2017.05.22 今年初キス!
こんにちは。R32です。
昨日、今年初のちょい投げに行ってきました!



日時:5月21日(日)
天気:晴れ
波:ほぼ無し
ロッド:テイルウォーク(tail walk)MANBIKA(マンビカ) 106MH
リール:シマノ(SHIMANO)13 バイオマスターSW 5000XG
仕掛け:掛けキス5号の4本針、SUNLINE BASIC FC2.0号、0.8号 KAISO天秤15号
エサ:ジャリメ



午前中から釣り場近くの店でジャリメを購入し、釣り人の話を聞いたり、自分たちで竿を出したりして場所を何度か移動。



すると3か所目でようやく今年初のアタリが!



1495435815600.jpg
今年の初キス



約1年ぶりのキス釣りでしたが、やはりあのアタリはたまりませんね。
思わず声が出てしまいます。


夕マズメは投人さんが近くでポリカンをしていたので、その恩恵にあずからせて頂こうと、サビキを投げておりました。アジを釣るのも久しぶりだったので、なかなか興奮しました。


べちょーさんは、「ルアーの誘い×エサ=爆釣」の虫ヘッドにトレーラーをつけて、ライトタックルでキスを釣っていらっしゃいました。手前しか狙えないようでしたが、予想以上に釣れてなかなか楽しそうでした。
もっちーはジグでサゴシを釣ってました。いろいろ狙える時期ですね……ネズミゴチやセイゴ、クジメなどもかかりました。


感じたこと等
・条件をそろえてきちんと検証はできなかったが、やはりパワーイソメよりエサのほうが断然反応がいい。
・フグの猛攻にあうとすぐに針がなくなるので、予備の仕掛けをたくさん用意しておくべき。今回の後半はずっと2本針で釣りをしていた。そのせいで反応が悪くなった感はある気がする。
・投人さんは内湾のかけあがりのポイントでとめて、連掛けをしていたらしい。
・濁りがある場所でも釣れた。濁りがある場所はキスに餌を見つけさせるイメージでゆっくりさびいてくることが多かったが、思っていたより早くてもアタってくると感じた。
・ジャリメ500円分は1日では使い切れなかった。後半が2本針でなくても使い切れなかったと思う。
・もっと飛ばしたい。
・キスのアタリ気持ちいい。

DSC_0093.jpg

魚料理_170522_0025

また近いうちに行きたいと思います!キス天食べたいですしね。


追記があるようでしたら、お願いします。



D85.jpg
DSC_0

by投人
スポンサーサイト
2016.09.20 外道との闘い

こんにちは、投人です。

巷はエギング一色ですが、キスのアタリが恋しくて投げてきました。


釣行日時:9月17日(日の出~12時)
場所: ポイントS
天候: 曇→小雨
風: 追い風中→北西弱
波: 無
濁り:無
タックル:
 ロッド  ブルズアイDiarus5-520PTS
 リール  13バイオマスターSW5000XG
 ライン  剛戦ジギング 8ブレイド 1.2号

 リーダー フロロ7号 1m
 天秤 固定海藻23号
 仕掛け アスリートキス 6号→T-1 8号 *段差針でアスキス6号(夜光)
 針数 4→7→5
 エサ ジャリメ 青イソ
釣果:シロギス118匹(13cm未満43匹、13~20cm75匹) *~13cmは針飲まれのみキープ
9月17日朝から昼 全体


日の出後に釣り開始

アスキス4本でスタートし、120m付近でアタリあり

遠くでワカサギサイズが増えた&隣のおっちゃんが30~50m?付近で掛けているのをみたため、アスキス7本で近投勝負

ワカサギ除けのためT-1 8号 5本に変更

20m以内&100m付近でアタリ多数

12時納竿


釣行日時:9月18日(6時前~7時半)
場所: ポイントSL
天候: 小雨
風: 追い風中
波: 弱
濁り:無
タックル:前日と同じ
仕掛け:T-1 8号
針数 4
エサ ジャリメ
釣果:シロギス26匹(13cm未満14匹、13~20cm12匹) *~13cmは針飲まれのみキープ
9月18日朝



6時前釣り開始

120m付近でアタリあり

7時半納竿



~感じたこと~
・メダカ~ワカサギサイズが多すぎる
どこに投げてもかかってしまう、20mもさびくとエサがなくなる
回収タイミングとさびくスピードの重要さを思い知った。
とにかくエサ取り対策が大切な釣行だった。


