2015.11.25 少し前の話
こんばんは、澪標です

先日、Nが書いた五頭フィッシングパークのブログの
前日の釣りになります

11月21日
タックル
ロッド:プレッソ60XUL
リール:NEWツインパワーC2000S
ライン:ナイロン2.5lb(オレンジ1色)

釣果:べちょー、じゅんべえ・・・10~15匹くらい
    僕…4匹


感じたこととか
・僕だけ圧倒的に釣れませんでしたその大きな理由として
 カラーラインを使っていたことがあげられる

・べちょー、じゅんべえはクリアラインだったが
 巻き、ボトムともに当たりがあるのに自分は同じようなことをしても
 全く当たりがなかった

・しばらく粘ったが1匹も釣れていないためじゅんべえからの提案で
 3lbのナイロンリーダーを接続した

・そこから何とか4匹かけた。ツインパワーのドラグ性能の良さに
 バラすという感覚を無くすほどである

・渋い状況では、ラインの色で大きく釣果に差が出るような気がした
 今度からカラーラインは使いません。もしくは、リーダーつけます。

・久しぶりにエステルからナイロンにしたが感度がかなり落ちたため
 手先に出る当たりをとる釣りができなかった。
 ラインでの当たりをとる練習をするにはナイロンの方が手感に頼らずよい

・釣れたのはクローザーでの下層スローリトリーブ
 大きめのルアーでのボトムのデジ巻きだった

・まだまだ修行が足りません。ぶっちゃけ久々に自分やっぱめっちゃ下手くそだな
 ってかんじました。手数も引き出しも足りません。

・今冬のうちにもっとクローザー、パル、ノアだけでもっと釣果が伸ばせる釣りができるよう
 群馬遠征にも積極的に行って鍛えたい。すでにタックルで言い訳するレベルではない。


IMG_2045.jpg
じゅんべえ、僕で2匹デカいの釣りました。
じゅんべえが62cm、僕のがたぶん55cmくらい

IMG_2080.jpg
僕のがイクラ持ち、じゅんべえの魚が身がキレイでおいしかったので
前、Nが作った至高の親子丼第二弾を作ってみました。
絶品です!!


釣りに対してもっと厳しく考えること必要性




じゅんべえ追記


タックル 
ロッド ノリーズ アンビシャス61L
リール シマノ ヴァンキッシュC2000S
ライン バリバス エリアマスターリミテッド ナイロン 2.5ポンド
ヒットルアー パル1.6 ノアジュニア1.4   マーシャルトーナメント0.9 クローザー0.8 ノアジュニア0.9

感じたこと

・開始から数分は大型が良く釣れており、自分もその中でパル1.6に大型がヒットした
・表層の反応がほとんどなく、中層~低層の巻きでポツリポツリという釣れ方だった
・時間経過とともに渋くなり最後の2時間ほどはアタリがほぼなかった
・あまり変化を付けずに、基本の一定巻を辛抱強く続けているとアタリがでる印象だった
・しいていうならクローザーのグローが反応が良かった 暗色は今一のイメージ
・水中の水の流れがとても強く、ラインが横に流された また底を引くとゴミが沢山掛かったので難しい釣りだった
・ナイロンを使ったからなのか、この日はバラし2だけだった、次回もナイロンで検証を続けます
・やはりサイトフィッシングでそれぞれのルアーの水中でのイメージを作らないと成長はないと感じた
 →グンマー遠征が必要


 余談
 
 澪標さんは絶品親子丼を作ったので、自分は鱒寿司に挑戦しました!

