こんにちは、Nです。
ホーム史上稀にみる爆釣が起きました!

日時:10月20日 午後2時~5時
天気:小雨
釣果:サゴシ1匹、中アジ16匹、豆アジ6匹、ダツ(80cm)背がかり、ホウボウ1匹、クロソイ1匹

DSC_0812.jpg

DSC_0817.jpg

DSC_0821.jpg

DSC_0826.jpg


ちょっと雨が降ってましたが、波も風もないしということで1人ホームへ。
着いてみるとカタクチイワシの群れが見えテンション↑↑
先端に入り、ナチュラムで安売りしてたDUELのDolce 95sを投げたところ早速サゴシがヒット!!
サゴシいるんだな―と思いつつ投げ続けるとサゴシのチェイスが見られ視覚的に興奮していましたが、スレたようで追わなくなりました。そこで遊びでまた安売りしてたバイブレーションWAVER58Sを投げたところ中アジがヒット!!
お、ラッキー  ・・・・いや待てよ、なんでバイブレーションに中アジかかるんだ??群れでも来てるのか??
早速サビキに変えて投げると一瞬で中アジ3連がかり!
ふと見ると50Mほど先が大きく丸く黒いかたまりのようになっており、潮目かな?と思いましたが、なんか移動してる・・・・
そこにサビキを入れるとズガガガン!!と一気にかかりサビキが重さに耐えられず上から持ってかれてしまいした。そうこうしているうちに、メーリスを見てやってきた1年のWくんが到着。サビキを1枚頂き、続行できました。ほんと救世主。
ベイトの群れは砂浜へと移動しておりそれに伴って自分たちも動いて釣るという感じでした。
メタルジグだけでもふつうにかかり、活性の高さを感じました。
暗くなる前にホクホクしながら帰宅。そして次の日・・・・・



日時:10月21日 午後2時~5時50分
天気:小雨
釣果:サバ 中アジ 大量 

昨日と同じ時間にまた1人でやってきましたが、まだカタクチイワシが大量にとどまっていました。中アジいるかな―と思いつつサビキを投げるとズドドドン!!と尋常じゃない重さに。また中アジか?と思いながらあげるとなんとサバ。5連がけしてしまい、サビキが絡み合ってぐっちゃぐちゃに。豆アジサイズのサバしか釣ったことのない自分にとって、店で売られているようなサイズのサバが釣れたのは衝撃的でした。「サバの生きグサレ」という言葉は知っていて、素人が処理して食えるのかなと不安になりましたがとりあえずキープ。その後もかかるわかかるで、延々と投げれば投げるだけ釣れてしまうような状況でした。しかも引きも凄くて、横にぎゅーんと走るのでイナダなんか比じゃないほど楽しめました。
暗くなってくると、今度は中アジに入れ替わり、中アジが爆釣。メタルジグのみでかかりました。誰が釣ったかよくわかりませんでしたが、29,5cmとあわや尺アジサイズも釣れました。クーラーボックスも満タンになり、ライトもないなかこれ以上やってると帰れなくなりそうだったので6時前に帰りましたが、その後もやり続けていれば釣れたでしょう。
帰宅後、早速いちばん大きいサバを塩焼きに・・・・ウマイ!脂がのってて、今までの塩焼きのなかで一番美味しかったと思いました。

思ったこと
・ベイトが寄れば魚が狂う。そして釣り人も狂わされる。
・海はなにが起こるか分からない。サビキは3枚は常備したい。
・サバは処理をきちんとしないとヒスタミン中毒がおこるそう。血抜きして内臓を落とし氷と海水でしっかり冷やす。

正直、現場に来て釣った人じゃないといつものホームと比べどれだけ異常だったか分からないと思いますが、とにかく凄くて、自分が一番乗りで入れたことは幸せでした。

DSC_0830.jpg

DSC_0829.jpg


ちなみに、副サー長になりました。今後ともよろしくお願い致します。
釣りまくるぞ!
... 続きを読む
スポンサーサイト

 こんにちは。 じゅんべえです。

 
 いきなりですが、この夏のバイト代を注ぎ込んで14ステラを買いました。

中学1年の時に管釣りの雑誌で初めて見た04ステラに感動し、いつかは‥‥と思っておりましたが。
これで俺は無敵だ、ガハハハハ!!
等ということは一切思っておりません。
 
