やっぱバイオはでないのかな...
DAIWAに乗り換えるか 14カルディアでるし...
でもマグシールドあったとしても剛性がなきゃな...
しかもパッキンとか...


どうも、こんばんは。
投人です。
FShowが近づくにつれて身近でそわそわしだす人が増えてきました(笑)
早く来てほしいものですね!


さて、先日
用事で100均や雑貨屋をまわる機会があり、
どうせなら釣り具も ということで
「ジグを求めて」行ってきました。





当初は4件ほどまわる予定だったのですが、運よく一軒目で発見!
とりあえず20本ほどかごに入れました。
ダイソージグ
さらに澪標さん、Nくんも購入し、28gと40gは姿を消しました(爆)
買おうと思っていた方は申し訳ありませんm(_ _)m
店員さんが再入荷手続きをしていたようですので、しばらくお待ちください。



今回購入したのは俗に言う「ダイソージグ」です。
本当の名前は「ジグベイト」といいます。

某有料堤防へよく行く方は、道中の釣り具屋で見たことがあるかもしれません。
180円くらいで売っていたはずです。

根係氏によると規格から外れたものが100均へ流れていくそうな...
まあ、いくつか見ていくと塗装はがれとかムラとかへこみがありますもんね。

はがれ ムラ

たまに魚掛けて曲がったのを見たことありますが、この値段なら魚が獲れさえすれば十分です。



そのままでも釣れます(フックとスプリットリングは交換必須)が、精神衛生上チューンするのがおススメです。
今回のチューニングはクリアコート、なんちゃって銀粉、ケイムラコートの3種にしてみました。
(下のシルバーはリペア)
ラメを使うとイワシ鱗っぽくなるので結構好きです。
リペア&チューン










~おまけ~
晴れた日に2時間ほど準一等地を攻めてきました。
soi.jpg

釣果は掌サイズが一匹のみ(一匹潜られた)

この時期は本当に
釣りではなく修行です。
スポンサーサイト
2014.01.24 一匹の価値
こんにちは。

生きる喜びが見いだせなくなっていたじゅんべえです。

久しぶりに波と気温がまともだったので、今年初のホームへ行ってきました。

日時 1月24日 午後1時~2時
場所 ホーム
天候 晴れ
気温 10度
波  1メートル
風  南より3メートル
濁り かなりあり
タックル トラウトロッド6ft
     バイオマスターC2000S
     フロロ4ポンド
     ジグヘッド 1.5グラム
     グラスミノーSS パールホワイト
釣果 黒ソイ 12センチ×1

140124_123107_convert_20140124164734.jpg


感じたこと

・アタリがあったのは●●返しの際だけ。スパイクなしで行ける場所はすべて回ったが魚の気配がない。
・内湾はかなり澄んでいて底まで見えたが、魚は一度も見えなかった。
・釣れたのはかなりステイさせた後だった。


ボウズ覚悟でしたが、なんとか今年初のホームで1匹釣れたことに感謝です。
次行けるのはいつになるのか‥‥

そういや内湾でサビキのおじさんが一人、新川でバイブ投げてるお兄さんが一人いましたが、釣れていなかったです。
... 続きを読む
2014.01.23 初挑戦!
釣りをしていないと体調がいまいち優れないことに気がついた根係です。
先日ワカサギ釣りなるものを初めて体験したので報告します。


時:1月19日(日)
場所:福島県 桧原湖
気温:平均-5℃
天気:基本吹雪
時間:8:00~15:45
餌:サシ 紅サシ
釣果:ワカサギ 5~12cm
   二人で約60匹


RIMG0134.jpg
朝4時に出発して、磐越道を福島方面に進む。三川~上川まではところどころ凍っていたけど喜多方や会津若松のあたりは雪がなかった。

磐梯高原インターで降り、早く出発したので早々と現地に到着しました。
RIMG0137.jpg
今回お世話になったのはこちら。
桧原湖では有名なところです。受け付けを済ませていざ出発。

