こんにちは。じゅんべえです。
車がない自分にとって、どうしても鮎釣りに行きたくなった時はこれ、電車釣行です!!
高校のときはこれで遠征行ってました。静岡とか仙台とか。(オープンキャンパス名義)

今回は鮎3回目の根係さんと二人で、鈍行列車を乗り継ぎ、魚野川湯沢地区へ行ってまいりました。
いつもお世話になっている花水木オトリ店さんまでは越後湯沢駅から徒歩10分で、アクセス抜群です。
また、今回は青春18切符使用により、交通費2500円で済みました。帰りはオトリ屋から駅まで車で送っていただき、とてもありがたかったです。この場を借りて、お礼申し上げます。
またお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

 さて、当日は晴天に恵まれ、いち早く釣り始めようと思いましたが、水温の低さで有名な湯沢地区ですので、焦ってオトリをダメにしてもしょうがないということで、午前11時からスタートしました。


釣行日時  8月29日 11時~18時
場所  神弁橋中心に約800メートル区間
天候  晴れ
水位  平水
最高水温 18度
濁り  なし←やっぱり湯沢地区は水質最高!!
垢   流芯はほぼ白いがところどころ薄茶、明るい茶あり ヘチは腐っている感じの場所あり
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 メタゲーム0.06号
      下付け糸 0.4号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 白一体逆さ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 イニシアブラック、シフト、スティング すべて7号  忍 6.5号 
ハリハリス フロロ6半には1号 7号には1.2号  
釣果 オトリ込み32匹 (12~21センチ) 平均18センチ
130830_002240_convert_20130830123619.jpg


釣行者 根係 じゅんべえ


 感じたこと 

・色の濃いべったりと垢がついたような茶色の石では掛からない。 
・流れの早い、泡立ちの瀬が効反応。そこには薄い茶色、または赤みがかった明るい茶色の石があった。
・水深は深いところは1メートル、浅いところは20センチでも掛かった。ただし、浅い場所は、泡が立って いたり、水面によれがある場所、浅い中でも少しほれ込んだピンポイントが良い。たぶん外的から身を守 りつつ良い苔を食えるからだと思う。
・垢がついていないように見えるポイントでは、小さい白い魚が掛かった。
・ついていそうな大きい石はその周りを前後左右から丁寧に攻めるべき。必ずとりこぼしがある!
・夕方の入れがかりが体験できなかった。トロか瀬肩かチャラが爆発すると読んで、そこを狙って動き回っ たが不発で、後から根係さんに聞いたら、水深80センチほどの早瀬で入れがかったらしい。本当にもった いない時間を過ごした。
・今日攻めた元養鶏所前の深瀬は魚のストック量も多く、追いも悪くなかったので、動けない状況ではと  ても良いポイントだと思った。(今日は平日か?おかしいだろこの人出!!)
・しゃくりの効果を実感した。掛けるためではなく、オトリの動きが詰まったとき、石にあたって登れない 時等
・初めてイニシアブラック7号を使ったが、なかなか良かった。大きさは他の針でいうと6半位だが、軸が太 いせいかばれない。今後も試していこうと思う。
・目印の編み付けの強さをきつめにしたら、いい感じだった。配色も下から、黄オレピンクオレ黄にしてみ た。今度からこれでいきます。


 一仕事終え、帰りの越後湯沢駅で一杯ひっかける根係氏↓
130829_193001_convert_20130830123552.jpg
スポンサーサイト
2013.08.29 ハゼろリアル
お久しぶりです。べちょーです。
最近は集中講義でげんなりしてます。
キングクリムゾンで集中講義の時間吹っ飛ばせないかな~
でも吹っ飛ばせて数十秒単位だしな~
先日澪標さん主催のハゼ釣りに参加しましたので
簡単に釣果を載せます。


日時:8月28日 午後四時ごろ~

場所:ホーム

釣行者(敬称略):澪標 じゅんべえ 投人(手釣り) こまつ べちょー

釣果:ハゼ(5~15cm位) 75匹
   フグ、チンチン ちらほら

エサ:イソメ

仕掛け:各人様々なしかけ(自分はささめ流線6号三本+固定天秤)
1377686252119.jpg
Picture by こまつ


感想

・投げなくても釣れる。というかサイトフィッシングで余裕。
 投人さんは仕掛けのみで手で釣ってた。あれは職人の目だった。

・サイトで釣るとハゼがどんな動きをして
 どう食うとどういったアタリになるかわかって非常に参考になった。おもしろい。

・自分はライトロッドでやったがヒキも味わえて楽しかった。



といったところでしょうか。
釣行した他の方も良ければ感想の追記お願いします!


