルを準備。

投げさせてみるも、仕掛けは大きく右にそれて飛んでいきました。

だがかえってそれが良かったのか、着底直後に大きなアタリが! 

回収してみると良型のキスでした。




エサもすぐ終わり、日も暮れたのでその一匹だけでさっさと撤収。


よくよく考えたら俺はボウズか・・・
でも友人が初めてピン以外のキスを釣って喜んでくれたようなので良しとします。
塩焼きにしておいしく食べたそうです。



まとめ(月、火)
・月曜は外に向かって遠投が良かった。フグなどの外道はかからなかった。
・火曜は外ではなく内側で、先端から割と近いところだった。
・となりでやっていたちびきくんと自分とのアタリに対するノリ率には大きな差があった。
鈎の号数は同じだったと思うので、鈎の種類の問題か?形状も似たものだったので素材や加工の違いが大きいのか。ちびきくんは安かった仕掛けを買って使っていたらしい。
・アジに関してはほぼ一か月ぶりに釣ったが、型は落ちていた。月曜はそんなにノリが悪いと感じなかったが、火曜はほぼ全くノらなかった。アジのサイズダウンに合わせてサビキの鈎の号数を下げることを検討したい。
・キスの方は火曜はほとんどやってないのでわからないが、月曜だけなら土日のポイントよりも数も型も良かった。釣行時間の影響もあるかもしれないが。
・4日目のジャリメはほぼ死んでおり、切れまくりだった。先に書いたが、保管方法の改善の余地あり。
・月曜は反応が良さそうだったので、エサが小さくなったまま投げたらアタリがなくなった。回収して大きめの餌を全ての鈎つけたらすぐかかった。
・次回からはとりあえず鈎数を5本にしてキス釣りに臨みたい。




後日、奈良くんが素敵な記事を更新してくださることを期待しています!

スポンサーサイト
こんにちは、R32です。なんと!釣りに行くのは2週間と4日ぶりです‼

釣りサーに興味を持ってくださった学部2年の方(S.T君)を引き連れ、k浜に行ってきました。



日時:6月7日(水)14時30分~18時40分
天気:曇り
波:無し
濁り:無し
風:陸からの風で特に問題なし
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:掛けキス6号の4本針、SUNLINE BASIC FC2.0号、GOSEN ホンテロン 0.8号 KAISO天秤15号
エサ:ジャリメ
釣果:シロギス×約30匹(針を飲み込まなかったピンはリリース)、メゴチ×1




先行者の邪魔にならないよう、距離をとって準備。





そして、一投目…

_20170608_111011.jpg




それからしばらくして同行していたS.T君も初シロギスを釣り上げました。
S.T君はちょい投げ2回目で、キスを釣ったのは初めて(おそらく)。
sketch-1496843278087.png




私の方は3投目から反応が悪くなり、移動したりキャスト方向を変えるなどして、数と型を伸ばそうとしました。






そんなこんなでやってるうちに今度は学部の友人が2人合流しました。(16時30分)

タックルを貸すと一投目で高切れし、天秤と仕掛けが遥か彼方へ…

手元にあったのは、以前拾った軽めの天秤のみだったので、それで彼らに釣っていただくことになりました。



sketch-1496842733363.png
ピンですが、喜んでいただけたようなので良かったです。



1496833814986.jpg
最終釣果


学部の友人の提案で、釣ったキスは例のごとくW君の家で調理させていただきました。
キス天も大変気に入っていただけたようで幸いです。Wくんありがとうございました。






まとめ
・数も型も最初のほうが良かった。澪標さんのお話でも、昼間のほうが型がいいとのことだった。
・6号針を使ったが、それでもピンはかかった。
・エサのたらしは約1 cm。特に変えたりはしなかった。
でも後半はアタリに対するノる率が下がり、釣れてもピンばかりだったので、多少ピン除けにはなったのではないかと考えられる。
・前回は仕掛けの予備不足だったが、今回は天秤不足だった。◯平には20号未満のKAISO天秤が置いてなかった。(品切れ?)
・最近、ヒラメやマゴチの釣果をよく見るので、かかったキスに食いついてくるかと思ったが、特に反応なし。
・手前にかなり小さいベイト(稚鮎?)がいた。仕掛けを早めに回収したらキス針にスレ掛かりした。
・S.T君のほうが明らかに反応が悪そうだったので、開始から一時間程して、自分と同じ仕掛けを使ってもらうことにした。するとS.T君も一投目から釣れだし、その後もぽつぽつではあったが釣れていた。仕掛けを変えるまではそもそもアタリがほとんどなかったようなので、2本針から4本針に変わったのが良かったのか。詳しくは見てないが、S.T君は流線針2つの仕掛けを使っていたようだった。飛距離はパッと見、私の距離と比較して10:7くらいだった。貸した天秤は10号。





DSC_0095.jpg
お土産にW君宅の冷凍庫に眠っていたワラサとサバをいただきました。
後日、おいしくいただきます。ありがとうございました!