RIMG0139.jpg

人が歩いているのは湖の上です。
ハウスまでは写真中央のそりで行きます。(湖が完全凍結しているため。)スノーモービルで牽引します。

ハウスで釣り開始。道具はすべてレンタルです。
RIMG0143.jpg
奮発して電動リールにしちゃいました。湖が水深16mもあるので手巻きでは大変です。
竿先の赤いガイドでアタリをとります。手元にはアタリは伝わりません。

竿先が微かに揺れたらあわせを入れます。巻き上げはボタンひとつなので楽チンです。
RIMG0153.jpg
何とかポツポツと釣れます。針は5本付いていますが二匹以上同時に掛かるなんてことはありません。

RIMG0148.jpg

ポツポツと釣れます。11時ごろからは本当にアタリがでないし小さいので苦労しました。

15:45終了 集中力が切れた、でも楽しかった。
この釣りは仲間でわいわいやりながらやるのが楽しそうです。一人だとつまらないかも。
タバコや缶ビールがあるといい。気楽にやるのが一番です。
午後はわずかなアタリも取れるようになりました。
次に来るときは氷上に穴を開けてテントの中でやりたいものです。

RIMG0156.jpg

帰り道。裏磐梯の平時(笑)。四駆の車じゃないと厳しいです。
デスピナ使いこと、広報係のo氏です。

またウチのデスピナちゃんがやらかしてくれたので書くことにしました。


釣行日時 1月14日 21時過ぎ~23時前
場所 堤防
天気 快晴
気温 多分氷点下
波  1m以下
風  北風のはず
濁り そこまで濁ってない
釣行者 o氏、投人、べちょー
釣法 ちょんちょん(テクとろ)
タックル ショアジギ用ロッド+BB-X DESPINA C3000DHG+PEライン
ルアー  月下美人SWライトジグヘッドSS+月下美人ビームスティック1.5inchグローホワイト(夜光)
釣果 クロソイ?(5㎝)1匹 リリース

ソイ。

・これ以外全滅。本当に釣れて良かった…そして何故釣れたし。

・下手したらホームの方が釣れたかもしれない…。
今年から始めよう ~鮎の友釣り~

こんにちは。じゅんべえです。
新潟は酷い天気が続いており、ストレスのたまる一方ですねえ。
2月22,23日のフィッシングショーが待ち遠しくてたまりません。

さてさて、ご存じのとおり?自分は鮎の友釣りに狂っているわけですが、周りを見渡す限り
鮎師/釣師の割合いはどうみても少ないです。

その要因として、
1 なんか難しそう
2 なんかおじいさんの趣味っぽい
3 ていうか道具高過ぎ!
4 教えてくれる人がいない
5 きっかけがない
‥‥
このように、始めるにあたってかなり弊害がある釣りであることが分かります。

しかし、もう一つ大切な事実があります。
それは‥‥
一度体験した人は約90%以上の確率ではまってしまうということです。(元から別の釣りはやっていた人における統計)
つまり、その面白さ、魅力は様々ある釣りの中でもトップクラスで、(釣りに優劣はありませんが)相当にやばい釣りなのです。

そこで、一人でも多くの人が鮎の友釣りを始めるきっかけになればと思い、今回は道具の話をしたいと思います。
とは言っても、自分もまだまだ未熟な点だらけですので、参考程度にお願いします。


さて、それではさっそく道具別の説明に入ります。今回は値段の張る順に紹介していきたいと思います。

1 ロッド 約4万円

鮎釣りの釣果、面白さ、快適さ等はこの性能にかかってくるといっても過言ではありません。特に初心者は良い性能のロッドを使った方が上達は速いです。
しかし、良い性能のものは当然値段も高くなります。また薄く仕上げてあるせいか、傷が入った時に折れやすいと思います。

そこでおすすめなのは、エントリー価格帯の短竿です。
現代の鮎釣りで主流の長さは9メートルですが、これから始めようという方には8メートルがベストではないかと思います。