140926_140709_convert_20141021142332.jpg
反射してて良く見えませんね‥



長い付き合いになるであろう相棒と共に、謙虚な気持ちで海釣りを楽しんでいくつもりです。

ちなみに、ロッドの方もダイコーのアークエット86Mというなかなかいいモノを買いました。
こいつも色々な釣りに使っていくつもりです。


 とりあえず、
自分のアオリイカ入魂の日と、先日の村上方面釣行の報告です。

日時 10月9日 午前6時~9時半 午後1時半~午後4時
場所 ホーム右堤
天候 晴れ
波 0.5メートル位
濁り 午前はなかったが、午後3時くらいからゴミと砂が舞いだした
タックル ロッド  アークエット86M
      リール  ステラC3000
      ライン  ユニチカ キャスライン エギングス-パーPEⅡWH 0.6号
       リーダー フロロ1.75号
      餌木  エギ王 Q LIVE 虹テープ 背ブルー、金テープ 背オレンジ 3号
釣果 アオリイカ 胴長16センチ×1、 18センチ×1
    その他豆アジ40匹ほど

141009_081205_convert_20141021142220.jpg



日時 10月20日 午後3時半~午後7時半
場所 斎藤さんポイント
天候 曇り後小雨
風  秒速3, 4メートル?
濁り 無し→ 夜は見えなかったが、波からして少しは濁っていた気がする
タックル ロッド  アークエット86M
      リール  ステラC3000
      ライン  ユニチカ キャスライン エギングス-パーPEⅡWH 0.6号
      リーダー フロロ1.75号
      餌木  エギ王 Q LIVE 金テープ 背ピンク、背オレンジ 3号

釣果 アオリイカ 胴長Max21センチ 9杯

141021_002748.jpg



イカが乗った瞬間て、かなり気持ちいいですね。 
21センチのやつは引きも強烈でした!!

 
 釣ってみて分かったことはほとんどありませんが、アタリの取り方(ラインを目視、夜は指をラインにかける)はなんとなく分かりました。

今後は、アプローチの仕方、シャクリ方、フォールのさせ方、ラインテンションの程度、エギの使い分け等を勉強していきたいと思います。

来週も村上で釣るぞ!!
    



こんばんは、続けて澪標がお送りします
今度はシーバスです

今年は先ほど述べたようにイカが不調で
20人もの大人を賄うつまみが用意できなかったので
いつもの恒例パターンでちょちょっとやってきました

10月9日、10日
天気:晴れ
風;9日…無風 10日…西風
波:なし
濁り:知らん、夜やし…

ロッド:バスロッド6f
リール:ツインパワーC3000
ライン:PE0.8号+12lbナイロンリーダー
ルアー:コアマンパワーヘッド6+R-32、グラスミノーM

今年はムラがあるみたいで
9日はバンバン当たってきましたが
10日は3投に1回くらいだったので
今一つだったかな…

まあ、実際にかかる魚は一部なんだけどね笑

キャストすると、ゴゴん!って来るけど
相変わらず乗らない…

でも、今年の傾向として感じたのは
①底付近からの巻き始めに好反応
②フォールで食うのは大抵乗る
③去年よりゆっくり巻く方が釣れる
④ピンテールでもシャッドテールでも釣れる

ということで、底に落とす→ゆっくり5~6回転巻く→フォール
を繰り返すと面白いくらいに乗るw

っていっても大半はばらすんだけどね()

