2012.09.29 ラスト
こんにちは。じゅんべえです。

あっという間に過ぎさってしまった鮎シーズン 9月27日に鮎にさよならをいってきました。


日時 9月27日

場所 三面川 いつものトロ場→大滝オトリ店下流

天候 晴れ

水位 平水

濁り 無し

風 強風

釣果 約20匹 13~18センチ

感じたこと

・鮎のほとんどが汚くなっている 中には産卵を終え腹がへこんだやつも掛かった

・トロ場、急瀬、ザラ瀬でポツポツ掛かった 急瀬の鮎はかなり追いが良かったザラ瀬の鮎は唯一綺麗なままのやつが3匹くらい掛かった

針はシフト6半と7で身切れゼロ やはり鮎の皮は固くなっているのか?

・引くのか止めるのか、その割合が釣果を左右する

・フック式ハナカンは名人が使うところを生で見ないと鮎に優しい使い方が分からなそう
スポンサーサイト

こんばんは
澪標でございます

青物&イカ行きてえよ!!

早く青物みんなでやりたいね!!



最近1週間はほとんど釣りできず・・・
少ない釣行ですが
ちょこちょこ上がってます


その1
IMG_20120921_111822.jpg

信濃川・・・45センチ


その2
IMG_20120923_140133.jpg

・・・川・・・70センチ
あと、この日はもう1匹30センチくらいのも上がりました

で、なぜかこいつも釣れた・・・

IMG_20120923_144100 (1)

このデブちんめw
クチブトみたいな口しやがってwww
36センチ



その1
タックル
ロッド:シーバスロッド
リール:ツインパワー
ライン:PE0.8号
リーダー:17ポンド
ルアー:R-32 オレンジ&パールホワイト

その2、バス
タックル
ロッド:780円 バスロッド
リール:ツインパワー
ライン:PE0.8号
リーダー:17ポンド
ルアー:マールアミーゴ チャート

釣り方ですが
みんな昼間だった&水門の場所なので
バカ正直に水流の中へ放り込んで
ただ巻きしただけです

もともと、こいつらの場所は
季節になればバイブレーションかワームで
よく釣れる場所だったので
ある意味パターンゲーでした・・・

この水門にはボラ(5~10センチ)
がよく湧いていますので
ルアーを通してベイトに当たるとこを
中心に投げました

腕疲れたよ~
またがんばります
2012.09.24 O氏の挑戦
 こんにちは。じゅんべえです。

 今年中に一回でいいから鮎釣りを見てみたいと言っていた0氏を連れて、三面川に行ってきました。そして、どうせならやってみれば?となりO氏の友釣り初挑戦が決まりました。
 
 当然予備知識もなければ道具もありません。しかし釣りサークル鮎レンタルセットを用い、私のアドバイス&補助により3匹の鮎を釣り上げることが出来ました。(ただし1匹糸を切って放流してしまったので実質2匹ゲット)
 時期が終盤ということもありなかなか厳しい日でしたが楽しんでいただけたかと思います。それにしても今日は気温が上がらず雨も降っているというバッドコンディションでした。そんななか、こんな恰好で頑張った0氏は素晴らしいですね‥
120923_103237_convert_20120924115156.jpg


 午後2時からはO氏と交代して自分がやりました。釣果は2時間弱で10匹とさみしいものでしたが、やっぱりこの引きは楽しいですね。フック式ハナカンも試してみましたが、これからもその有効性を模索していこうと思います。残り少ない鮎釣行を大切にしていきたいと思います。
こんにちは。べちょーです。


さて、いきなりですが昨日3日連続で更新するとか勢いで言っちゃいましたが、
よく考えるとほかの先輩方の更新の邪魔になってしまうので、ブログの更新が止まってきた頃合いを見て
愛すべき「外道」たちの紹介をしたいと思います。


シーバス、青物、キス、カマス、イカ、鮎、バス等「本道」の魚たちは先輩方の記事をぜひ参考にしてください。
私の記事は暇つぶし程度に読んでいただければ幸いです。


で、今回紹介するのは「ダツ」です。
ダツ
ダツ 顔


上の写真は地元でフローティングミノーを使って釣った87センチのダツです。
ダツといえば、ミノーやジグを表層近くで泳がせているとたまに釣れる厄介者として名高いですね。

