2013.10.12 お祭りの再来

本日2個目です。
是非、黒鯛の記事も呼んでほしいです!

今回はシーバスですよ。


10月5日、6日、7日、9日
の4日間

天気:晴れ
濁り:ナイトなので不明
波:なし
風:無風


仕掛け
ロッド:バスワン 6.3f
リール:ナスキー2500s、ツインパワーc3000
ライン:ナスキー…PE0.6号 ツインパ…PE0.8号
リーダー:12lb
静ヘッド7g + マーズR-32


時間は全日19:30~22:30まで

合計18匹
20~47cm


5日…ウグイ1匹 30cm
7日…ウグイ1匹
9日…ウグイ1匹 35cm
   ボラ1匹 55cm 



6日
IMG_20131007_221617.jpg


7日
IMG_20131008_222902.jpg


9日
1381418042236.jpg


感じたことなど
・今年も底付近をピンテールで引くと釣れる。
 9日にさばいた時にバチが出てきたので
 どうやらバチパターンなのか?
 去年はハゼが出てきました。

・完全に時合がある。
 釣れるとはバタバタと釣れる…しかもサイズ揃い

・ヒレはボロボロなのに型そろい
 いつき?回遊?

・なかなかフッキングしない当たりも多い
 だが、何回もアタックしてくるのでおもしろい

・静ヘッドを使っていたが、友達がコアマンの
 パワーヘッド(だっけ?)を使ってよくかけていた
 僕もパワーヘッド、もしくはイワシヘッドにして
 針のサイズを落としてみようと思う。

・ウグイとボラ…おまえらなんやねんwww


今年もシーバスガンガン釣りたいですね!

まあ、このサイズのシーバスでは僕の中で
鮎と黒鯛には勝てないですが・・・w
スポンサーサイト
2013.10.12 台風万歳

こんばんは、澪標です。


最近更新が少ないので
どうせならと思い
黒鯛の釣果と気付いた点を書きます。

鮎に続いて
僕がやってほしい釣りでもありますので…


9月28日
8:00~11:00

天気:晴れ
濁り:少しあり
波:なし
風:ほぼ無風、時々北風

仕掛け
磯竿 4.5m 1号
リール ナスキー2500
道糸 1.75号
ハリス 1.25号
針 チヌ針2号
浮き 00号

撒き餌 ムギパワー
つけ餌 白ダンゴ


釣果
僕 黒鯛36㎝
師匠 黒鯛39㎝、25㎝


IMG_20130928_104429.jpg



9月29日
13:00~17:30

天気:晴れ
濁り:表層以外ほぼ見えず
波:0.5m
風:北東の風

釣果
ヒラメ 1匹 41cm

1380436778010.jpg




10月5日
16:15~17:00

天気:晴れ
濁り:少しあり
波:1m
風:北東の風

仕掛け等は同上
変更点として撒き餌を
ムギパワー→日本海

釣果
僕 チビチン 20cm
師匠 黒鯛 20~32cm 8枚
弟子1号 黒鯛 28cm 

IMG_20131006_170438 (1)



感じたこと
・潮の流れの早い場所、すぐに流れが変わる場所
 では、沈降速度の遅いエサでは寄せきれない
 日本海のような重いエサで底にためる必要があるか?
 今度はナンバー湾チヌを使ってみる。

・エサとりの多い状況でやることが多いため
 常にガン玉は3個打ち
 4・4・4辺りを中心に、エサとリや食いに合わせて
 ガン玉の重さを変えないといけないと思った。