ただ、今年は一筋縄ではいかなかったwww

9日
1時間も経とうかという頃
フォールでゴゴン!いつもの当たり
合わせた途端、
どばばばばばwwww
とかいっていきなりエラ洗いwwww

普通にいいサイズwww

7分ほど格闘しただろうか

バスロッドで渾身の64cm

IMG_20141010_001823.jpg
見ずらくてごめんね

この日は愛車のTZRで来てたので
これ以上持って帰ることができず
30分ほどやって終了したw

釣果
スズキ 35~40cm 3匹 +64cm 1匹
ウグイ 30~35cm 2匹
ボラ  45cm~50cmくらい 1匹


さらに10日
先ほど言った通り当たりが少なかったが
ゆっくり巻いていると
モア~っと重くなる当たり

ボラか?と思って合わせると
どばばばばばばばwwwwwwww
で、でたーwww でかいやつーwww

って感じでバトル開始
しかも昨日より明らかにでかいwww

ラインは出されまくるは
やっと寄せても20~30mはどっかいくわで
10分以上は格闘したと思う…
こんくらいになると竿のパワーがないので
腕がプルプルしてきます

タモも壊れ気味でホント緊張したwww
渾身の77cm

IMG_20141010_215312.jpg

正直ランカーあるかと思ったんだけどね
3cm足りなかったぞ☆

まあ、あそこでこのサイズがかかるってのが
なかなかないことなんだけどね・・・

釣果
スズキ 35~40cm 2匹+77㎝ 1匹

ちなみにこの日もTZRだったので
カバンに思いっきりまげて何とか入れましたが
重いしカバンから頭と尻尾が出てて滑稽すぎたw
この釣り行くときはスクーターの方がいいのかもしれぬ

その他感じたことは特にありません
去年と同じなんで

今年は平日釣行あんまり行けないけど
夜なら行けるし、また台風後に行こうかなw

釣れればいいけどね( ^ω^)

こんばんは、澪標です。

今年も新潟市近郊ではイカの不調で
サイズも伸び悩んでいるそうで…

僕も全然行かなくなっていましたが
先日、斎藤さん、根係とともに
ちょっと遠出してきましたので、そちらのことを

10月8日(水)
天気:晴れ
風:北風→ほぼなし
濁り:なし
波:なし

仕掛け
ロッド:8fの安エギロッド
リール:ツインパワー
ライン:PE0.8号+8lbリーダー
ルアー:3号を適当に

1時に新潟市に集合し笹川流れ方面へ!
ポイントには3時頃に到着し
最高の時間帯まで待機することに

笹川流れでの釣行は初めてでしたが
その水質の良さには驚かされます…

4時すぎに始めると、斎藤さんが間もなく1杯!
居付きを引きずりだした価値ある1杯

日が沈むまでは特に反応もなく
それまではちょこちょこ探ったり駄弁ったり

日が沈むとスタートと言わんばかりに
周りの人も含め徐々に釣れ始めます…

これは回遊し始めたイカに当たっているそうで
サイズも20cm前後ばかり

結果として
僕は3杯(胴長17~18cm)釣ることができました

となりました。

感じたこと
・居付きを得るには、ポイントポイントの居付く場所を把握し
 イカにどれだけピンで攻めれるかが大切
 経験、知識、ルアーを動かす技術の総合

・まず、昼間は居付き、夜は回遊を釣るってことを知らなかった…
 まだまだ知識不足ですw

・回遊はこちらはとにかくポイント選びが重要
 こちらはむしろ回遊ルートを把握できれば
 誰でも釣れる
 僕と根係は潮通しのいいところに入れてもらったので
 ルートにうまくルアーが届いたのだろう

・動かし方は特に意識しなかったが
 斎藤さんや釣れてる人を見てると
 意外とエギは浮いてるんだな、と思った
 僕はエギが見えるかどうかの少し深めだったし…
 まあ、これはその日のタナがあるだろうから
 探り探りなんだろうけど

・個人的には15秒フォール→2~3回シャクリ→6~7秒待ち→シャクリ→6~7秒待ち
 ってのが多かったかな
 イメージは底から1~2メートル前後を探る気持ち
 特にスラッシュジャーク、ハイピッチショートジャークとか難しいことは考えず
 むしろ当たりを取るのに集中していました
 夜だと見えないからね・・・

・個人的にルアーローテすると釣れたけど
 これはたまたまなのか
 効いてるかは知らない
 たぶん、回遊だからたまたま目に入ったんでしょう
 釣れたのは夜光下地、マーブル下地のピンクのアオリ侍でした

・これからはまずポイントを探していこうと思う
 1級ポイントだろうがどこだろうが
 とりあえず釣れるポイントをもう少し
 把握していく必要がありそう
 (まぁ、候補はあっても閉鎖箇所が多いからな泣)

こっからただの感想
・イカはうまい、というのが第一ですね

・笹川流れはめっちゃきれい
 また行きたいと思える

・アオリ侍でも釣れんじゃんwww
 来年以降はこれでいいわwww
 (とか言ってエメラルダスは確保してんだろうね)