まず第一に歯が鋭く危ない。プライヤーか何かがないと怖くてフックを外せません。
おまけにリーダーもその歯でぼろぼろにしていきやがるんですから面倒くさいことこの上ないです。


食べるにしても小骨は多いし、生臭いしで結構リリースされる方が多いのではないでしょうか。


ですが、実際ダツをから揚げにして食べてみると、思ったより味は悪くないです。
油で揚げることで生臭さは消えますし、そこそこおいしいです。
(それでもサバなどよりは味は劣りますが。)


しかし、正直あんまし食べる気はしません。
味が問題ではないのです。見た目の問題なんです。
見た目といってもこの細さや顔の長さではないんです。中身の問題なんです。


下の画像はダツをさばいた画像です。
結構グロいので気を付けてください。






(グロ注意)







ダツ さばいた写真


なぜ食欲が減退するのかお分かりいただけたでしょうか。
なんか地球外生命体を解剖しているような画像ですね…


ダツやサヨリを食べたことのある人は知っていると思いますが、
こいつらの背骨は、青緑色をしているんです。


から揚げを食べてる時にこの青い骨を見ていると自分が何を食べてるのかわからなくなります。
いやはや…
なんで青くなっちゃったんでしょうか。


まぁ、それはともかく味はそこまで悪くないので、
もし釣りに行ってダツが釣れたら調理してみてはいかがでしょうか。


頭よりの部分はかなり骨が多く食べづらいので気を付けてください。
それと絶対口の部分は素手で触らないこと。危険です。

私は………やっぱりリリースすると思いますorz


では。



おまけ

ダツは光に突進してくる性質があるので夜にスキューバダイビングしている際にダツが体に刺さることがあるらしいです。迷信の類かもしれませんがお気を付けください。
2012.09.22 釣れないっす
 日時 9月21日 午後12時半~午後17時
 場所 三面川 いつものトロ場
 天候 雨のち曇り
 風 無し
 水位 平水
 濁り ややあり
 垢 垢腐れ
 水中糸 ランスぺ006→メタコンポ005 掛け針 エアースピード6半 シフト6半 スティング7
 釣果 11匹 13~18センチ
 
 感じたこと 
・メスのオトリのほうが追われる

以上!
2012.09.21 地元で災難
お久しぶりです。
ガチムチロッドのべちょーです。

この大学生特有の長い夏休みの間、
地元山形に帰り、ずーーーーーーーーーっと海釣りをしておりました。



それはもう楽しい楽しい毎日になるはず…

だったんですけどねぇ…orz

八月中はとてつもない数のトラブルにみまわれて釣りどころじゃありませんでした。





具体的には


・フローティングジャケットを海に落として、
 その中に入っていたリールやルアーが海水にドブ漬けに

・テトラの上段からすべって危うく海に落ちそうになる

・一度もシーバスをかけていないシーバスロッドを折る

・一度の釣行(二時間)でルアーを3つロスト

・友人と二人で17時間海であらゆる釣りをして結局豆アジ2匹しか釣れない
(サビキにまで手を出したのに)

 …etc





正直かなり精神的にくるものがありました。
特にロッドを折ったときは本気で釣りをやめようかと思ったくらい凹みました(;_:)


まぁ、命があっただけ良しとしますか(-"-)





それでも9月に入ってからはそこそこ魚が釣れました。
特に今年は面白い「外道」たちが釣れたので、明日から3日連続でご紹介しようかと思います。(たぶん)


なんかグチばかりになっちゃいましたね。スミマセン。
皆さんも釣行の際はこうならないように気を付けてください!
(気を付けようがない気もしますが…)


このままだと申し訳ないので
最後に地元の友人が釣ったシーバスの写真をのせておきます。
手前のテトラから出てきた51センチのフッコでした。
(シンキングだったのはわかるのですが何のルアーだったかは覚えていません。ごめんなさい。なにぶん友人のなので…)