・やはり黒鯛の当たりはラインをしっかり引っ張っていく
 0号の竿をなんとしても手に入れて
 より繊細な当たりを逃さないようにしたい。

・もう少し浅い場所などでもやってみて
 撒き餌エサのバランス等も考えたい。

・40up釣ったら僕は昇天するんじゃないだろうか


黒鯛は今年から始めましたが
何とか本命ボウズは2回で済んでいます。

10~12月のうちにもっとコツをつかんでおきたいですね…

ノった瞬間から上げるまで…最高やでぇ
2013.10.03 反省
 こんにちは。じゅんべえです。

今日、Mさんが今年の鮎釣果をまとめていたので、自分も反省の意味を込めてまとめました。


場所 日付 釣果(匹)
神流川 6月1日 32
神流川 8日 27
庄川 22日 40
庄川 23日 50
高根川 7月7日 23
高根川 8月2日 13
女川 9日 16
三面川 19日 26
三面川 25日 36
魚野川 29日 30
魚野川 9月6日 11
高根川 12日 75
高根川 13日 27
高根川 19日 48
高根川 20日 35
高根川 23日 33
高根川 26日 42
高根川 29日 19

合計 18回   583匹

一日平均釣果 32.4匹



この数字は去年と比較すると、釣行日数半分(去年は36回)、平均釣果は約+2,3匹といったところです。


 7月の雨による増水、右腕の骨折がひびいてこのような回数になってしまいました。釣果のほうは、今年の三面川が例年より不調だったことを考えると(後半の高根は良かったですが)、まあまあの数字だと思います。また、今年は色々な竿、仕掛けを試しながら釣りができたので、来年以降の成長につながってくれればいいなと思っています。

 とにかくうまくなりたい、まだまだ鮎釣り半人前です。未知の鮎掛け感覚に出会うために、努力を惜しまず、自分に厳しくやっていきます。これから来年の解禁まで鮎記事はストップしますが、ほかの記事もできるだけ更新していくので、よかったらたまに覗いてみてください。

では!
2013.10.02 ようやく
今期初のイカをゲットしました。

私根係は先輩とともに青物を釣りに行きました。そこでイカを手に入れました。

日時:10月1日 3:00~6:30
        15:30~18:30

場所:関屋
天候:晴れ
釣果:胴長16cm×1
      23cm×1
タックル:ワインドロッド7.9ft
     03アルテグラc3000
     道糸0.8号
     リーダ-20lb(青物用)
     アオリーQ 2.5号 ピンク


感じたこと
・朝方は明るくなるまでが時合いです。夕方は日が沈んでからしかり。
・この時期なのにかなり大きいのが釣れる。3.5号でも釣れそうなサイズ
・夕方はイカに抱かれた感触3回のみでボウズでした。
・隣の人うますぎ
・イカ釣りに関してはまったく勉強してないので出直してきます。
・先輩がエギでタコを釣った。
・青物は釣れなかった。アタリは3回ほど出してマナティーを齧られたりもしたが。


9月23日の鮎釣りの記事を書きたいと思います。

日時:9月23日 8:30~17:30
場所:高根川
天候:晴れ風やや強し
道具:アバンサー80早瀬抜
   じゅんべえ氏特製完全仕掛け
   ダイワssマルチ7.0号
   ダイワssスピード6.5号
   オーナー一角7.0号
釣果:17匹(オトリ含まず)
釣行者:根係 じゅんべえ o氏

感じたこと
・風が強いと短竿でもきつい時がある。
・半数は夕方の瀬肩で掛けた。それまでの釣果が勝負の分かれ道。
・連休最終日は大方鮎が抜かれてしまっているので竿抜けポイントを攻める必要がある。
・来年は仕掛けを自作したい。
・天然オトリの確保に難儀した。というか毎回ひやひやしている状況。
・鮎のアタリは本当に気持ちいい!

以下写真

RIMG0011.jpg
鮎を掛けるじゅんべえ氏

RIMG0016_201310021931553a9.jpg
掛かり鮎(おそらく)

RIMG0024_20131002193156285.jpg
サークル唯一の竹竿使いも奮闘中

RIMG0014_20131002193153d1e.jpg
貴重な水中写真。濁ってるのか?どうだろう

RIMG0036.jpg
これが鮎にコケを食べられた跡「ハミ跡」だ!