ちなみに帰りに別ポイント回ってみたり
シーバスのサヨリパターンしましたが
別ポイントはウェーダーないし
サヨリパターンは本人さんが御留守だったので
そのまま帰宅しましたw

今回は斎藤さんにいろいろ教えてもらったのが一番でかいですね
もっと知識と経験を積んでいきたいと思います

※写真なくてごめんなさいw

 
  こんにちは。 じゅんべえです。

 先日、ホームでエギングに初挑戦の予定だったのですが、強風と濁りにより断念。

魚を釣りたい衝動を抑えきれず投人さんと話し合った結果、O 氏を誘って阿賀野川にハゼをやりに行くことに。

イソメを仕入れて午後3時半に現地着。

どこが釣れているのかよくわからなかったので、投人さんがやったことがある場所でとりあえず釣り開始です。






と、いきなり、ブルブル!


脳が快感物質を出しています。約1週間ぶりの生命の手ごたえはたまりません。

じゅんべえ 「いきなりあたったよ!」

投人さん 「早すぎるでしょ!‥‥‥うわあたった!!」

じゅんべえ 「やっぱり~いるね~」

投人さん 「おいO氏、はやく準備しろよ、入れ掛かりだぞ!!」


そんな感じでスタートしました。

ところがこの日は当然風がやばく、基本、車を風よけにして釣っていたため、ランガンする気が起きず、だんだんアタリが遠のいてきました。

ここで風よけのために車を50メートルほど動かし釣り再開。 やっぱりサラバは反応が違いました。



いつも通り、アタリがあってもなかなか乗らないことが多かったですが、シーバス、クロダイ、アジ?、ヒイラギ?といった外道もまざり、楽しいひと時を過ごせました。

海が荒れてどうしようもないときはこれもいいですね!

20141004aji1
 
日時  10月4日 午後3時半~5時半
場所  阿賀野川 濁川インタ-付近
天候  曇り
風   北西より強風
仕掛け 拙者天秤+オモリ10号
      キスR ジャストキス 6号 4本針
餌    アオイソメ
釣果  ハゼ 約40匹 + etc
 



その後、O氏宅で天ぷら祭り
(3人ともこの祭りの前に、老広東で大盛り食ってます)
 
20141004aji3

20141004aji2

台風去ったらアオリ釣るぞー!!
2014.10.02 鮎まとめ
 こんにちは。  じゅんべえです。

 今年も自分の鮎シーズンが終わりました。なんといっても三面川の不調が痛かった年でしたが、それなりに課題をもってやってこれたと思います。ハイシーズンに色々あっていけなかったのが心残りです。


釣行回数 7月 10回  時間 35時間
       8月  9回      31時間
       9月 12回    61.5時間
       
       計  31回    127.5時間
水揚げ匹数 7月 176匹
         8月 161匹
         9月 255匹
   
        計  592匹

 平均時速   4.6匹/時間


 ~今シーズンの総括・来年へ向けて~

・回数は去年を上回ったものの、もっと行けたはず
 体力と精神力を鍛え、準備万全の状態で解禁を迎えなければ充実したシーズンは過ごせないと思った
・三面川本流では西興屋でしかまともに釣果が出ていないので、来年は中流、上流域のポイントを開拓したい
・今年は阿賀野川の状況が良かったみたいなので、来年はそちらも通いたい
・フロロの釣りについてわかってきたこともあるが、来年も続けていきたい
・今年はなるべく背針の釣りにこだわったが、来年はまたオモリだけの日と背針だけの日などを設けてやっていきたい
・先手をとって竿を絞ることの大切さが分かった (身切れが減る、ダンゴが減る、水中で枝などに絡まなくなる)
・前アタリをもっと感じて活用しなければならない
・オトリ缶のアンカーを買おう
・オーダータイツも買おう 


 ほかにも感じたことはたくさんありますが、それはすでに書いてあることなので書きません。

来年は忙しくなるはずなので今年ほどは行けなくなるかもしれませんが、一回一回の釣行を濃いものにしていくため、今からできることをやっていきます。
 
 まあしばらくは、久々の海釣りを楽しもうと思います!

鮎に感謝、自然に感謝、人に感謝。
来シーズンもよろしくお願いいたします。