その理由として、
1 軽い→一日持っていても快適
2 感度が上がる→自分で釣った感が味わえる、アタリが気持ち良くなる
3 オトリ鮎の操作が精密になる→上達する
4 風が吹いてもへっちゃら
等が挙げられます。

逆に短くてデメリットはないのかと言われればいくつかありますが、初心者にとってはそれを上回るメリットがあると思います。

具体的におすすめの竿はダイワのエントリーモデルです。

15454_1_convert_20140112174321.jpg


アバンサー80早瀬抜 



アバンサー80早瀬抜 はサークル員4名が初めに買った竿ですが、かなりコストパフォーマンスが高いです。
また、今年の新製品でエントリークラスがモデルチェンジの可能性もあるので、そちらも注目です。



2 タモ 約1~2万円

ようは鮎をキャッチするための網です。値段が高いものほど網目が細かく、フレームの剛性が上がり、重量は軽くなります。主に36センチと39センチがありますが、39センチをおすすめします。理由は何と言ってもキャッチミスが減るからです。具体的には

シマノ(SHIMANO) TM-014I 鮎ダモ EV
シマノ(SHIMANO) TM-014I 鮎ダモ EV





19157_2_convert_20140112174919.jpg
 
カツキオリジナル テクノメッシュ39センチ枠


丁寧に使えば長く使えるものなので、そこそこのものを買っておくべきだと思います。



3 引き船、オトリ缶 約1万円

鮎の友釣りでは釣った鮎をどんどん引き船に移して生かしたまま釣りを続けます。
たくさん釣れるときは引き船の容量が大きい方が良いのですが、現在最も広く使われているのが



シマノ(SHIMANO) HI-042K アドバンスパワーR
シマノ(SHIMANO) HI-042K アドバンスパワーR



だと思います。これを買っておけば間違いありません。相当長持ちするものなので、最初から良いものを選びましょう。

また、知り合いに鮎師がいない方はオトリ缶も買う必要があります。(主にオトリ屋から釣り場までの鮎の輸送に使用)

15664_1_convert_20140112175420.jpg

シマノ オトリ缶R 20リットルの大容量で多くの鮎を輸送できる。



4 タイツ 約1万円

一般的にタイツとはウェットタイツ(水が浸み込むもの)のことを指します。怪我からの保護、体温維持等が主な使用目的です。ウェットタイツ以外にもウェーダーやドライタイツがありますが、まずはウェットタイツを選びましょう。

11725_4_convert_20140112180758.jpg
11689_1_convert_20140112180737.jpg


解禁や終盤の釣りで寒く感じる場合は浸水してこないタイプのものも揃えましょう。ただし、足を冷やすと年をとってからガタがくると聞くので、心配な方、お金がある方は初めからドライタイツを購入すればいいと思います。

18375_1_convert_20140112180818.jpg
 シマノリミテッドプロ ドライタイツ
 
これも消耗品ではないが、最初から高いものはいらないと思います。厚みは3ミリ前後で好きなデザインのものを選べばいいと思います。ただしサイズには気を付けないと川の中で非常に危険ですので、できれば釣具店で試着してみた方が無難です。



5 ベスト 約5千~1万円

他の釣りでもベストは使いますが、鮎釣り専用のものは丈が短くなっており、川で立ちこんでも濡れにくくなっています。そこまで機能性が釣果に反映するとは考えられないので、これも予算の範囲で好みのものを選べばいいと思います。

1913_1_convert_20140112181411.jpg

18641_1_convert_20140112181348.jpg



6 タビ 約5千円~1万円

装備の基本は足元から。ということで、入念な選択が必要になります。
まず型ですが、中割れタイプを選んでください。歩きやすさ、踏ん張りやすさが中丸より上です。
次にサイズですが、必ず釣具店などで試し履きし、少し余裕があるかなというサイズを選んでください。水中では水圧がかかり少しきつくなりますので。
最後に底ですが、フェルトをチョイスしてください。
今まで使ってみておすすめできるのは

