日時場所:12月22日  7時~9時半 焼肉ロッヂ
              10時~12時 O氏宅
       12月23日 1時~5時 カラオケ

やっぱり釣りサー忘年会に出ないと年は越せない!!

1451139234303.jpg
今年も根係さんがマグロを持ってきてくださりました!
ありがとうございます!

1451139263893.jpg


1451139258746.jpg


1451139269070.jpg


1451139327400.jpg
わたなべくんがケーキを2ホールも持ってきてくれました!

1451139344811.jpg


1451139303770.jpg


1451139337385.jpg
ケーキをわしづかみ!
ワイルドですね~

1451139308705.jpg


1451139364410.jpg


1451139371984.jpg


1451139381061.jpg


1451139388306.jpg


1451139395290.jpg

焼肉ロッヂで腹を膨らませすぎたのは良くなかったですね・・・・
前回記事のハタハタも食べましたが、一年ぶりでとってもおいしかったです!!
マグロもおなかが空いているときにじっくり味わいたかったです。根係さん本当にありがとうございます!!

参加してくれた皆さん、準備してくださった皆さんありがとうございました。
これで年が越せますね!!
スポンサーサイト
 こんにちは。 じゅんべえです。

 昨年から始まった、山形ハタハタ釣り遠征に今年も行ってきました。
メンバーは地元民べちょー、OBのMさん、じゅんべえの三人です。

昨年は大きな群れにあたらず80匹ほどの釣果で終わってしまったので、今年こそは爆釣を!と気合を入れて臨みました。

 12月20日午前7時半 新潟県新発田市を出発し、下道を使って3時間半位で目的地の酒田北港に着きました。
昨年とはうってかわって風は穏やか、波も低く気温も高いです。

これはイージーモードだなと思いながら釣り人の様子を見てみると、なんと誰もハタハタを釣りあげていません。
結構な数の人が懸命に竿をしゃくっていますが、一匹も揚がりません。

地元のおじさんの情報を地元民べちょーの通訳を通して聞くと、前日は午後からポツポツ釣れたが今日は全くダメ、どこにもハタハタはいないということらしいです。
そんな訳ないだろ!と思いつつ、とりあえず昼飯を食ってから酒田北港で1時間ほど竿を出しました。
しかし‥気配なし。 爆釣の情報がでていた秋田方面へ向かうことにしました。

 Mさんのナビと2ちゃんの情報に助けられながら、秋田のH港に着きました。
しかし、ここでも沢山の釣り人がいるにも関わらず、ハタハタを1匹も見ることが出来ず、さっさと移動を決意。

 次に、車で10分程の距離にあるM港に到着。
車をとめる場所を探していると、なにやら白いポリタンクを重そうに持って帰ってくる釣り人がいます。その中に確かに大漁のハタハタのシルエットが見えました。これはいける。一気にやる気が満ちていき、堤防につくと目の前でハタハタが宙を舞っています。さらに体が熱くなります。

ちょうど釣りを終えて帰る人たちのスペースに入れてもらえて仕掛けをたらすと











ガガン!!

一年ぶりの再会を果たしました。

そこから2時間、3人で黙々と釣り続け、22リットルクーラーは満タンになりました。
最高の疲労感です。

20151220182650.jpg
image1.jpg


 この後、翌日もクーラーを使うため、ハタハタをべちょーの実家におかせていただきました。
夜遅くに、いきなりお邪魔し、流しを借りて内臓を処理し、
冷蔵庫を一杯にするような無礼行為を許してくださったご家族の皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。 そして申し訳ございませんでした。

 
 二日目

 前日と同じくM港で9時半から始めますが、月曜なのにも関わらず、前日より人が多く釣り座がありません。
まったく、釣り人の行動は訳わかりません(我々含め)
どの釣りも情報戦の時代だとつくづく感じます。
 仕方ないので空いていた端で釣り始めるとポツポツは釣れます。
今日は数よりも楽しさ優先と決めていたので、各々遠投したり新しいポイントを探ったりしながら釣果を伸ばしていきました。
午後2時くらいまでやり、仕掛けが切れ、雨も強まってきたので、ここで納竿しました。
のんびりやったとはいえほぼクーラー満タンになり3人とも大満足で帰路につきました。

