皆さん
こん○○は!

奈良です。
今季から、鮎に参戦し始めましたのでブログを書いていきたいと思います。
初心者ですので、検討違いのことも多々あるとは思いますが、個人的に感じたことや気づいたことについて記述していきたいと思います。

初めての釣行

M川さんとに同行して頂く。
M川さんに仕掛けの付け方、おとりの付け方など基本的な事を教えていただく。

その後、M川さんが私のタックルですぐに1匹を掛ける。

そこから、私に交代してもらい初めての友釣りを体験。
この日は調子が良いみたいで、初心者の私でも簡単に初めての1匹を手にすることができた。
初アユ

ぶっつけ本番での引き抜きだったが、意外とすんなり決めることができた。

最終的な釣果は私が20匹、M川さんが60匹程度であった

2回目
根掛りさんに同行して頂く。
この日も先日と同じポイントへ。

どうもこの日はあたりが小さいように感じた。

鮎に当たってきたヤマメ
ものすごい勢いで下流に下り、かなり引いたが竿のタメを効かせて抜くことができた。
鮎×ヤマメ


なかなか太ったいいヤマメである。
鮎を食いに来たのか?

結局この日は2人でトータル70匹程であった。

鮎 二人分

【考えたこと・感じたこと】

・ソリッド、チューブラの違い。一日目はM川さんから、アバンサーのチューブラ穂先を借りて釣りを行っていたが、二日目は自分の ソリッド穂先で釣りを行っていた。ソリッドよりも明らかにチューブラの方が感度が良く、アタリが気持ちいい。私の好みとしては   チューブラの方が良いと感じた。おとりの弱り方の違いだが、私にはそこまで大きな違いが感じられなかった。この程度の違いで あればあたりの気持ちよさを優先してチューブラを使用したいと感じた。

・前あたり?のようなものはちょくちょく感じることができたと思う。なんとなく鮎の挙動がおかしい感じや、鮎が嫌がって?首を振る 感じとか….このような場合はなるべくその場におとりを留めるように努めた。ただ、野アユに追われて逃げているのか、いきなり  おとりが走り だしたりする場合があった。このような時はどうするべきなのかいまいちわからない。もう一度、そのポイントにおと りを投入し直すしかないのか。

・当たっているのに、針掛かりしないことが少なからずあった。針の長さや大きさを調整して対応するべきなのか?

・2日目は、ソリッドのせいもあると思うが、鮎のあたりが小さかった。これが追いが悪いということなのか?

・初日にハナカン周りの付いた鮎が釣れた。魚のスレがどの程度で回復するのかはわからないが、このようなことがあるのかと驚 いた

・仕掛けについてはまだまだ分からないことが多く、ラインの太さや針の大きさなど、どのように当日のシチュエーションに合わせて いくのか。この辺は本で勉強したり、OBの方々に伺い、積極的に勉強していきたいと思う。

スポンサーサイト
こんにちは。 じゅんべえです。

昨日、3連休で賑わっていた魚野川湯沢地区に、3人で浜コン用の鮎を釣りに行きました。
連休明けで鮎が抜かれている印象でしたが、その中で釣っている人もいるので、
やっぱり鮎釣りは難しくそして面白いと思いました。


日時 7月21日 午前10時半~午後18時 (途中1時間半ほど休憩)
場所 魚野川 湯沢地区 神弁橋付近
最高気温 33度
天候 晴れ時々雨
水位 やや渇水
タックル スペシャル競Mi H2.6 90
      天井糸 フロロ   0.8号
      水中糸 ランスペシャル   0.05号 
      ハナカン周り フロロ0.8号
      ハナカン シマノ ワンタッチ丸型 6.5号
      逆さ針 エンゼルグース 1号
背バリ 小澤式 常用
      掛け針 V5  6.5号 エアースピード6号
釣果 36匹(オトリ抜き)  Max18センチ(平均15センチ) ただし、他二人は良型ぞろいでした

釣行者 澪標さん 粉末 じゅんべえ


川に着くと平日ですが、40メートルに一人位はいて、
大場所には5人位の団体様が竿一本間隔で入っています。


まず始めにベッタリ垢がついた大石が入っているタナから始めて、
1分程で14センチ程がきました。

色もやや黄色だったのですが、周辺を10分程探るも反応がない気がしたので、下流に移動しました。



次に入ったのは、
連続する段々瀬で少し石色が薄いポイントで、白泡が豊富です。

ここでオトリを馴染ませた瞬間に18センチ程が掛かり、その後3匹ほど追加しました。反応がなくなると一つ下のタナに移り、また3匹程追加。
掛かりは早かったですが、全く掛からないタナもあり、
結局それだけで移動しました。
また、流芯は掛からず、少し緩めの筋で反応がよかったです。
この時点では石色が薄めで水深があるポイントが良い印象でした。