そろそろ海の夏バテも終わりまたシーバスやらエギングやら始まりますが、
たまにはほのぼのハゼ釣りでもいかがでしょうか?



追記1

竿がなくてもまさかの参戦 投人 です。

集中講義帰りに堤防を見に行くと
浜の方に見慣れたメンツがいる!
ということで急遽参戦してきました。

なんも持っていなかったので投げ仕掛けと青イソをいただき
100%サイトの釣りをやりました。
べちょーさん仕掛けありがとうございました。急遽ですみませんでした


~感じたこと等~

・サイトで見たハゼの捕食パターンは
エサ発見後観察(結構長い)→ゆっくり近寄り一気にくわえる→くわえたのち静止→吐き出すor反転する

・手釣りでは常識(投げハゼの)が通用しない
 手釣り(仕掛け的に)では合わせが必須 送り込みは適宜
 合わせのタイミングが激難! バイト4回につき1ヒットって感じ
 天秤、竿のありがたみを実感
 「くわえた瞬間」、「くわえてから反転するor吐き出すまで」、「反転した瞬間」どこで合わせればいいのか が結局わからなかった

・時合になると遠くからフォールで寄ってくる 底につく前にバイトする。
 垂らしはいらない チモト付近に少しでもついていれば食う

・浅いせいもあってか良型は警戒心が強い 足音を感じたり、仕掛けをみてブロックの隙間や沖へ逃げていく

・餌持ちがいまいち

・豆フグが餌をかっさらっていこうとする
 フグの数はそれほどでもなく、ハゼも寄ってくるため、段差にすればハゼも釣れそう

・合わせさえうまくいけばランガンで釣り放題だと思う 魚影が濃すぎ

次回やるときは「釣法:のべ竿二刀流 タックル:のべ竿+極小錘+ケン付2本針仕掛け(段差式) 餌:塩イソ+青イソ」にして本気で数を獲りに行きます!
こんにちは。じゅんべえです。

ついに右腕の骨折が治ったので久々の鮎釣りに行ってきた報告をします。まあ実は結構前から治っていて、ブログにアップしていなかっただけなんですがね‥



釣行日時  8月9日 正午~午後6時半
場所  女川 ?橋上下700メートル位
天候  曇時々雨
水位  増水
濁り  若干あり⇒ほぼなし
垢   増水後ではあったが、大石にはもちろん比較的小石にもついていた
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 メタビート0.05号
      下付け糸 0.3号
      中ハリス フロロ0.6号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 忍サカサ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 エアースピード 忍 6.5号 スティング7号
ハリハリス フロロ1号   
釣果 オトリ込み18匹 (12~20センチ)

釣行者 Mさん じゅんべえ
 

 感じたこと

・大石が入っている瀬の流芯で全く掛からない(石は黒く見えるし絶対かかりそうなのに)
 平瀬で頭大で黒い石の回りがよかった

・夕方(16時半~17時半)に黒い一抱えほどの大石がポツリポツリと入った深瀬、トロ場、瀬肩で良型が入れ掛かり
 正直トロ場は砂が多く、そこまで魅力的ではなかったが、石一つで鮎一匹という感じ(オモリ+背バリで止め泳がせ)

・水の引きがめちゃくちゃ早い。今年は数は少ないそうだが、高根、三面からの逃げ道として登録しておきます(笑)


釣行日時  8月19日 午前9時半~午後4時半
場所  三面川 岩沢橋~布部橋
天候  晴れ
水位  
濁り  なし
垢   ヘチは垢腐れが進行 ガンガン瀬の流芯は薄い感じ
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 ランスぺ0.05号
      下付け糸 0.3号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 忍サカサ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 忍 6.5号 7号
ハリハリス フロロ1号 1.2号  
釣果 オトリ込み28匹 (14~21センチ)             ハゼ×1 アユカケ×1 カニ×1バラし