釣行データ

日時12月20日 11時~18時 (1匹目が釣れたのが16時)
    12月21日 9時半~14時

場所 酒田北港→H港→M港
 
天候 一日目 曇り 二日目 曇り後雨

波 1日目はややあり 二日目は凪

仕掛け ハタハタサビキ8号5本針+ケミホタル オモリ6号~10号
 
釣果 二日間合計600匹オーバー(推定40キロ)

釣行者 Mさん べちょー じゅんべえ

感じたこと等追記お願いします!!

こんばんは、Nです。
今回はササシューさんに管釣りに連れて行っていただきました!
ササシューさんは管釣り初挑戦、なんとビギナーズラックで・・・

さらに釣りサー創設者であるダイさんがいらっしゃってくださりました!!

場所:五頭フィッシングパーク
日時:12月20日 午前
天気:晴れ
風:ややあり
水の濁り:ほぼクリア

釣行者:ダイさん、ササシューさん、こまつさん、N、ならくん、R32、saitoくん

タックル(N):
ロッド SILVERNA BROS KR 60UL "RED"
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン デュエル ARMORED アジ・メバル 100M 0.3号 MP
1450598377186.jpg

リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb

感じたこと
・去年もそうだったが大会のために放流されていて、前半1時間くらいはかなり活性が高かった。
PAL赤金1.6gで10匹以上釣れた。

・1時間以上たつと高活性も落ち着いてきて、渋い釣りに。
かといってクローザーがいいかというと自分はあまり釣れなかった。
表層なども試してみたがイマイチ。結局PALのローテーションで数を稼いだ。

・先週と同じく、ボトムすれすれ、ズル引きがよかった気がする。

・ルアー着水と同時にアタリがあることが多かった。

・うまい人はクランクで数を伸ばしていた。
クランクでも釣れるようにしたい。

・最後1時間はこまつさんと勝負に。
ボトムバンプで渋い中釣り続けたこまつさんに釣り負ける。
結果、N28対こまつさん30~でした。

・ヒットカラーは茶色などペレットカラーがよかった。

以下写真
1450598369223.jpg


1450598363809.jpg
早速ササシューさんにもヒット!!
何も教えなくてもじゃんじゃん釣っていましたね!

1450598357875.jpg
ならくんは、変態ルアー&マスレンジャーで釣りました。

1450598336856.jpg
ダイさん、R32ダブルヒット!!

1450598323038.jpg


1450598330144.jpg
大きいのが釣れてよかったです!
イクラ持ちだったようで、寿司にして食べたらかなりおいしかったそうです。

1450598315738.jpg


ササシューさんは今回の管釣りではまってしまい、一緒に本間へ行き、僕と同じシルバーナブロスを買いまいした。
また行きましょうね!!

ダイさん、お土産もいただきありがとうございます!忘年会でみんなでいただきますね。
またご一緒できればと思います!!

こんばんは、Nです。
今日は午後から五頭フィッシングパークへ行ってきました!!
月曜日だし、午後からだし、10匹釣れれば御の字かなぁと思っていましたが・・・・

日時:12月14日 午後の部
天気:晴れ
風:ほとんどなし
水の濁り:少しあり
タックル(N):
ロッド SILVERNA BROS KR 60UL "RED"
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン シルバースレッド アイキャッチPEⅡ 0.3号 3lb
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 2lb

