大変ご無沙汰しております、じゅんべえです。

4月後半から昨日までの約二か月間、ブログを書く暇があれば釣りに行くということを繰り返していたせいで全く記事を更新できずにいました。7月に入り、あの釣りが始まってしまう前に、ひとまとめしておかねばと思ったので簡単に書きます。

  青物に関して

・サゴシはメタルジグのタダ巻き、イナダはタダ巻きに加えリフト&フォールを試すことでその状況のパターンがあるとい   うことを感じた。
・ミノーの使い方は色々あると思うが、一番強いと感じたのは、手前まで追ってきてルアーに追いつかずUターンした魚に フォローでショートキャストをし一瞬で見つけさせて食わせる時。メタルジグでこれは難しい。
・ダイ●ージグのオレンジが個人的なアタリルアーだった。
・ドラグの締め具合、合わせのコツがわかってきた。

  キスに関して

・最初に爆ってから2週間ほど良い型が続いた。朝はダメで昼間、夕方しかかからない日が続いた。 
・右堤外湾、内湾、川側の三か所を主に攻めたが、あたる場所が日によって時間帯によって違った。
・サラバのキスはでかい奴から食ってくると感じた。
・中、大型を連で狙うときは一匹目が掛かってから止めると仕掛けが絡まるイメージがあったため、巻き続けて掛けること が多かった。
・6月中旬からピンギスが増えてきたが、20クラスの良型も時折混じり楽しめた。
・ピンギスを連掛けするときは仕掛けを止めてもさほど絡まずうまくいった。
・今までアタリではないと思っていた、うっとなる重み(カケアガリではない)が前アタリだと判明した。そこで止めると掛か  る。
・リールサビキ、竿サビキを使いわけることは釣果につながると確信できた。
・ハリスの色についてカラーがあるものに対して好感触を得た。
・サクサスのすごさをしった。鮎でも使ってみよう。
・スナップ、砂ズリなしでやってみたが絡みトラブルなし、コスト削減、感度アップといったメリットを感じられた。
・一か所に投げ続けないで少しずつポイントをずらすことの大切さを感じた。
・石粉がないとお話にならない、新しく買ったクーラーは大活躍でした。
・思っていた以上に、餌を針の上までこきあげることが大切だと分かった。
・餌を交換は餌の形が崩れたときにするイメージ。
・すべての範囲を攻めたい→ スピンパワーを買う。

140527_201621_convert_20140627042327.jpg
今年初の爆の日、4時間程で20センチ平均40匹ほど釣れました。(Max24センチ)

140625_095301_convert_20140627042405.jpg
最後のキス釣行(6月25日朝2時間)の釣果   ピンギスメインでたまに中型が混じります。

2014062508360001_convert_20140627042943.jpg
最後の釣行の最後の一投で、人生初の5連を達成出来たことで、悔いなくあの釣りに切り替えられます!!
計15回ほどの釣行で400匹は超えることが出来ました。最高のアタリを見せてくれたキス達に感謝です。
キス天丼もやばかったなー。
 
さて、今日はいよいよ川見ですな‥‥



根係です。私も今年の青物について書いていきたいと思います。

サゴシについて
 今年のサゴシはあまり速い動きについてこれなかったので、中々誘いが難しかったです。
やはりワインドが釣果が安定していました。今年はフックのサイズを♯1にしたところ
フッキング率がかなり上がりました。(サゴシの場合)
あとソリッド系のバイブレーションの早巻きでも好反応なので試してみてください。
個人的にはミノーのジャーキングが一番楽しかった。安いシンキングミノーを使うのが
いいです。スラッグを出しすぎると切られてしまいますが・・・

イナダについて
 今年はイナダの当たり年だったような気がします。釣り方としては
①メタルジグ
②バイブレーション
③ワインド
④シンキングミノー
何れもよく釣れました。特に②は荒れているときでもしっかりと誘えているみたいで
好釣果でした。
①はフロントのダブルフック仕様にした安いジグでのスローワンピッチがよくはまり、
個人的に楽しかったです。
今後は⑤トップウォーターと⑥シンキングペンシルも使いこなせるようにしたいと
思います。

安い10.6ftの竿を手に入れたのでこれからがまた楽しみです。
スポンサーサイト
2014.06.14 キス28cm
こんばんは、Nです。
サゴシダービー3位入賞ならずで、悔しい限りです。