釣行者 Mさん 根係 じゅんべえ
 
 
 感じたこと

・一番掛かったのは超大トロから分流の瀬に落ちる前の瀬肩。石は濃い茶色~曇って見える茶色で頭大。正直左岸の方が 良い石色に見えるけど右岸の方がよく掛かる。そのまま瀬を釣り下るとどんどん反応が薄くなる。瀬が長すぎて鮎が供 給されないことが原因か。
・藪漕ぎ?をして行き着いた上流はアブの数が一段と多く、特に木陰は釣りにならなかった。
 前半はかからなかった大石 の入った急瀬の流芯脇で良型がすごいアタリと引きをしてくれた。石色は黒と薄黄色が混 ざった感じで、ド芯はよく見 えなかったが釣れる可能性あり。今回は上手くオトリを入れられなかった。

130823_012511_convert_20130826124204.jpg
↑蚊みたいですが全部アブによるものです。服の上から噛んできます。


 ところでこの日、藪漕ぎをした時に傷付いたと思われるMさんの右腕の先端部が‥‥
逝ってしまいました(号泣)
前回の自分といい、これは呪われている可能性がある‥ということで、

9月後半の浜コンで、しっかりと成仏してもらうために焼き払いをします。皆さんもしっかりお別れしておきたい物があれば当日持参していただきますよう、よろしくお願いします。



釣行日時  8月25日 午前7時半~午後5時半
場所  三面川 水明橋上流 → 岩沢橋~布部橋 → 水明橋下流
天候  晴れ 一時雨 
水位  増水
濁り  若干あり
垢   高根はほぼ白川、三面も一部飛んでいた
タックル  競Fw H2.6 90
      天井糸 フロロ0.8 オレンジ
      水中糸 ランスぺ0.05号
      下付け糸 0.3号
      中ハリス フロロ0.8号
      ハナカン エキスパートハナカン6.5号
      逆針 忍サカサ1号
      背針 小沢さん式
      掛け針 忍 6.5号  忍、スティング、一角7号
ハリハリス フロロ1号 1.2号  
釣果 オトリ込み38匹 (14~20センチ)

釣行者 Mさん じゅんべえ


 感じたこと

・朝のオトリ替えで失敗した。朝は瀬の回りで釣り始め、少しでもやる気のある鮎を狙うべきだった。
・岩沢~布部橋では前回と同じ例の瀬肩で釣れただけだった。ここは掛かり方と鮎の色からしてサラ場だった。
 ほかのポイントではほんとにポツリポツリ。
・調査も兼ねて水明橋下流に行ったが、広大なザラ瀬と長いトロがあった後、少し変化のある瀬があった。ゴロ掛けが多 く、釣れるか心配だったがのっぺりとした早瀬では無反応。そのかわり、瀬の中にある急勾配なザラ瀬で少し掛かっ  た。一番掛かったのは中洲の真上流の筋(浅く小石底)、中洲の横のカケアガリ。何気なく見過ごしそうだったが、よ く見るとその部分だけ色が濃くかつ明るかった。(茶系+黒で水深は20センチ位)
 夕方16時半~17時で10匹くらい掛かってウハウハだった(笑)
・バレがとにかく多い。抜き方を変えると今度は団子になったりで四苦八苦した。結局良型は一角7号、午後の小型は忍6 半で対応した。
・浅場では竿は縦気味の方が反応が良かった。
・結びミスの付け糸が切れた+目印が緩すぎだった+節落ちが連発した+etc→ 循環が途絶えた。
 釣る前の段階で分かっていながらそれを使ってしまうのは問題外だと思った。下手ならせめて準備は完璧にすべし!
130825_184803_convert_20130826124237.jpg

130825_225001_convert_20130826124305.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 こんにちは。Mです。
この場を借りて8月19日以降の釣果報告をさせていただきます。

まずは後悔だけが残る

8月19日

釣果 アユカケを釣ったのしか覚えてない。鮎数匹?