画像が荒いのは勘弁してください。
では。
シーバス 51センチ
 こんにちは。じゅんべえです。

アオリの画像みてめちゃくちゃエギングやってみて~と思いましたが、鮎釣りも9月で終わってしまうので今は鮎に専念します。


9月16,17日に地元の鮎仲間(オジサン方3人)と三面川に泊まりで行ってきました。自分は17日に新潟に置き去りにしていただき、Mさんと合流し無事アパートに帰還できました。Mさんお世話になりました。

120917_203806_convert_20120918111725.jpg


16日

水明橋下流で午前10時から開始。右岸分流の調子が悪く瀬ではヘチしかかかりません。元気なおとりを数匹確保して左岸のトロ場を攻めますが、オモリ1号を付けた止め泳がせが効果的でした。引いて反応があれば止めて待つ感じ。それでも4匹追加しただけ。場所移動もしないらしいので今日は泳がせ釣りの練習をしようと決め、普段なら見向きもしない人が歩くような流れでフロロ0.25号の泳がせ釣り。おとりが元気で底流れをしっぽを振りまくって泳いでいるうちしかかかりません。弱ったらオモリを付けて止め泳がせ、掛かったら泳がせに戻すという感じで6匹追加。午後5時頃、右岸の瀬肩で縄張り鮎を発見しおとりをピンポイントで止めて待つとズキューン!かなり興奮しました!!
そんな感じで16日の釣果は15匹と悲しいものでしたが、収穫もありました。泳がせの威力を感じたことです。自分の力だけで泳ぐおとりの動きが効果的なのは前からわかっていましたが、アプローチの点からも泳がせは釣れるなあと感じました。自分は動かずにおとりがポイントを探るということはトロ場やチャラなどで魚に警戒心を与えずに釣りきることができるということです。

ちなみにこの日、おじさん二人はあまりにも釣れずに午前で早々に切り上げパチンコ屋に行ってしまいました。夕飯の時に「明日も回すぞぉ」とか言ってました。

17日

  昨日があまりにも釣れなかったので、今日は例のトロ場に向かいました。午前11時半から始めますが風が強くて非常に釣りにくい。いつも安定して掛かるトロ場は反応が悪くなかなか掛かりません。見切るかなと思った矢先、ものすごいアタリが来て引き抜くとデカイ!23センチの太った鮎でした。しかしおとりが変わっても反応が乏しいので瀬に向かいます。ここで7匹ほど追加しお昼休憩です。風がかなり強くてあまり釣れないということで、おじさん方は群馬に帰って行かれました。休憩後、瀬の上のトロで引き釣りをしますが、1匹のみでその上の瀬肩でさらに1匹追加。よく見るとかなりの鮎が瀬肩に泳いでいます。サラのおとりを誘導し止めて待ちますが掛かりません。少し縄張りを持っているように見えましたが追わないのです。昨日サイトでかけた1匹はすぐに追って掛かったのですが、よく分かりません。その後また瀬に戻り、5匹ほど追加。この瀬は上下にトロがあるのですが釣り返しが効く瀬なのです。人が入れ替わり攻めても時間が少し経つとまた掛かります。最後にこの前の入れ掛かりポイントに移動。オモリを付けて引きますがまったく掛かりません。ギラギラしている鮎はいますがそこで止めても掛からないのです。ここでもしやと思い、ヘチに座り込んで岸から2メートル以内の場所を上飛ばしで攻めると入れ掛かりです。ランスペシャル0.06号でかなりオバセを利かしてなんとかおとりが流されないように操作しました。この時は本当に上飛ばしが最も反応が良く、止め泳がせだと極端に掛からなくなるのが分かりました。1時間で15匹ほど追加し午後6時に切り上げです。


日時 9月16日 午前10時~午後1時 午後2時~午後5時
場所 三面川 水明橋下流
天候 晴れ
水位 やや渇水
濁り なし
風 微風
水中糸 メタビート0.05 フロロ0.25 掛け針 エアースピード 忍 6半 シフト7
釣果15匹 (13~20センチ)
  
日時 9月17日 午前11時半~午後1時 午後2時~午後6時
場所 三面川 例のトロ場
天候 晴れ
水位 やや渇水
濁り なし
風 時折強風
水中糸 ランスぺ0.06 掛け針 エアースピード 忍 シフト6半 忍7 一角ハイパー7半
釣果 31匹 (13~23センチ)

2012.09.18 上越釣行
こんばんは。ダイです。
みんな釣ってますな~

実験やら試験やらが一段落し、
俺もようやく釣りモード再開だぜい!