次は水深20~30センチ程のチャラ瀬に入りました。石色は赤~薄茶色で、頭大の石が入っており、流芯はさらに色が薄く白っぽいです。

ここで、20匹程稼ぎました。
型が15センチ程で小さいですが、色は黄色く追っている印象でした。
立て竿の上飛ばしでも掛かりましたが、
竿角度高めでの引き釣りが一番良く釣れました。
チャラ瀬の上流はトロ瀬がありましたが、こちらは石色が濃く、数は出ませんでした。

4時~5時まで雨が降り雷も鳴っていたので、竿を畳み休憩しました。

5時~またチャラ瀬で始めましたが、
5匹の入れ掛かりがありました。
この時は最初の一流し目の泳がせで釣れました。
少しオトリが弱り、
引き釣りに移行すると一気に反応がなくなる感じでした。

6時に釣り終了しました。


友人二人は数は15匹程でしたが、
大石が入った段々瀬で良型ばかりを釣っていました。
3人で共通して感じたことは、流れの芯では掛からないということでした。


個人的には背針のみで一日通してみて、
魚は小さいながらも浅場での反応が良く、石色が薄い(薄い赤色)ところで釣れる印象でした。

石色が濃いところは竿抜けならすぐに掛かりましたが、抜かれた後だとさっぱりという印象でした。

石色が薄いところは、
掛かるまで少し待ちますが、数が出る印象でした。



この日は久々に石が大きい川で釣り、
メタルラインがゴリゴリ石に擦れ、上手くオトリを操れない状態でした。

石の配置を見極めて、ピンスポットに打ち込んで、
止め泳がせで掛けるような技術が必要だと感じました。

150721_140049.jpg

150721_235544.jpg


当日はいつものオトリ店さんにお世話になりました。
いつも良くしていただいて感謝しております。
また、よろしくお願いします!!
 こんにちは。 じゅんべえです。

天然遡上がかなり少ないと言われている今年の三面川。
上流にいくとたしかに石色が悪く魚の気配がないですが、水明橋上流あたりは石色も良く、数もそこそこ釣れています。
下顎側線孔を調べると型が良いモノも多くは天然のように思われます。

本日、水明橋上に行ってきたので報告します。


日時 7月15日 午後14時~午後19時
場所 三面川 水明橋上~高根合流付近
最高気温 29度
天候 晴れ
タックル スペシャル競Mi H2.6 90
      天井糸 エステル 0.8号
      水中糸 フロロ   0.25号 
      ハナカン周り フロロ0.8号
      ハナカン シマノ ワンタッチ丸型 6.5号
      逆さ針 エンゼルグース 1号
背バリ 小澤式 常用
      掛け針 イニシアブラック タフ 7号
釣果 34匹(オトリ込み)  Max20センチ

 今日は1時半に川に着き、一通り川を見てきました。
岩沢橋より上流になると、石色が暗い感じに見え、
逆に西興屋まで下ると茶色い石ばかりがある感じだったので、
茶色に石の中に黄色い石や黒い石が混じる水明橋上に入りました。

今日は渇水ということもあり、泳がせ釣りを練習しようとフロロ025号を張りました。

最初に水深40センチほどで向こう岸に深いトロがある平瀬?で釣り始めました。
一匹目はすぐに掛かりましたが、3匹目は40分位たってからでした。
一匹目はトロの近くで止めていたとき、二匹目もトロ付近、三匹目は川を切るように横に泳いでいるときでした。
上飛ばしでは掛からなかったので、止めと、川を切る形での泳がせを試しましたが、続かなかったので、上流の早瀬に移動しました。

150715_151901.jpg


この早瀬は頭大以上の黄色い石が多く入っています。手前から探っていくと、小型がポツポツ 掛かります。
本命の対岸付近では型が良い鮎がすぐに掛かりますが、数は出ません。
徐々に釣り下っていくと、深くなりトロ瀬になりますが、ここで良いペースで掛かりました。
全部型が揃っており、最高のアタリ、引きでした。

150715_151942.jpg


この早瀬~トロ瀬にかけて、一番深く掘れた筋で掛かりが良い印象でした。

最後に下にかなり大きい淵を控えるザラ瀬~瀬肩を2時間ほどやり、
ここは下竿で竿を立て気味で釣ると鮎がふわふわ動いて良い感じでした。
フロロの伸びる感じも有効だったのでしょうか?