釣果:N20 こまつさん17~ じゅんべんさん10~

感じたこと
・初めてじゅんべえさん、こまつさんより釣果が出せた。
どのようにして考えていったか記しておきたい。

1、PALの中層巻で最初はヒット。
数が伸ばせないのでボトムに移行。

2、困ったときのメビウスのボトムバンプで釣れず。
目の前をたむろする魚群の反応からボトムの反応がいいことを確認。

3、たまたまメビウスのボトムバンプ中に底をズル引くことになったときヒット!
目の前のたむろしている魚たちもズル引きの反応がいいことを確認。

4、PALで遠投、カウント12で着底、ズル引き開始。
PEタックルなので底を擦ってるのがわかる。

5、ボトムズル引きで釣れ続く。
前あたりはそんなになかった。
気付いたらかかっているという感触。

6、若干スレてきたと感じたので、本間で安売りしてたDAIWAルパン1.2g中層巻き開始。
黄色が反応○

7、さらに表層でマーシャル1.2gを巻くも1匹のみ。

その後PAL底ズル引き→巻き上げ、巻下げ→ルパン中層巻き→マーシャル表層巻きをローテーション。
一番いい反応なのは、やはり底ズル引き。

8、夕マズメ、こまつさんが大きめルアーで連発するのを見て、MIU2.2g水色使用。
底付近で釣れる。

【なぜ二人よりも釣れたか?】
・ボトムズル引きがパターンだったか?
←同じくPALを使い続けていたじゅんべえさんの釣果が伸びなかった。
ただしじゅんべえさんは、ボトムズル引きをしなかった。

【キャスト切れについて】
2lbにしたので、指に引っかかってミスキャストしとき切れた。
それ以降森田さん式キャスト(スプールのエッジに指を当てるキャスト)をしたところ、ミスキャストなく釣りができた。

【ピンオンリールについて】
リリーサーに使用するため、本間で100㎝伸びるピンオンリールを買った。
今まで地面においていたので、ピンオンリールを使うとかなり手返しがよくなる。(勝手に戻ってくれるから)
ただし、じゅんべえさんのバリバスエリアドライブのリリーサーは自重によってぶらぶら垂れ下がってしまった様子。
ハサミも100均のピンオンリールを付けた。

以下写真
1450103195937.jpg
尾びれが発達していてサイズのわりによく引いた。

1450103200933.jpg
大物キャッチ!!

1450103217187.jpg
ヒットルアー
上に行くほど釣れたやつ。

1450103223222.jpg
マスはフライに。
じゅんべえさん自作のタルタルソースがうますぎたんだぁ~

人より釣れた時の優越感・・・・これがあるから管釣りはやめられない
今回は正直たまたまパターンを見つけられただけだと思うので、謙虚に精進してまいりたいと思います。


来週も行きたい!!!!
こんばんは、Nです。
2日目は川場フィッシングプラザへ行ってきました!前回の群馬遠征では思うように釣果が出ず、今回こそは!と思い向かいました。
前日は大物釣り大会が行われていたようで、残りマスが釣れるかなと思いましたが・・・

場所:川場フィッシングプラザ
日時:12月7日 一日券 7:30~17:00
天気:晴れ
タックル:ロッド BEATRiCK TYPE R
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン シルバースレッド アイキャッチPEⅡ 0.3号 3lb
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb
釣果 じゅんべえさん 20~
    N ~15
大物合計6匹

【感じたこと】
・朝はガイドが凍って釣りにならなかった。

・大物に備えて、3lbリーダーにした。
大物とのファイトで切れることはなかった。PEは安心感がある。

・昨日の奥利根に引き続き、パルの反応がよかった。
特に大物はほとんどパルで釣れた。

・クローザーは、小さいマスが追っては来るものの、手前で反転してしまう。
巻きスピードがあっていないのか?

・放流は午前中一回のみで、対岸でやっていたためあまり放流の恩恵を受けなかった。
それでも放流マスは釣れるには釣れた。

・うまい人はコンスタントに釣り上げていった。この差はどこにあるのだろうか。
マンツーマン指導していただきたい。

【写真】
1449759956276.jpg
開始から1時間もしないうちに大物ヒット!



1449759970944.jpg


1449759977201.jpg
自分にも来ました~

1449759988329.jpg
40センチのイワナ!
渓流で釣ってみたい。

1449759994768.jpg
おっととと

1449760024150.jpg
見えマスはたくさんいるのだが・・・・

1449760033285.jpg


1449760048111.jpg
オスの大物ニジマス。こいつはお持ち帰り。

1449760056754.jpg
イクラが入っていました!!