9/17 10:00~
実家から新潟戻る途中で、親父と上越へ。
糸魚川市能生漁港にて

上越エリアもアオリポイントいっぱいありますよ~

120917_1057381_convert_20120917233018.jpg
今シーズン初アオリ!ちっさい
日中だったから、ボトムから浮かしてサイトでゲット!

DSCN3294_convert_20120917233132.jpg
サヨリもまわってきました!30匹くらい確保!
えらに寄生してる白いエイリアンは、サヨリヤドリムシっていうらしい(爆)

秋シーズン、行きまくるぞ~!


ヒットエギ:エメラルダスダート2.5号 赤オレンジ




2012.09.17 いい感じです

こんばんは~

昨日、一昨日の釣果です


9月15日(土)
晴れ
波:ほぼなし
時間:6時すぎ~9時

この日は釣れる人はめっちゃ釣ってました・・・
一人9杯くらいあげた人もいたらしいです

僕はというと苦し紛れの2,3杯でした
明らかに隣の人うまいので
真似してたはずなのに・・・

しかし、この日で一気にコツを掴んだ気がしました


9月16日(日)
晴れ
波:ちょっとあり
時間:5時半~8時

この日は友達2人も
ガチエギを揃えて一緒に参加です

僕が行く前に1人1杯ずつ上げたらしく
好調なよかんでした
・・・が

僕は3杯で他の2人は僕がいるあいだは
上がらなかったです・・・

やはり、波があるとダメみたいです

場所を移動して手に入れた3杯なのですが
移動した場所は非常に高活性なイカがいて
まだエギングの人が入ってないような
雰囲気でした

もっといい条件なら
爆釣ありえそうです

IMG_20120915_083443.jpg

今の時期は小さいのは同調10センチ弱
大きいのは12~14センチほどでしょうか

タックル
ロッド:シーバスロッド 9f
リール:ツインパワー C3000
ライン:PE0.8号
リーダー:1.5号
ルアー:エメラルダス ダート 
    ピンク&ピンク2.5号
    金&オレンジ3.0号

今の時期は3.0号でおkです
大きいのが沖にいますので
ちょいと遠投したほうが型がいいです

やり方は・・・まあ、来てください
教えますので

もしくは現場で釣れる人の真似をするのが
一番手っ取り早いです
2012.09.13 久々に出た~

こんばんは
澪標です

そういえば、昨日のイカで名乗ってなかったですねw

今日は久々のシーバスです


IMG_20120913_154922.jpg


48センチと小さめですが
回遊のきれいなシーバスですね~

信濃川のパターンがわかる場所でやったのですが
パターンガッツリハマってくれました

このあとも何回かコツコツ当たったのですが
ノらなかったですね・・・

ロッド:シーバスロッド(クロスステージ 9f ML)
リール:ツインパワー C3000
ライン:PE0.8号
リーダー:17ポンド
ルアー:湾ベイト

この場所は唯一パターンを知ってる場所ですが
やはり数が伸びそうなので通うつもりです
ちょっと遠いんですけどね・・・

プレッシャーがかかっている場所なので
今度からはカラーをもっと増やして
今日のような小さな当たりがもっとノってくるように
しようと思います

秋のシーバス開幕!!


ちなみに今日もイカ行きましたが
1バラシで終了でした・・・

ちょっとプレッシャーかかってる場所は
やっぱり難しいですね・・・

あと、イカですが
水深によってフォールスピードを変えないと
やりにくいことこの上ないので気をつけましょう・・・