18407_1_convert_20140112181909.jpg

シマノ カットフェルトタビ 中割

です。使っていて不便は感じませんでした。ちなみにリミプロも使っていましたが、そっちの方が早く壊れた気が‥‥


ちなみにタビは消耗品です。フェルトは40回釣りに行ったらもう交換すべきです。
フェルトだけ交換できるものも売られていますが、個人的にはフェルトがだめになる頃は本体もガタがくると思うので、少し安いものを本体ごと買い替える方法をおススメします。


7 ベルト 約3千円

ずばり、
499_1_convert_20140112181936.jpg

をおすすめします。耐久性、使いやすさはトップクラスで、価格も安物とほとんど変わらないのでおすすめです。




以上ここまでが最低限必要だと思われる大きな道具です。


これに加えて、

アンダータイツ‥タイツの下に履き、足を冷えから守る。

15644_1_convert_20140112182029.jpg


ジップアップシャツ‥吸水速乾のシャツ。日焼けしないように長袖がおすすめ。

15631_2_convert_20140112182004.jpg



帽子‥かぶらないと頭が焼けそうになる。

偏光グラス‥川面から照りかえす強い日差しから目を守る、水中を見やすくするためにも着用したい。

タモロープ‥気づかぬうちにタモが流れていってしまうことを防ぐためのロープ
      初心者ほどタモの抜け落ちに気づきにくいのであった方が安心。

マナーケース‥使い終わった針や糸を捨てるケース。

‥‥

等があった方がより安全に楽しく釣りができます。

 さて、大まかに見てきましたが上記のチョイスはこの先も鮎釣りを続けていくという覚悟のある方向けのものです。例えば引き船などはもっと安くて十分使えるものもあるのですが、どうせ後で良いものが欲しくなって買いなおすなら最初から買えばいいのでは、という考えのもとおすすめしています。
 「とりあえず今は金がないんだけど、なんとしても今シーズンから始めたい」という方でしたら、もっと安くできます。大まかに見積もると6万円あればそこそこのものが揃えられます。

 また、実際はここに仕掛け代が加わりますが、初期投資(大まかな道具類)と比べれば大したことはありません。むしろ一回揃えてしまえば長く使えるものがほとんどなので、最初はお金がかかる釣りだなあと感じますが翌年からの負担は思うより少ないのです。
 
 この記事を見てくださった皆様、今年から一歩踏み出して鮎師になろうではありませんか。
そこには想像を超える楽しさ、奥深さが待っています。
日本人に生まれたのに鮎を知らないなんてほんと勿体ないです。
この記事を見て、一人でも新しい鮎キチが誕生してくれたらじゅんべえはとてもうれしいです。

120602_122354_convert_20140112192748.jpg




















皆様、明けましておめでとうございます。投人です。
昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。


さて、内水面組に遅れること2日、
荒れ狂う日本海が若干静まった
1/3に釣り初めへ行ってきました。


釣行日時 1月3日 14時過ぎ~17時前
場所 R
天気 晴れ
波  1.2→1m(うねり強)
風  南 強
濁り 強
釣行者 投人
釣法 穴、ぶっこみ、投げサビキ
餌 沖アミLL、イカゲソのワタ漬
釣果 アイナメ(24㎝)1匹 リリース
アイナメ

アフターのようなげっそりした個体でしたが、
寒い中、何とか釣り初めを達成することができました。
今年も海の恵みに感謝です。


~感じたこと~
サーファーって釣りキチ並みのキ○ガイかも



今年が皆様にとって良い釣り年とならんことを!
... 続きを読む
皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は様々な面でお世話になりました。
どうか今年もよろしくお願いいたします。