1449760062816.jpg
イクラ丼・・・・うますぎ・・・・

2日間、前回の群馬遠征よりも1投を意識して釣ることができました。
前回は花粉症と引き換えにボトムの釣りを得ましたが、今回は何を得たのでしょうか。
また五頭FPに行ったときに検討したいですね。

二日間お世話になりました!!じゅんべえさんとご家族に感謝です!!
... 続きを読む

こんばんは、Nです。
最近は、管釣りに対して壁を感じていまして、釣りサー内で管釣りに行ってもだいたいみんな同じような釣果でした。
そこから一歩抜きんでるためには、どうするべきか・・・・それを考えるために群馬遠征しかない!とじゅんべえさんに連れていっていただきました。

1日目はおくとねフィッシングパーク、2日目は川場フィッシングプラザへ行きました。
日本イワナセンターに行くことも考えましたが、情報が少なすぎるので、安全策をとっておくとねにしました。

ここでの目標
一投に意味を持たせる

場所:おくとねフィッシングパーク
日時:12月6日 一日券 7:00~17:00
天気:小雨→晴れ
タックル:ロッド BEATRiCK TYPE R
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン シルバースレッド アイキャッチPEⅡ 0.3号 3lb
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 2lb

釣果:じゅんべんさん 80匹代

N 50匹代
07:26 クローザー1.1 紫 4カウント
07:36 MIU2.2 オレンジ 3
07:38 〃
08:42 クローザー0.8 ピンク 2
09:07 MIU2.2 トロピカル 3
09:56 クローザー1.1 ニジマス 4
10:45 クローザー1.1 オレ金 3
10:51 クローザー1.1 ニジマス 3
10:53 〃
11:00 パル1.6 赤金 3
11:03 〃
11:10 パル1.6 鉄緑 5
11:17 パル1.6 緑オレ 2
11:18 〃  巻下げ
11:22 パル1.6 ピンク 3
11:26 〃
11:32 パル1.6 グロー 2
11:33 〃
11:40 マーシャル1.2 ピンク 表層
11:48 〃
11:57 パル1.6 赤金 3
12:06 メビウス2.6 ピンク ボトム
12:07 〃
12:10 〃
休憩
13:23 パル1.6 赤金 3
13:23 〃
13:25 〃
13:28 〃
13:29 〃
13:33 〃
13:34 〃
13:39 パル1.6 鉄緑 3
13:44 パル1.6 緑金 3
14:03 ティアロ 緑裏白 2
14:19 〃
14:30 パル1.6 赤金 3
14:48 〃
14:49 〃
14:50 〃
14:51 〃
14:59 パル1.6 鉄緑 3
15:01 〃
15:01 〃
15:12 メビウス ピンク ボトム
15:14 〃
15:17 〃
15:27 クローザー 青 2
16:09 メビウス ピンク ボトム
16:10 〃
16:13 〃
16:15 〃
16:20 〃

一投に意味を持たせるため、釣れたスプーン、カラー、レンジをメモしました。


【感じたこと】
・開始直後は大物ポンドで遊んでしまったが、数釣りポンドでずっとやった。

・パル1.6赤金の早巻きが、放流直後のニジマスにどはまりした。

・1日のうちに、クローザーなどローアピールがいい時間、パルなどハイアピールがいい時間、ボトムがいい時間が混在していた。
釣れないからといって早めにクローザーに移行して、それしか使わなくなると手詰まりする。
後半でもパルを使って有効な時もある。

・ボトムの釣りでブルックトラウトが釣れる確率がかなり高い。
前回の群馬遠征の時よりも型がよかった。成長した?