反省

歩いて大移動するときは竿をたたむ!
基本的なことなのですケド。

ここで経緯を。

釣れなくなってきた⇒数は足で稼げ⇒上流に人がいない瀬があるじゃん。⇒トロを遡るが段々深くなっていく
⇒岸のテトラの上を渡ろう!⇒藪があったので回避。護岸のコンクリートの斜面を移動⇒こける。竿の先端部とグリップをコンクリートに強打

この時点では折れてはいませんでしたが竿を振ってみると異音が。また仕掛けを張り替えようと竿をたたもうとすると穂先と2番が固着している。等の前兆がありました。

そして釣りを始めさっそく掛かり抜こうとためていると糸が切れたかな。穂先を見てみるとあれ,なんかいつもより短い!
折れてました~!それも2番が折れたので無傷かもしれない穂先も鮎2匹と一緒に流れていっちゃいました。オモリも付けていたのでそこらへんに沈んでないかなと探してみましたがありませんでした。

以後、気をつけます。

IMG_20130819_211803.jpg
今まで見た中で一番大きいアユカケ
4本錨ががっつり口に掛かっていた。
鮎と一緒にしめたのに根掛かりさん家で蘇生した。


8月25日  時間はじゅんべえと同じ

タックル
 ロッド     アバンサー80M
 鈎       スティング,忍 7号 シフト、キツネ 6.5号
 その他     いつもと同じ
 ウェポン    オモリ1号

釣果 オトリ抜き28匹

感想
 
 ・朝の水明橋上流では岸よりの流れの緩いところではチビ鮎が掛かり、流芯に近くなるほどサイズがアップしていく感じだった。次に移動した場所ではオトリをしゃくりながら引く(オトリが石の上を跳ねるイメージ)と良くかかった。その後水明橋まで戻り自分は高根川合流付近の瀬で釣っていたがひとつのポイントで粘ってしまい午後のペースダウンにつながった。対岸側の流れや下のザラ瀬を探るとすぐ掛かり、入れ掛かりもあった。もっと早く広く探るべきだった。
 
 ・太陽が山に隠れて日光が遮られると掛からなくなった。
 ・去年から使っていたタビが壊れた。
 ・8mだと掛かってからの竿を起こすタイミングや角度が少し間違えるとのされる。
 ・バレが多かった。増水後で身が柔らかくなっていたのか?
 ・この日の三面川は混んでいた。

2013.08.22 危ないアブ
Mでーす。
ただの釣果報告でーす。






8月22日 11~17時半 岩沢橋と布部橋の間

タックル ロッド8m
     ウェポン オモリのみ
鈎    スティング 7号

釣果 込21匹 MAX20cm

感想
  ・前回より水量が多かった。
  ・養殖から天然に換えるのに手こずった。
  ・前回までは流芯より垢が厚くついているヘチ付近で掛かったが、今回はどこでも掛かった。
  ・水量の多い時に腰まで立ち込んで釣るのは疲れるがたのしい。
  ・アブが少なくなっているように感じた。日中は一回も寄ってこなかった。ただ夕方になると出てくる。





8月17日 13~18時 岩沢橋と布部橋の間

タックル いつもと同じ

鈎    黒攻め キツネ 6.5号 スティング 7号

釣果 込17匹

感想
  ・初めての場所!瀬が多くあり深い場所はほとんどない。
  ・この場所は鮎が比較的大きく、最初の一匹を掛けた時アタリと引きに驚いた。今年最高のアタリと引き!
  ・最初6.5号を使っていたが空中バレや身切れ?が頻発し7号に替えたらほとんど起こらなくなった。
  ・夕方に瀬肩で入れ掛かりがあった。
  ・メジロアブが多い。夕方になると増える。黒いものに集まる習性があるそうで車やオトリ缶までにもたかっていた。


19日にもじゅんべえと根係りと自分の3人で行ってきました。いろいろハプニングがありました。その記事は後ほどアップされると思います。
2013.08.17 真夏の第2戦

こんにちは、澪標です


昨日もあっつい中クロダイ
行ってきました!