151123_071151.jpg

こちらも美味でした!!
スポンサーサイト
こんにちは。 じゅんべえです。

車のタイヤ交換のため群馬に戻り、
ついでに(こっちが目的?)丹生湖にワカサギ釣りに行ってきたので報告します。

日時 11月24日7時半~15時

場所  丹生湖 中央ロープ

水深  6~6.5メートル

天候  晴れ時々曇り

風  午前無風 午後2時~爆風

ロッド VARI-28F
リール シマノDDM
ライン PE03号
仕掛け ダイワ快適ワカサギ 2号 8本針
オモリ 3~6グラム
餌 白サシ 紅サシ
釣果 ワカサギ226匹 (10センチ平均で型揃い)
クチボソ約30匹

151124_100852.jpg



始めての丹生湖でしたが、桟橋ではなくボート釣りを選択しました。
水は榛名湖と比べるとかなり濁っています。ヘラブナでもとても有名で、束釣りが可能なほどらしいです。
混み具合はボート釣り10人、桟橋釣り15人位でした。



前日300匹の釣果が出ている、中央ロープにボートを固定し7時半~釣り開始しました。

151124_100910.jpg

朝だからか、最初の20分程は仕掛けをおろした瞬間にアタる状況でした。
多点掛けを狙ったりもしましたが、最大3匹でした。
松田さんのブログ等を参考にして、今までより重めの6グラムでスタートしました。
手返しが良くなることに加えて、
多点掛けを狙う時の食い上げによる仕掛けの絡みを防止してくれるイメージでした。

151124_100955.jpg
151124_101000.jpg


8時~10時位は時々群れが回ってきたときに一気に釣れ、また反応がなくなる繰り返しでした。

無風だったので、オモリを軽くすればアタリが増えるかなと思い、
3グラムも使いましたが、誘い方が悪いのか、良い反応は得られませんでした。

むしろ回遊してきたときに一気にまとめて釣るためにずっと6グラムで釣り続ける方が得策に思えました。

151124_100904.jpg

10時~14時になると、群れが回ってくる頻度が減り、さらにペースが落ちました。
周りを見ると隣の人がゆっくり大きめの誘いで釣っていたので、その真似をしたところ少しアタリが増えました。

151124_130430.jpg

151124_130503.jpg


14時~15時は急に猛烈な風が吹き、落ち葉が水面に漂い、釣りが難しくなりました。
魚の反応もあまり良くならず、周りの人も帰り始めたので15時に切り上げました。


感じたこと等

タナは基本底でしか反応がありませんでしたが、
朝だけは4メートルでも良く釣れました。
魚探があれば魚に合わせて瞬時にタナを変えられると思いますが、
自分は出来ないので、
安定してアタリがある底から1メートル以内で釣りました。


この日はクチボソのアタリが途切れませんでした。
ワカサギとは全く違うアタリ(いきなり竿先が細かく速く揺れる)でした。

ワカサギの型が良かったので2号針を使いましたが、その分クチボソはアタリだけで終わる印象でした。

群れが回ってくればワカサギばかりだが、
そうでないときはクチボソばかりという感じでした。


師匠に教えて頂いた、
反射神経ではなく、パターンで合わせるということが、少しは理解出来ました。

余談ですが、
唐揚げにして食べたらジャリッとしたので良く見ると、白い砂を食べているワカサギが何匹もいました‥

151124_182149.jpg

151124_152931.jpg

もう一回位は結氷前のボート釣りに行きたいですね!!
2015.11.24 結局管釣り

こんばんは、Nです。
11月22日、本当は船釣りに出てコマセ真鯛をする予定でしたが、波の影響で出船できなかったので、代わりに五頭FPへ行ってきました!前日行った組(澪標さん、じゅんべえさん、べちょーさん)からは厳しい釣りになるとのことでしたが・・・・

日時:11月22日 午前
場所:五頭フィッシングパーク
天気:晴れ
釣行者:べちょーさん、稲刈くん、N、R32
釣果:各10匹前後

タックル(N)
ロッド SILVERNA BROS KR 60UL "RED"
リール CARDIFF CI4+ C2000SS
ライン シルバースレッド アイキャッチPEⅡ 0.3号 3lb
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb

【釣行記】
・開始直後から反応が乏しかったですが、前日行った組から渋い旨を聞いていたのでダメージは少なかったです(笑)

・開始から40分ほどで稲刈くんが大物ヒット!
メバルロッドがブチ曲がっていますね~



その後稲刈くんは2回大物をかけました。

・9時30頃べちょーさんにも大物ヒット!きれいなメスでした。

・2回ペレットタイムがありましたが、1回目は何も反応がなくただただペレットが沈む様子に夏の五頭を思い出させられました。
なぜか2回目のペレットタイムあたりからわちゃわちゃしだし、ペレットも勢いよく食べていました。

・ビッグワン中なので劇混みで、誰かが大物かかるとキャストをやめなければなりませんでした。
特に自分はスレでかかってしまって10分近くファイトしてしまい申し訳なかったです。
そのとき親切な方が柄の長いネットを貸してくださり大変助かりました!ありがとうございます!