エサ取り対策は、特に3つのことを意識した。
①大針を使った
8号まであげることで、メダカ・ワカサギサイズの数が減った。かかったとしても口掛かりが増えた。
②太い餌を付ける、頭ごと使う、大きくつける
小さいキスが食い込みにくい状況をつくった。初日の青イソは大変効果的で、メダカ・ワカサギサイズはほとんどかからなかった。
*青イソを使うときは大針にしないと掛かりが極端に落ちた
ジャリメを頭ごとや一匹付けでもワカサギサイズは減らなかったが、エサもちはよくなった。
③止めを極力控えた
ワカサギサイズのアタリは徹底的に無視し、良いアタリが来るまでひたすらさびいた。
活性が良ければさびくスピードがかなり早くても追い切れるという発見があった。
*最初のアタリで針掛りしているためか、良いアタリ→竿サビキ&止め釣りというふうにしても口掛りが多かった。


・エサの消耗が異常に早い
この時期は餌をたくさん持って行った方がいい。エサを分けてくれたおっちゃん、ありがとうございます。

・風向きの変化直後から手前でのアタリが増えた気がする。

・初日は先端を段差にしていたが、元針と段差針の両方に1匹ずつ掛かることが多く、時々絡んだ。
良型用設定が裏目に出た。魚のサイズ、密度を考慮したり、段差の間隔を検討したほうがよさそう。

・ブルズアイはもう少し曲げられる、ライン周りはまだ大丈夫
今回から天秤を23号まで上げたが、まだ曲げられそうだった。また、ライン周りはフルキャストしても高切れなくいい感じ。
遠投勝負ならオモリ号数をあげてもよいかも。

・指切れ発生
フルキャストすると時々指が切れる。磯竿だから大丈夫と思っていたが、そろそろきつい。
フィンガープロテクター必携。

・根周りは相変わらずフグだらけ


~まとめ~
数は望まないんで、早く良型ください!!

~連絡~
エサを分けてくれたおじさまへ
高切れされていた天秤と力糸を釣りましたので、釣り場であったら渡します。
オレンジ色の力糸にスリットの入った白いL字固定です。
是非、声をかけてください。
受け渡し完了
こんばんは、Nです。
台風の雨風で全く釣りに行くことができず、フラストレーションマックスになってしまったので、
雨の上がった一瞬を狙って行ってきました。

日時:9月19日
時間:午後3時~5時半
釣行者:N、一年のS君
釣果:リリース含め30匹

タックル:ロッド Golden Mean JJマックエアー JMAS-68
     リール ナスキー2000S
     ライン ユニチカ(UNITIKA)シルバースレッド アイキャッチPEII 150m0.6号/6lb
     リーダー フロロ1号

最初はショアジギングやろうと、出ましたが、案の定海は大荒れ・・・

アジングロッドで探るも反応なしで帰ろうかと思いましたがそこで救世主S君が声をかけてくれました!
なんでもハゼのおいしさに目覚め、狙っているのだとか

まさか僕以外でこんな天気悪い日に釣りサーの人間に会うと思いませんでしたが、
お互い釣りに行けずフラストレーションたまってたということだね

S君から仕掛けを貸していただき、1号くらいの軽いナツメオモリにハリス直結で、
ハゼのライトゲーム開始

爆風でアタリも取りずらい状況でしたが、ランガンしつつ安定のポイントへ

そこで大きなアタリが!!
ドラグを出されギュイーンと走っていく感覚から、チーバス(小さいシーバス)かな??
と思いあげてみると、なんとハゼ!!

1474299171415.jpg


キスで20cm程度なら見慣れているのでたいしたことないのですが、ハゼで20㎝以上は釣ったことがないのでびっくりでした
10数cmのハゼしかいないなか急に釣れたので、余計に大きく感じました
写真だとわかりづらいですか、体高があってちょっと気持ち悪かったです(笑)

仕掛けを貸してくれたお礼に、ハゼはすべてS君にあげました
大きいハゼは、刺身にして食べてみたそうですが、おいしかったようでなにより

ということで、
台風こっちくるなぁ~(´;ω;`)
イカつらせてくれ・・・



こんにちは、投人です。
しけの合間の凪を狙って、来る落ちギスシーズンに備え練習してきました。


釣行日時:9月4日(日の出~8時)
場所: ポイントS
天候: 晴天&猛暑
風: 無→追い風中
波: 弱
濁り:
タックル:
 ロッド  ブルズアイDiarus5-520PTS
 リール  13バイオマスターSW5000XG
 ライン  X8アップグレードPE 1.5号
 リーダー フロロ7号 1m
 天秤 固定海藻20号
 仕掛け アスリートキス 6号(夜光塗り)→F1キス 6号(夜光&ラメ糸交互)→T-1 6号
 針数 7→5→4
 エサ ジャリメ
釣果:シロギス(メダカサイズ20ちょっと、アベレージ下から良型まで15)
9月4日



~流れ~
薄明るくなるくらいに釣り場到着

日の出後釣り開始

アスキス7本ではじめ、手前まで探る
(50m地点からメダカサイズがかかり始め、さらに手前にてアタリ多数→メダカ&小フグで針がうまる)

メダカ&フグ除けのため5本針まで落として中投(→アベレージ下がぽつぽつ)

良型を求めて根周り、えぐれを攻める(→フグだらけで釣りにならない)