・この日は、大会の放流も含め3回放流があったので、釣果を伸ばせた。

・ガチの大会でもないのにかなり緊張した。
沈めて待ってから巻き始まるということが、大会ではできなくなる。

・正直数釣りポンドは浅いので、あまりカウントをとる有益性はなかったかもしれない。

・やわらかい竿でPEセッティングにリーダー2lbを2ヒロでやった。
やはりPEは感じる情報が多くて飽きず、面白い。
リーダー半ヒロでやっていた時よりも、2ヒロと長めにとったほうがトラブルが少ない。(結束部の切れなど)

・夕マズメ~暗くなってからの爆釣は特になかった。

・1秒ほどかかって(確実に口にかかっている)、外れる?といったことが多かった。

【大会について】
この日は14:30から早掛けイベントがあったので急遽参戦しました!!
予選は約20人の中から10人早抜けでした。
上記の釣果メモを見てもらえればわかると思いますが、この時までパル1.6赤金が放流魚に対してかなりいいことが判明していたので、勝てる可能性はかなりあると思っていました。
結果、予選はじゅんべえさん4位、N8位で抜けました。
その後じゅんべえさんは決勝に進みなんと1位に!!
おくとねブログデビューを果たしました(笑)
1449759890017.jpg
スプーン(ファクター)と500円分の商品券でした。

【写真】
1449759908044.jpg


1449759918657.jpg


1449759931707.jpg
ブルックなどイロモノ系をお持ち帰り

1449759942644.jpg
かば焼き風にしてみました!

ということで1日目は数釣りになりました。
パターンを見つけて釣れ続けると気持ちいいですね。
一投一投考えながら巻くとまたいつもと違った意識をもってできました。

2日目は川場へ・・・
お久しぶりです。べちょーです。
約1年前、じゅんべえさん、Nくんと
「魚(ニジマス)は色がどうみえているのか」
という点でアツく議論しました。
つきましてはまとめを任せられましたので、考察させていただきます。
(本当は一年前にupする予定だった記事です。編集するうちに伸び伸びになってしまい非常に反省しております)
素人が無い頭をしぼって書いた記事なので誤り等あると思いますがご了承ください…
あと文字ばっかで非常に退屈な記事なのでお暇なときにお読みください。


さて、プロの動画を見ていてもその人によってカラー理論は様々ですよね
魚は紫外線が見えるから紫外線フィルターをかざせばよいとか、
はたまた暖色系と寒色系で分けるべきだ等々…

ですので今回は経験則ではなく、半科学的に考察してみたいと思います。

で、さっそく考察したいのですが…魚がどのように色を認識しているかを知るには、
まずは私たち人がどのように色を認識しているのか知らなければなりません
しかしこのメカニズムが非常に面倒なのです!
ですので、本文はその部分をすっ飛ばして考察しています
本当に中身まで理屈を知りたい方は追記に書いておきました
そちらを参考になさってください
また今回はニジマスに限って話を進めていきます。

では、考察スタートです

まず、ニジマスは色が見えるの?という点について
軽く調べてみたところ、たいていの魚は人間と同じだけの錐体細胞があるようです。
つまり赤色錐体、青色錐体、緑色錐体すべてそろっているということです。(錐体細胞?という方は追記に説明を書いておきました)
ですので仮に魚の脳が人間と同じ仕組みで色に関する情報を処理しているのなら、
ニジマスも我々と同様に色を識別することが可能であるといえるでしょう。
ま、あくまで仮定が正しかった場合の話ですが。

さて、次に「魚は紫外線が見える?」という点について
ニジマスに限って言えば、若魚は人間にはない紫外線を感じる錐体細胞があるようです。
ということは、ニジマスは人間には見えない、紫外線の色が見えているといっていいでしょう。
ただ、大きくなると紫外線を感じる錐体細胞が機能しなくなるみたいなネット文献[2]もあります。
ですので無理やり結論付けるなら
小さいニジマスは紫外線がみえる!大きいやつはよくわからん!といったところでしょうか。