場所:この前のとこ
時間:6時半~13時
仕掛け
ロッド:磯竿4.5m 1号
リール:レブロス 2000
道糸:1.5号
ハリス:1.25号
針:チヌ針2号
浮き:B
撒き餌:ムギ+オキアミ
つけ餌:ネリックスorオキアミ

最初はエサとリも少なく
浮きはビクともしない状況…
師匠は沈め浮きにしてましたので
ヒトデと海ケムシの猛攻をくらっていましたが

僕はエサとリが少なかったので
師匠からいただいたオキアミで続行

潮の動きが複雑で
撒き餌を効かせるのに一苦労でした…

8時頃から徐々に当たりも増え
チビチンサイズながら二人で
徐々に数を伸ばすことができました

11時過ぎには当たりもほぼなくなり
人の方が先に参りそうだったので
13時に納竿


感じたこと
・潮の流れがない方がいい
 速いとエサが流れて、魚のよりが弱い
 実際僕のゲットした魚はすべて
 潮の動きが止まった時だった

・魚の層は非常にシビア
 浮き下を少し変えた途端に
 数が上がってきた

・浮きはせめてB、0号は用意しておくべき

・浮きが沈んでからはあせらないで
 竿先のラインが引っ張られるくらいまで
 しっかり待ってから合わせるとよい

・オキアミは勝負が早い
 ほぼ30秒いないに当たりがある

・沈め浮き釣法もできるようにしたい


今回の釣果はこちら
IMG_20130816_164352.jpg

師匠:チビチン3匹 他
僕:チビチン2匹 グレ1匹 フグ1匹

今回は持ち帰りましたが
今度からはこのサイズはリリースしますね…

秋は30up釣るぞ( ^ω^)
2013.08.14 ハゼドン

 こんにちは。じゅんべえです。
 
 ここ最近はキス釣りにはまり何度も通っていましたが、先週の金曜日に釣れなくなってから、めっきりアタリがなくなってしまいました。右堤に関して言えば、ほかの魚のアタリもほとんどなく、どうしちゃったの?という感じです。先週は川に向かって投げて、何とか2匹良型が釣れましたがフグがやばいです。

 そして今日、右堤1時間やってアタリなし。左堤はフグの猛攻でノックアウト。とにかく釣れなくては意味がないと思い、午後4時半から癒しの釣りハゼドンに切り替えて遊んできました。

日時 8月14日 16時半~18時
場所 ホーム 左堤内湾(川の反対側)
釣果 ハゼドン約20匹キープ 10センチ以下約20匹リリース

 感じたこと

・一か所でやっていてもどんどん型が小さくなるので、移動しながら釣る。
・針はキスR 5号を使ったが、前回よりフッキング率、バラし率はまともだった。(前回は3.5号)
・止めて待つのが効果的
 
とまあろくに学んだことはありませんでしたが、あのあたりも気持ちいいですよね。特に15センチ超えたらもう‥‥

 明日から地元に戻るので、行けたら鮎の記事更新します!!
こんにちは。Mです。最近の釣果報告をさせていただきます。

8月2日 13時~19時  荒川支流女川

タックル いつもと同じ

釣果 5匹くらい

感想

・最初、高根川に向かったが濁りと増水で無理と判断し胎内川を見に行くことに。胎内川も濁っていて石色もあんまりよくない感じだったので女川へ移動。日釣り券を買う前に川見をすると前の2つの川よりも濁りが薄く、石に垢もついているようなので竿を出すことに決定。ちょっと遠いオトリ屋さんまで釣り券を買って戻ってくるとあらビックリ!濁りがほとんどなくなってる!回復するの速すぎです。

・女川は砂が多く石が敷き詰まっているところが少なく、鮎が掛かったのは比較的川底の石の密度が高いところだった。


8月7日 9時半~17時 高根川

タックル いつもと同じ

釣果 54匹(オトリ含む)

感想

・梅雨の出水で以前とはだいぶ流れの筋が変わってしまった高根川ですがいつものポイントは釣りやすくなったように思う。いつものポイントは先行者が2人ぐらい居てその下の今まであまり釣ったことのない瀬に入った。このポイントも前より瀬が長くなったように感じた。