4本&装飾無しのT-1に変更し遠投、100m付近で中型~良型がぽつぽつ

7時過ぎから中型~良型が全く釣れなくなり、間もなく納竿


~感じたこと~
・メダカ~アベレージ下主体で、一般サイズ(15~18㎝)はほぼいなかった。
どこに投げてもピンがかかる。手前50m以内にいたっては、メダカサイズが入れ掛かり。
針飲まれのみキープしたが、乱獲目当てでやれば束釣り楽勝だったとおもう。

・サイズによって活性、密度に差があった
メダカサイズは6号針をガンガン飲み込んだ。一方、アベレージ下や良型はほとんどが口掛かりで、ばらしも多かった。
最初から良型口掛けのみを狙って、袖系針を導入したほうが良いかもしれない。

・ポイントの移動をしなかった
釣り歩きはしたが、大きくポイントを移動することはなかった。
今回、最大の後悔。ぽつぽつでも釣れるからといって、一つのポイントで粘り続けてしまった。
ポイントを見切る目と捨てる勇気が必要。

・カラーハリスや装飾の効果は、いまいち実感できなかった。
フグが集中してしまうかなと思っていたが、大した差は感じなかった。
カラーハリスは人間から視認しやすいので、魚に対して大差がないならば、どんどん導入しようと思った。



前日にジャリメを使いきれなかったため、翌日もいってきました。
続いていた猛暑を考慮して、二日目は汽水ポイントへ入りました。

釣行日時:9月5日(15時~18時前)
場所: ポイントLL&LO
天候: 晴天&猛暑
風: 南東弱→北中
波: 弱
濁り:薄濁り
タックル:前日と同様
仕掛け:F1キス 6号(夜光&ラメ糸交互) 針数4
     遠投サビキ 白スキン 7号 3本針
釣果:シロギス15(ピン~15cm)、メゴチ1、チャリコ多数、アジ5、カマス6

9月5日

~流れ~
15時前に釣り場入り

ちょい投げをしていた先行者から情報をいただく
(40m付近でピンギス、大きいのは1匹だけ、手前すぎると全くダメ、チャリコが多くて釣りにならない)

先行者から100mほど離れたポイントに入り、釣り開始

汽水エリアから攻め、90m付近でピンギスのアタリあり

数投したのちに、春キスポイントへ移動(フグだらけで、キスは当たらず)

ポイントを戻し、ピンギスが当たらないところを重点的に攻める(アジ、チャリコの猛攻にあう)

17時前にはエサが尽き、サビキを投げる(小アジ、カマスがぽつぽつ)

18時前には納竿


~感じたこと~
・相変わらずサイズが小さい
落ちまでもう少しかかりそう。昨日の良型はまぐれ?

・昨日のポイントと比べると、メダカサイズがかなり減った。
昨日よりもストレスが少なく釣りができた。

・アジ、チャリコは「何m地点にいる」というよりは、筋についてる感じがした
投げる方向によってかなり左右された。チャリコやアジが必ずかかる筋があったり、全く釣れない筋があったり....
攻める方向さえ考えれば、外道がかからず非常にやりやすかった。

・ほとんどのキスが針を飲み込んでいた
密度はそれほどではなかったが、活性は非常に高かった。

・カマスは例年通りの場所についていた



良型少なく、残念な釣行となってしまいましたが、落ちギス前の良い練習となりました。
各地で型ぞろいの釣果も報告されつつあるので、広く釣れるようになるにはもう少しですかね。
台風でいい感じに水温が下がるとよいですね。
カマスについてもまだまだ小さいですが、とりあえずいることは確認できたのでこれからの成長に期待です。

型狙いの秋が楽しみですね!!
こんばんは、Nです。

今日も昨日と同じ場所に行ってきました。
バイトがあったので昨日より早めに行って早めに帰りました。

日時:7月20日 午後2時~4時 

タックル
ロッド:ダイコー ジャークナイト S1002M
リール:13バイオマスターSW4000XG
ライン:剛戦Xsw 1.2号

仕掛け
アスリートキス 5号 50連

オモリ L天秤15号
えさ ジャリメ

釣果:キス16匹

カタクチ3、ヒラメの稚魚2

感じたこと
・昨日より風が強く向かい風だったため飛距離が出なかった。
そのためか、遠投してもアタリが出なかった。

・その代わり、手前でのアタリが増えた。

・なぜかカタクチイワシが食ってきたり、ヒラメの小さいのが釣れたりして不思議だった。

・根の付近は先行者がいてできなかった。

・アタリがあったあと止めても連続してかかることがなかった。

・釣れたキスがコマセを吐くことがあった。巻いたのに寄ってきたから手前で釣れた??

以下写真
1469024327646.jpg
今日は全然数が釣れませんでした・・・・


1469024335163.jpg
ヒラメもジャリメ食べるんだね・・・・