【考察】
・こまつさんが以前大きめスプーンで大物をかけていたので、MIU2.2gとRAVE2.5gを主体に釣りをしていった。
普段は全くMIUで釣れないが、今回は数匹釣れた。
特に大きめスプーンが有利に働いたとは感じられなかった。
R32はクローザーで釣果を伸ばした。

・クランクでは全く釣れなかった。
べちょーさんもクランクではあまり釣れなかった様子。
大きなミノーを付けている人もいるが釣れていたのだろうか。

・表層での反応はなかった。
中層~底層でほとんど釣れた。前日とほぼ同じ状況。

・べちょーさんは、前日に引き続きボトムバンプによって釣果を伸ばした。
自分は、ボトムバンプで釣果を出せなかった。

・スプーンの色に関して、稲刈くんは、地味系でよく釣っていた。
自分は、光物系と地味系で半々の釣果だった。

・大きめスプーンを遠投して、フレッシュなスレていない魚をねらったが、特に効果はなかった。

【写真】
1448362411400.jpg
稲刈くん

1448362418620.jpg
べちょーさん

1448362429770.jpg
N

1448362436919.jpg
今日はおしゃれにカルパッチョにしてみました!
残りは漬けにして、締めのお茶漬けにしました!
みりん、しょうゆ、さけを大さじ2杯ずつで漬けました。

こんばんは、Nです。

最近はちょうど釣れだす時間帯に、講義だのゼミだので運悪く帰ってしまい後から釣果を聞いて悔しい思いをしていたので、場所も変えつつ一日中釣りをしてきました。
今回の釣りの目的は・・・・メタルラインの釣りを経験することです!!

日時:11月15日 午前8時~11時頃 T港
           →移動(M港)
           12時頃~7時頃 ホーム
釣行者:じゅんべえさん、N
釣果:カタクチイワシ400匹Over?
アジ6匹 カマス2匹 サバ2匹 メバル1匹 サゴシ1匹
天気:雨のち曇 風:静穏→ホームでは爆風

タックル
【述べ竿】
竿:万能へら 景天峰 270
道糸:メタルライン
(神通川釣行で余ったやつ)
仕掛け:トリックサビキ3号

【ショアジギング、投げサビキ】
ロッド:ダイコー ジャークナイト S1002M
リール:13バイオマスターSW4000XG
ライン:剛戦Xsw 1.2号
リーダー:銀鱗 ナイロン12号
ジグ:100均ジグ、メタルサンダー40g
投げサビキ:ハリ8号、ナスオモリ8号

【釣行記】
・最初はT港へ行きました。かるーく内湾の様子を見てからまずはショアジギング。
まわりで釣れている様子もなく、アタリもないので2時間もしないうちにやめました。
一応投げサビキでカマス1匹ゲット。

・ここで本来の目的である内湾でアジ釣りする予定でしたが、そこにいたのはカタクチカタクチカタクチ・・・・
カタクチイワシばっかりでアジの姿見えず。特に排水口付近にうじゃうじゃいて1000匹釣るのも容易そうでしたがカタクチばっかり釣ってもしょうがないのでM港へ。

・M港では内湾の様子だけ見て、魚影を確認できなかったので速攻で移動。
やっぱり最後はホームへ。『ホームを裏切るものはホームに裏切られる』

・ホームでは、じゅんべえさんがだいたい1時間に一本釣るペースでサゴシが釣れました。
僕も投げサビキで、小アジやら、カマスやら、メバルやらを釣りつつサゴシゲット。
サゴシの釣り方なんて忘れてしまうほど久しぶりでしたが、とにかく釣れてよかったです。
引きは思ったより強くなく残念。

・午後3時以降の爆釣も起こらなかったので、5時くらいにはホーム内湾常夜灯下で再びのべ竿サビキ開始。

・釣れるのはやはりカタクチばかり・・・とここでじゅんべさんに本命ヒット!