次は「結局ニジマスにとって最も目立つ色ってなんなの?」という点について
参考文献[1]によれば、ニジマスは水中のカラーと同じものは認識しにくいとのことでした。
この結果は人間と同じように色を見ているという結果と矛盾しないように思います。
つまり、人間の目で見たときに水中で目立つ色=ニジマスに目立つ色
でいいのではないでしょうか。
ただ紫外線が見えるニジマスの若魚に関しては一概にそうとは言えないでしょう。
なにせ人間には見えない色を見ているわけですから。

以上、ニジマスと色についてでした。
結局わかったようなわからないような…
ですが、今回色々調べた結果から考えると、やはり魚は色が見えており、
それも人間と同じくらい豊かな色彩感覚があると思って間違いないと思います。
最後におまけで、各ルアーでよく見る色について雑学を述べて終わりにしたいと思います。

蛍光・グロー・ケイムラ・金や銀って何?

蛍光について
日常で蛍光カラーはよく見ますが、あれはその名の通り「光っている」色です。
日光の中では光っていても目立たないのであまり意識することはありませんが…
なぜ光るのかという仕組みはものすっごい面倒くさいので端折りますが、
結局あれは「紫外線を吸収し、可視光に変換して光る」ものです。(本当はエックス線や可視光や紫外線など物によって吸収する光が異なります)
紫外線が蛍光物質に当たって、蛍光物質がその刺激で光るのです。
だから、蛍光物質が出す光の分だけ普通の塗料より目立って見えるのですね。
蛍光物質は様々な種類があるので、その物質によって異なる色の光を出します。だから今はいろんな蛍光カラーがあります。
ちなみにYシャツとかが真っ白に見えるのもYシャツに塗られている蛍光物質が光を出しているからです。
水中でも紫外線はありますので、水中でもほかの色より目立つでしょう。
ただ紫外線が見える魚にとっては私たちが見ている色とは違った色を見ていると思いますが。

グローについて
グロー(夜光・りん光)は蛍光の仲間です。
ただ蛍光と違い、グローは光っている時間が長いため、暗闇の中でも光っているのです。
逆に蛍光が暗い中で光らないのは、光っている時間が短いからです。
紫外線が当たっているときのみ光るのが蛍光で、当たったあともしばらく光るのがグローといったところでしょうか。
やはり、グローも光っているので、魚から目立つという点は間違いないでしょう。
特にナイトゲームはやっぱりグローのアピール力に頼ることになりそうです。

ケイムラについて
ケイムラは「ケイムライト」の略っぽいですね。「蛍光紫」という説もあるようですが。
まぁ、株式会社ヤリエさんのHP[3]を参照するかぎり、結局これも蛍光で間違いないようです。
ですので、これも蛍光カラーと同じようにアピールしているのだという認識でOKだと思います。
強いて他の蛍光カラーとの違いを挙げるならば、「青白く(あるいは紫色に)発光する」という点くらいでしょうか。

について
あのようにピカピカに見えるのは光を反射しているからです。
とくに銀は一定方向にきれいに反射させているため周りの景色が映って見えるのです。
白色との違いは「乱反射」するかどうかのようです。
つまり、きれいに一定方向に光を反射すれば銀、そうでなければ白色といった感じでしょうか。ま、本当はもう少し複雑ですが
金も同じで、一定方向に光を反射すれば金、そうでなければ黄色という感じです。
もちろん魚にとってもピカピカ目立っていることは間違いないので、アピールは強いでしょう。
なぜ放流魚カラーと言われているのかはわかりません。
やっぱりフラッシングで他の色より強烈に目立つからではないでしょうか。


はい、とりあえず各色の科学的根拠を知っていただけたら幸いです。
結局この文章を大きくまとめると、
「人間が見て目立つ色は魚から見ても(たぶん)目立っている。」
といったところでしょうか。
ただ、「結局何色が一番釣れんのよ?」と言われると…
それは各人の経験則を信じるしかない…ですね。お役にたてずスミマセン。
以上考察でした。