RIMG0035_20131002193158841.jpg
引き抜き動作後の根係氏
 こんにちは。じゅんべえです。

 とうとう新潟の鮎シーズンも閉幕してしまいました。これからは個人的に冬眠期間となりますが、来る鮎シーズンに向けてできることはやっていくつもりです。

 今年最後の鮎釣り3日分をアップします。今年は鮎釣りに行けた回数も20回未満と非常に少なく、果たして成長できたのかといわれると微妙なところもありますが、少しは前進できたと思う部分もあります。鮎釣りは職人の釣りですから、今年から鮎キチとなったサークルメンバーと一緒に来年以降、切磋琢磨していけたらと思います。

 鮎に感謝、自然に感謝、本当に楽しかったです、鮎シーズン。
 また来年もよろしくお願いします!!


釣行日時 9月23日 午前8時半~午後1時   午後2時半~午後5時半
場所  高根川大橋下流→上流
天候  晴れ
水位  平水
濁り  なし
垢   へちは腐れ始めている場所あり
タックル  改造竿7.15m 
      天井糸 フロロ0.8 イエロー
      水中糸 フロロ0.25号→メタコンポ0.05号
      中ハリス フロロ0.6号→フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      掛け針 シフト6.5号 7号 イ二シアブラック7号
      ハリス 1号 1.2号
釣果 33匹おとり抜き (14~17センチ)

釣行者 根係さん 0氏 じゅんべえ


釣行日時 9月26日 午前11時半~午後1時   午後2時~午後5時
場所  高根川大橋下流
天候  晴れ
水位  渇水
濁り  なし
垢   へちは腐れ始めている場所あり
タックル  改造竿7.15m 
      天井糸 フロロ0.8 イエロー
      水中糸 メタコンポ0.05号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      掛け針 イ二シアブラック7号
      ハリス1.2号
釣果 42匹おとり抜き (12~17センチ)

釣行者 じゅんべえ
釣行日時 9月29日 午前9時~午後5時半  
場所  高根川大橋をはさみ 上流は堰堤まで 下流は深瀬まで
天候  晴れ
水位  渇水
濁り  なし
垢   へちは腐れ始めている場所あり 流芯も腐って青藻が生えていたり、腐りすぎて剥がれ落ちているような場所もあった気がする
タックル  改造竿7.15m 
      天井糸 フロロ0.8 イエロー
      水中糸 メタコンポ0.05号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      掛け針 イ二シアブラック7号 忍7号 一角7号 
      ハリス1.2号
釣果 19匹おとり抜き (12~17センチ)

釣行者 Mさん たつべさん じゅんべえ


感じたこと

・一か所で数が続かない。特に荒い瀬はいまいちで瀬脇やヘチに分がある感じ。ヘチの色はどう見ても古垢で汚くみえるのだが、よく掛かる。
・傾向として、小石や砂利のある場所は釣れる。ただし型は小さい。
・昼間で入れ掛かりになるポイントがほとんどなくなってきた。夕方になると入れ掛かりになる場所はいくつかあったが。朝一にここぞと思うポイントに入っても、竿抜けでしか掛からない。いくら前日に攻められているからといっても、一日たてば新しく鮎が入ってきそうなものだが、なぜか掛からない。鮎がそもそも供給されていないのか、それとも供給はされているけど終盤ということもあり昼間は追いが弱いのか、わからない。
・夕方はいきなり掛かりだす。(トロ、チャラ、瀬いずれも体験した。)特に、昼間少し掛かったけど入れ掛かりにはならなかった、というような場所は夕方ねらい目だと思う。
・瀬肩のさらに少し上で午後から入れ掛かりだった場所が3日後には全く掛からなかった。
(瀬肩~瀬では少し掛かった) 3日間でこれほどまでに変化があるとは思わなかった。
・大量の群れ鮎に惑わされてはいけない(ふらふらしている奴も全く追わないことがある)粘るか捨てるかの判断は、経験を積んでいくしかない。でもやはり基本は縄張りが少しでもある奴を釣ること。これを忘れてはいけない。
・剛竿にメタルライは確実にバレ率が上がる。
・針もいろいろ試したが、今年はシフトとイ二シアブラック、スティングが活躍してくれた。来年はまたいろいろと試してやっていきたい。