じゅんべえさん「抜くよ、抜くよ、抜くよ!!」N「ハイ!!抜いてください!!」「おぉー!!」
じゅんべえさん「このサイズであんな引くの!?」
とても小アジ釣ってるとは思えない会話(笑)

かけた直後は完全にのされましたね(笑)しかし、抜群のロッドワークで小アジゲットです。さすがです。
ショアジギロッドでやっていたら絶対にこんなことにはならないですが、格段に引きが増幅されて楽しいです。
僕も小アジ?を何度かかけましたがばれてしまいました。これは技術不足ですね。
釣り上げられませんでしたが、カタクチと完全に違う下に突っ込む引きに気持ちよくなれました。
豆でいいのでもっとアジがかかると楽しいのですが。満足したところで終了。

【考察】
・最近のホームは荒れてるほうが釣れる?
今回は爆風だったが、それほど海は荒れず。

・アジ、サバ、カマス類は先端右斜めの特定ポイントについている気がする。

・今回は午後3時以降は釣れなかったが、夕マズメのほうが爆釣が起こりやすい?

・じゅんべえさんは、投げ続けたぶんサゴシが釣れた。
なぜかスレ掛かりも多かった。密度が濃い?食いが浅い?

・どこの内湾もカタクチばっかりでアジが少ない。

【結論】
・のべ竿+メタルラインの釣りは気持ちいい!
魚が針に触れてるのがわかるんですよね。カタクチ相手でも格段に振動が増すのでぞくぞくします。
カタクチがアジ・イワシだったらと思うとやばいですね。
でもこういう釣りに楽しさを見いだせるのはある種の才能かも・・・

【写真】
1447674760993.jpg
サゴシヒット!スレ掛かりのときの引きは凄かったですね。

1447674768311.jpg
サゴシはリリースするつもりでしたが顎が破損したのでお持ち帰り。

1447674781770.jpg
なんだかんだいって2時間近く黙々と釣り上げました。

1447674789075.jpg
油が古いのでちょっと汚いですが(汗)
カタクチイワシはからげにして食べました。稚アユとは違っておいしかったですよ。
頭と内臓をちゃんと除いたからかもしれませんが。
サバもからあげに。肉厚でした。

1447674828033.jpg
アジ、カマス、メバルの刺身

こんにちは、澪標です

今年の海は荒れたり凪いだり様々ですが
釣れる時に海に行けば魚たちは素直に答えてくれます

釣行者:澪標、粉末、R-32、(N)
時間:14:45~16:15

タックル
ロッド:ソルティック
リール:ツインパワーC3000
PE1号
リーダー22lb
ルアー:ダイソールアーとか

感じたこととか
・北風5mは吹いていたと思うので、波しぶきを浴びながらの釣り
 しかし、そうゆう時はやっぱり釣れる

・サゴシのナブラも立ち、即かかりの釣りを楽しんだ

・サバ、サゴシは表層~中層を回遊している感じ
 巻きだとサゴシやサバがガンガンアタックしてきた

・サビキをつけて沈めればアジがいる
 アジの型は多少いいくらいだが、楽しませてくれた

・サバはルアーで釣った方がサイズを選べる

・サゴシはカタクチをたらふく食っていて、引きも強かった

昨日釣れたのは疫病神のゼミがあったおかげです、ありがとうございます笑
誰とは言いませんよ、誰とはwww

最終釣果
・サゴシ:8本
・サバ:8本
・アジ:10匹

image.jpeg
投げサビキやジグを駆使して、いい釣りができたと思います

釣り後は例の疫病神の家にお邪魔して、魚を見せびらか…
釣果を分かち合い共においしい海の幸を味わいました

image_1.jpeg
サゴシのから揚げ、しょうゆや生姜につけたものを!

image_2.jpeg
サバの塩焼き

image_3.jpeg
粉末が前に釣ったタコでタコ焼き

image_4.jpeg
〆鯖!! 最高

image_5.jpeg
生食をさけていたサゴシですが、たたきがめちゃうま!!

image_6.jpeg
アジの刺身 安定です

来週頭は晴れるようですので
カタクチ接岸中に皆さんも釣ってはどうでしょうか!