結局、泳がせは最初だけで、
早瀬~トロ瀬はオモリ+背針、
ザラ瀬~瀬肩は背針のみの引き釣りで釣りました。

オトリが元気なら、引き釣りでも掛かる感じでした。
まだ泳がせが下手なせいで、根掛かりやエビが多く、引き釣りの方が効率が良いなと感じてしまいましたが、泳がせでないと、攻略できない場面もあると思うので、引き続き練習しようと思います。

久々にフロロを使って、メタルより感度が悪いせいか、肩の力が抜けてリラックスして釣れた気がします。ただ、尾びれにイカリが
絡んでも気付けないことが増えました。

また、いつもは多い身切れが少ない気がしました。
糸による違いはあるのでしょうか?

150715_185102.jpg
こんにちは、こまつです

昨日三面川に鮎釣りに行ってきました
日曜日でかなり混んでいましたが、悔しくも楽しい釣りをすることができました

日時 7月12日 9時~18時
場所 三面川 水明橋付近
気温 max 32℃
天気 晴れ

釣果 27匹(おとり抜き)

感じたこと
・釣れたポイントは水通しが良く、ある程度水深がある場所が良かった
・流れの強い瀬は流芯より流芯の脇が良かった
・前回はチャラ瀬でも釣れたが今回は反応が悪く、釣れても白っぽくて小さくあまり追ってないような鮎だった
・掛かった後上流に走る鮎が多く、その場合は背掛かり率が高かった
・前アタリがあった後待っていても掛からない時は、竿でおとりの姿勢を変える以外に、おとりを変えたりおもりを付けたりすると掛かることがあった
・今までおもりはおとりを沈めるために使っていたが、おとりの泳ぎや姿勢を変えるために使えることがある
・おとりは養殖より野鮎は当たり前だが、野鮎の中でも釣っているポイントで掛かった鮎の方がそのポイントでは追いが良いようだった
・バラシが多かった
 最初は虎の牙を使っていたが、忍に変えてから激減
 技術的な部分もあるが、その場に合った針選びも重要だと実感した
・800m位上流まで歩いたが、混んでいたためタイミングが良くないとポイントに入れない
・夕方になり山の影になると反応が無くなった

最近は30匹を目標にしていますが、やっぱり鮎釣りは難しいですね
上手な人は当然もっと釣っていますし、結構悔しい思いもしたので、もっと上達できるよう勉強しようと思います

早く入れ掛かりもあじわいたいものです!

1436787365914.jpg

1436791782340.jpg


こんなに面白い遊びはない!! by栃木と福島の鮎師

こんばんは、澪標です


遅くなりましたが
三面川水系解禁明け後、数日経った日に
鮎を釣ってきました
当日はじゅんべえが竿を忘れるという大失敗を起こし
僕にずっと付いててくれました

おかげでかなり基本的なことが学べたので
感じたことなどをまとめようと思います。

7月3日
天気:晴れ
気温:MAX 25℃くらい
濁り:ほぼなし
平水

時間 11:00~19:00
釣果 25匹(おとり抜き)

感じたこと、わかったこと
・鮎を泳がす際の基本的な姿勢をしっかりと覚えた
 特に竿の角度(上竿、下竿)で鮎の入りが全然変わるので
 鮎の強さ、流れの速さ などを考慮して今後一番いい姿勢で釣りたい

・鮎の指し直しのタイミングをより明確に掴んだ
 アバンサーでどんな感覚があった時にさす直すべきかつかんだ

・循環の速度があがった
 まだまだ遅いので、今後は数を稼いでがんばる

・背針のよさを感じた
 背針をつけない時に釣れなかった場所に
 背針をつけて通すと釣れることがあった
 姿勢や鮎の入り方が全然違うので、それが原因と思われる

・鮎がかかった時、特に背掛かりで上流に走った時などに
 しっかり竿をしぼることができるようになった
 しかし、その後は無理をしないである程度自分が下る方が無難

・前あたりの感覚を少し感じた、よく覚えたい

・瀬の鮎の入れ掛かりは気持ちいいですね
 今までこれ感じれなかったのは損でした


・じゅんべえ先生ありがとうございました


今年は釣れる川で何度も循環の練習と鮎の指し方を
練習していきたいと思います

目標は1日30匹以上ですね!!

image (32)

image (31)

image (30)

image (33)

image (34)