・流芯はまだ垢のつきかたがいまいちで最初はヘチの垢つきのいいところで掛かった。ただ最も掛かるペースがよかった13時~15時の間は流芯でも掛かった。

・今回、初めて50匹を釣ったがもっと釣るには手返しを良くしなければならないと感じた。仕掛けのトラブルも少なくしなければならない。
本日の釣果。


2013.08.07 豆ちゃん爆釣

こんばんは
という訳で2つ目のブログです

8月7日
場所:ホーム右堤
時間:16時半~19時過ぎ
仕掛け
ロッド:のべ竿3.6m
道糸:1号
   これにトリック3号

最初は当たりが非常に少なく
今日はどうかな…と思っていました

ですが、17時を回った途端に
アジが入れ食いになり始めました

こませを撒きつつ
トリックをしゃくったり
こませをつけるだけで
どんどんアジがかかる状況でしたw

浅い場所なので
タナは約2m前後
手返しよく釣るには
やりやすい場所です

18時を過ぎると
小~中アジが回遊し始めたようで
大きいものはMAX21cmもあがりました!
最近そうだったのですが
暗くなる直前には
浅いとこにも中アジが回遊するようです


感じたこと
・時によってスキンがよかったり
 トリックがいい時があったり
 まちまちではあった
・暗くなるとやっぱり釣れない
 直前2時間が最高に釣れる
・針の大きさを考えると
 2号…豆アジのみ爆釣、中アジはばれる
 3号…豆アジも中アジも釣れる
 4号…豆アジは釣れないが中アジが釣れるし、
    非常に心強い
 という感じ…つまり今は3号最強ですね
・のべ竿でのアジの当たりは最高に気持ちいい(確信)
 特に中アジは竿が鳴るので沸騰しそうになる

最終釣果:3人(4人)で187匹
     3~21㎝


P1090820_convert_20130807214204_201308072354576aa.jpg

P1090822_convert_20130807213944_20130807235459cc2.jpg


ちなみにハゼやカニもちょこちょこ釣れてます
アジついでに太陽が高いうちは
ハゼをやるのもいいかもしれないですね

では

こんばんは
澪標です

本日ブログを2つ更新させて
いただこうかと思います…

まずは8月2日の
クロダイリベンジ戦についてです


師匠からの連絡があり
急きょ朝から半日の釣行に
行ってきました

場所:師匠直伝
時間:6時~12時半
仕掛け
ロッド:磯竿5.3m 1.2号
リール:レブロス 2000
ライン:道糸1.5号(バス用8ポンドライン)
    ハリス1.25号
浮き:B、0の使い分け
針:チヌバリ2号
撒きエサ:チヌパワー+オキアミ2kg
食わせエサ:練り食わせ団子

波はほぼなかったのですが
前日、朝方の大雨により
海にはほどよい濁りが入っており
非常に釣りやすく、よい条件ではありました

朝方はエサとリの多さに苦戦
特にサバの多さには非常に悩まされました

浮きは消し込みますが
合わせてもノらない…が続きます

10時頃から浮き0号にして
沈み浮きを試します

さっそくいい当たりかと思えばヒトデ…
しかし、ここでエサとリの当たりがパッタリ

11時頃にもう一度Bに戻してみると
真鯛の子供をゲット!
浮きはしっかり真下に沈んでいます!

15分後
さらに大きく消し込んだ当たりは
本命のクロダイ!…しかし、20センチ越えず

15分後流れが反対向きになってすぐでした
27㎝の及第点サイズゲット!

IMG_20130803_124837 (1)


10年越しのリベンジ達成ですw
やはり25㎝を越えたクロダイの
下への引き込みはたまりませんねw

その後はほぼすべての魚が
ぱったりとエサとリをやめたので
納竿…

感じたこと
・エサの撒き方で大きく釣果が違う
 師匠はサイズは僕より小さくとも8枚は釣った
・つけエサの大きさには余り大差はなかったような…
・エサとリの状況に応じた方法や浮きの選択が
 今後は必要になると思う
・ぶっちゃけ1号で十分…それどころかもっと柔らかくていい
・その他のノウハウもしっかり勉強したい

釣りサーでクロダイを狙ってる人はいないので
僕が広められたらいいなと思い
書かせていただきました

今後も適度にやっていきますよw

では