※本サークルは一切いじめなどない清く純粋に釣りが好きな人の集まりです
※疫病神がいても魚は釣れます(たぶん)

2015.11.11 粟島遠征
こんばんは、こまつです

先日、粟島へ行ってきたので簡単に記録しておきます

日時:11月1日~3日
場所:粟島 堤防、沖堤防
釣行者:じゅんべえさん こまつ

タックル1(ショアジギ)
AR-C typeXX 1000M
セルテート 3012H
PE2号
リーダー フロロ40lb
ジグ 40~50g

タックル2(色々)
バートレット 86ML
ツインパワー C3000
PE0.6号
リーダーフロロ1.5~2号

タックル3(アジング) タックル4(根魚)
省略

釣果 ワラサ×1 メバル×5 アジ多数


1日と3日はフェリーが着く堤防、2日は沖堤防に渡してもらい、
ショアジギでのヒラマサなどの青物をメインターゲットにして他にアジング、投げサビキ等をしてきました

1日
10時20分岩船港発のフェリーで出発
到着後はバンガローを借り、昼食をとり早速釣りに行ってきました

青物の反応はありませんでしたが、
アジング、投げサビキではいくらでもアジが釣れる状況でした


2日
5時半に沖堤防へ渡してもらいます

早朝はベイトの気配はありますが青物の反応はありません
ジャークをしていると7時40分頃ようやくヒットし、ワラサが釣れましたが、
その後全く反応は得られませんでした
まぐれに1匹だったようです

ただ癒しを求めればいつでもアジが相手をしてくれました

5時に船が迎えに来てくれることになっていたため、そこで終了です


3日
早朝はショアジギングをして、その後朝食をとり、
1時発のフェリーの時間まで湾内でアジングなどをしていました


以下写真

DSC_0612.jpg


1447244224640.jpg

151103_095349.jpg

1446942943347.jpg


1446942957409.jpg


151103_083542.jpg



1446943047561.jpg


1446943061715.jpg


1446942994260.jpg



予想していた”離島の釣り”にはなりませんでしたが、
いい経験になり、悔しくも楽しい釣行になりました!

こんばんは、澪標です。

先回の日曜日にセイバーくんにサゴシ爆ったという話を聞き
火曜日再び行く際に同行しました。
その時のことについて書きたいと思います。

11月3日
波:1m→0.5m
風:北西の風後西の風
時間:12時~17時

タックル
ソルティック 9.3f
ツインパワーC3000
PE0.8号
リーダー22lb
ルアー:メタルジグいろいろ

釣果:15本くらい(4人で30~40本)

感じたこと・様子など
・ベイトのカタクチを追って、サゴシが狂っていた
 ところどころで絶えずナブラが湧いており、ナブラ打ちができた

・ナブラがない時は深い外海での釣り
 着底→縦方向のハイピッチショートジャーク→ヒット が多かった

・ナブラが沸いてる時はすべて
 着水→すぐにスローでのストップ&ゴー→ヒット が多かった

・食いが以外に浅く、向こう合わせにはなりずらかった
 基本的にはガッツリ合わせを決めないといけない

・特にフォールで非常にアタックすることが多く
 かなりのルアーをロストすることとなった…

・昼すぎて夕方に向かうにつれて活性が下がった
 下がるにつれて遠目に湧くことが多くなり、ロング&ピンポイントキャストが要求された
 ここで周りの人との差をつけることができたと思う

・タックルが貧弱すぎる
 40gを使うくらいでもいいので、もう少し頑強なタックルの方が楽しめそうだった

・サゴシのコンディションが非常によく、長さの割に体高がすごかった
 脂ものっており、最高の状態

image (59)
MAX 55cm でしたが、60アップと思われるものを逃がしたのがデカい・・・

image (60)
こんなカタクチ食ってたらそりゃ狂いますよね


また今週も湧くことを願いましょう!
各地でカタクチ接岸中