さてさて、ついに釣り同好会『Project F』も三年目に突入いたしました。昨年を振り返りますと、サークル全体として釣行力は右肩上がりになっているよう感じます。特に1,2年生の成長には感嘆と焦りを隠せません(笑)
私事になりますが、昨年は釣りの道具を最高クラスのものにするためにバイトを始めたせいで、釣行力は確実に落ちてしまいました。また、海釣りはどのジャンルも中途半端な結果(まず第1に釣行不足、第2に研究不足、第3に道具不足 が原因)になってしまいました。

そこで今年はどうするのかといえば、4月からバイトを減らし、鮎釣り、海釣りともに全力で釣行します。海釣りの方は大きな買い物はできそうにありませんが、小物(ルアー、仕掛け、テクニック向上)で勝負です。一方、鮎釣りにはお金をかけます。タイツをオーダーし、竿も新調し、あらゆることを試していきます。大会には参加しない年になりそうですが、今年でどこまでうまくなれるかが、今後の自分の人生を左右する気がしているので、4年生だから…とかいう意味不明な言い訳をせず突き進みます!!

 新年早々、だいぶ熱い話になってしまいましたが、元旦に実家の裏池で済ましてきた釣り初めの様子をアップします。


日時 元旦 12時~14時
場所 親水公園
天気 晴れ
最高気温11度
風 時折強風
タックル テンカラ竿の1,2番+持ち手(カラーテープグルグル巻き)
     道糸 ナイロン0.3号
ハリス ナイロン0.2号
     針 タナゴ針2号
     浮き 安いどんぐり浮き
餌    食パン 黄み練り

140103_102319.jpg


 
この日は空は素晴らしい青空だったのですが、風が強く仕掛けが流れたり手がかじかんだりして厳しい状況でした。それでも始めて数分後、今年一匹目の魚が来てくれました。

140103_131933_201401032016097c1.jpg


クチボソです。個人的にはウグイやアブラハヤよりも上品な感じがして好きです。サイズはかなり小さいくせに浮きをスパッと引き込んでくれるので結構興奮します。その後餌を変えたりしながら釣っていきますが、どうも餌の付け方が最重要事項という結論に達しました。ホントに針先にちょこっと付けて、一発目のあたりで合わせるのが一番効率的でした。とは言っても、クチボソは餌取りがうまいのか、時間がたつにつれて餌だけ舐め溶かして去っていくようになりました。釣り初めで雑魚と遊んでいるつもりが、逆に遊ばれている感じになってしまいましたが、久しぶりの釣りに心が癒されたので良しとします!

140101_125406.jpg

140103_103142.jpg

以前はメインターゲットだったアブラハヤ↓

140103_131506.jpg

140103_131820.jpg
約20匹ほどの釣果でしたが、以前よりアブラハヤが減ってクチボソとウグイが増えた印象です。これからも癒しの釣り場であり続けてほしいなと思います。

それでは、今年一年が皆様にとって素晴らしい釣り年となることを祈って、記事を締めさせていただきます。

爆釣祈願!!                                         1月3日 じゅんべえ
皆様、新年明けましておめでとうございます。広報係ことo氏です。

釣りキチ一同、全力で釣行したいと思います。今年もよろしくお願いします。

そして今回、願掛け?として…
ホテルの屋外プールを改造したという釣り堀に釣り初めして来ました。

釣行日時 1月1日 13時40分~14時40分

場所  品川フィッシングガーデン(元屋外プール)
天候  新潟に欲しい程度の快晴
風   電車が遅延する程度の強風
濁り  シーズン外れのプール程度の濁り
料金  野口英世を一人召喚できる程度の金額

タックル  レンタルタックル
      (万能竿っぽい?,よくある棒浮き,ナイロン糸,返しの無い針)
釣果  鯉5匹 (23センチ程度)

今回の釣果。

感じたこと

・釣り堀での鯉釣りはヘラブナ釣りと似てるという府中ヘラブナセンターの
店員の言葉の真意をやっと理解できた気がする。鯉釣りも寄せないと中々釣れない。

・自分以外の客は家族連れと高校生2人組という…正月だよ⁉他にやることあるでしょ!

・今年最初の記事が自分って……どうよ。