さて、先日の記事にもありましたが斎藤さんのメモリアルフラットに続き、キスまでも大物が釣れました。
残念ながら僕ではなく、当サークル員の同じく2年の方が釣ったので代筆致します。

釣行者:当サークル今年加入の苅くん(ハンドルネーム)
日時:6月11日(水) 17時頃
場所:ホーム
仕掛け
針:キスR5号
ハリス:ホンテロン0.8号
モトス:フロロ2号

1402670347788_convert_20140614003131.jpg

画像では見にくいですが28cmです!下の通常サイズのキスと比べると、なんだか別の魚みたいで気持ち悪いですね。
この日はキスが渋くて、置き竿にして根魚をやろうとしていたところ、竿が海に引き込まれあわてて引き揚げてみると
28cmのキスがかかっていたそうです。
よく5号の針でとれましたね。
あまり元気がなかったようで、引き揚げて確認するまでは28cmのキスが付いているとは思わなかったと言っていました。
置き竿だったので、アタリが味わえなかったのが残念ですね。
大物は置き竿のほうがかかるのでしょうか?

きっとお刺身にでもして美味しく食べるのだろうなとうらやましく思っていましたが、

1402670352677_convert_20140614003111.jpg


・・・・・・あれ!?
なんと剥製にするそうです。
いやー、食べたほうがいいよと僕は言いましたが、そこはさすが稲苅くん、挑戦したそうです。
ちょっと、ボロボロになってしまったそうですが、うまくいったらまたブログの方へ載せようと思います。
それでは。
サークル一色物?に愛された男ことo氏です。もうこれで表彰されていいはず。

なんか担当者が副業(勉学)に追われ、血反吐を吐いているらしいので、
今回の発表は広報長(仮)ことo氏が代理として担当させていただきます。

先日サークル内で行われた由緒正しい(?)大会である
第二回サゴシダービーの結果をお知らせします。


大まかなルール

・4月末~5月末まで釣れたサゴシの大きさを競う。
・サイズは㎝の単位まで計測する。
・釣果はホームで釣れたものに限る。
・同サイズの場合、サゴシを釣った数の多い方が上位とする。


第一位
じゅんべえ  57cm



第二位
べちょー   57cm



第三位
根係   55cm


第四位
N  55㎝

第五位
粉末  54㎝





という結果でした。

今年は去年よりサイズが大きく、しかも接戦でした。
ちなみに私は参加しましたが全く釣れませんでした。デスピナもOHに出したし…。

というわけで第一位から第三位までの方の景品は…こちら!

けいひん。

一位:DVD 二位:ライン 三位:オモリ

一位と二位の景品は受賞者本人が選び、三位の景品は開催者が選びました。
…景品の3分の2が鮎やん!!

第一位のじゅんべえさん、おめでとうございます。
優勝者。

入賞した方々、よろしければ何かコメントお願いします
ぶっちゃけ、私じゃ何も言えないので。是非下に書いてください。


参加者の皆様、お疲れ様でした。
2014.06.02 キス天丼
こんばんは、Nです。
最近では、青物も落ち着きみなさんキス釣りに向かわれておりますね。
青物釣りのまとめやキスの釣法については、先輩方がまとめて下さると思いますので今回はキスを使った料理について備忘録も兼ね記しておこうと思います。

DSC_0597_convert_20140602000927.jpg

DSC_0596_convert_20140602000906.jpg

DSC_0593_convert_20140602000521.jpg

はい、キス天丼です。キス天単体でも十分においしいのですが、タレと合わせご飯と一緒に食べることで格段においしくなります!
<タレの作り方>
材料(3人分)
・みりん  大さじ8
・醤油  大さじ3
・砂糖  小さじ2
・水 大さじ2

手順
①鍋にみりんを入れ、強火で沸騰させる。
②鍋を傾けて火をつけ、アルコールを飛ばす。(要注意、無理にしなくてもいい)
③最後に醤油と砂糖を入れて、少し煮ます。
味見してちょっと甘すぎるように感じたら水を入れ調整し完成。

本当は何かダシをとってそれを加えるともっと良くなるのでしょう。
写真にもありますが、ピーマンやナスなどの野菜天と一緒に食べてもおいしいです。
その他、何か改良点があれば教えてください!

ちなみに写真にあるタッパーはO氏さんが持参したもので、大量にご飯が入ってました(1.5合くらい?)がぺろりとお召しあがりになりました。


(最近は夢の中でもキス釣りするようになりました・・・)