参考サイト
[1] 通し回遊魚の視覚のメカニズム
http://salmon.fra.affrc.go.jp/kankobutu/salmon/salmon16_p04-11.pdf
[2] The Visual System of Fish
http://www.troutbum.co.nz/visualmemo.html
[3] 株式会社ヤリエ ケイムライト
http://www.etanba.co.jp/960.html


... 続きを読む
2015.12.01 月曜の午後
 こんにちは。 じゅんべえです。

久々に一人で管釣りに行ってきたので記録を残しておきます。
今回は釣果に拘らず、いろいろと試しながら釣りをしてきました。


日時:11月30日 午後2時~5時 (初のイブニング券)
場所:五頭フィッシングパーク
天気:曇り後雨
風:強し
釣行者:じゅんべえ

タックル 
ロッド ノリーズ アンビシャス61L
リール シマノ ヴァンキッシュC2000S
ライン バリバス エリアマスターリミテッド ナイロン 2.5ポンド
ヒットルアー パル1.6 ノアジュニア1.4   マーシャルトーナメント0.9 クローザー0.8 ノアジュニア0.9
釣果 ニジマス×10以上15未満

感じたこと

・ナイロンラインで、以前のフロロ使用時よりもドラグきつめで釣ってみたところ、アベレージサイズの魚なら、主導権を渡さず(顔を沖に向かせない)にやり取りでき、バレが少ない気がした。(そもそも主導権を渡さないことがバレ軽減につながっているのかは自信ありませんが‥)

『ドラグに頼ってやりとりすること』と 『ロッドの弾性またはラインの伸びでやり取りすること』の違いは、ずばり魚に加速度を付けさせるか否かではないか
どういうことかと言うと、ドラグを使うと、魚の引きがドラグ力設定値を越えた瞬間、ドラグ力が静止摩擦力から動摩擦力に切り替わるが、
静止摩擦力>動摩擦力のため、魚に加速がつき、走る。 

一方 ロッド弾性またはラインの伸びによる復元力は、魚が顔を沖に向けて走り出そうとした瞬間、強く働くので加速を付けさせず、またこちらに向かせることが出来る。
 
特に小さ目の魚の場合、沖に走らせずに一気に取り込んだ方がバレが少ない気がするので、ナイロンラインはそんな状況で効果的な気がする。

(正直、この考えは自信ありません。なんとなくそう感じただけです。ただ、これがファイト時のロッドとラインの角度の考え方にもつながると思ったので、メモ程度に残しておきます。)

・タナはボトム付近でしかほとんどアタリがない状況だった
・大き目のスプーンだとアタリはあってもほとんど乗らなかった(結構アタリは大きい。以前おくとねのサイトで学んだ、突っつくだけのバイトのイメージだった。 ウエイトを0.9クラスにしてスピードを落としたところ、深く咥えて比較的乗るイメージになった。)
・色は何が良いのか全くつかめなかった
・風が強く、水の流れもあったので、ラインのアタリはほとんど分からなかった 
最近は向こう合わせに近い釣りをやっているが、次回の釣りでは、わずかな変化にも巻きアワセを入れる釣りを久々に練習しようと思う
・やっぱり管釣りは難しく楽しい



ここからはNです。
今回の釣りには同行しませんでしたが、料理をしたので写真を載せます。

1448899402678.jpg
ワカサギは天ぷらに、マスは(こまつさんの釣ったもの、こまつさんは午前に五頭に行ったそうです)フライにしました!


1448899411387.jpg
『ロデオクラフト最強マニュアル』
これをバイブルに管釣りを極めます!!



ついでなので新潟大学釣り同好会改め、ラーメン同好会の写真を(笑)
べちょーさんが何十時間もかけて煮込んだ特性とんこつラーメン、鶏がら醤油ラーメン。

1448899437262.jpg
激ウマ!!チャーシューも自作。天才。

1448899449682.jpg
採算度外視で作り上げられた最高のラーメンスープ。

1448899424576.jpg
じゅんべえさんは、6人前のラーメンをたいらげました(笑)
ちなみにこの後のじゅんべえさんの下宿のご飯は、ミートソーススパゲティ・・・・