上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐渡ヒラマサ釣行記~2017~part2

皆さんこん○○は!
奈良です。

毎度、更新が遅くてすみません。
楽しみにしていた方お待たせしました!(そんな人いないか…)

佐渡ヒラマサ釣行記三日目、四日目の記事です。
暇なときにでも読んでいただけると幸いです。

Day3 6/22(水)

この日は超有名ポイントの自磯に入る。
有名ポイントだけに混むかもしれないのでAM3:00には起床。

佐渡在住の先輩と合流しポイントへエントリー
夜明けまで、先輩と別の魚を狙う。
が、私には何も釣れずにヒラマサタイムへ突入。

夜が明けると、なんとなく良い雰囲気が漂う。
そう思ったのも束の間、周囲でトビウオが飛び始めた。

これは絶対出る!!
雰囲気ムンムンの状態の海に向かいキャスト!。

雰囲気とは裏腹に、ルアーへの反応は全くなく、ただただ無情に時が過ぎる。
そうこうしているうちに、東風が強くなって来た。

風を背負ってキャストできるため、ルアーの距離はでるが、時々海に突き落とされそうになる。
さらに時は過ぎ、しだいに雨が強くなる。
周りには誰もおらず、孤独の戦いである。
暴風雨


なにもないまま時は過ぎ、疲れた私はただ海を眺める。
(やはりそう簡単には釣れないよな。)
そんなことを考えていると、再びトビウオ飛び始める。

チャンス到来!!
お気に入りの別注平政160Fをつけて投げる。
ひたすら投げる!

ルアーの横をトビウオが飛んだなぁ~なんて考えていると次の瞬間

どばばばっっっっ

一瞬反応が遅れて、ファイト体制へ
魚を浮かせようとポンピングするが異様に軽い。

抜けたか??
いや、違う!!手前のハエ根に向かっているんだ!

さすがヒラマサ、根に向かってひたすら走る。
こちらも高速でリールを巻き、リフトアップ
結構キツメに絞めたはずのドラグがチリチリ出る...

なんとかハエ根の上に乗せるが、今度はハエ根の切れ目に回ろうとしている。
左に走り出したので、ドラグを絞めて、無理矢理そのまま抜きあげる!

なんとかバレることなく無事にランディング!

周りには誰もおらず、うれしさのあまりただただ、雄叫びを上げる。
ヒラマサ85cm、5.1㎏
ヒラマサ 85cm


まだまだ目標サイズには届かないが、目標への重要な一歩である。
こいつを釣るために、ヘビータックルをどれだけ振り回していたことか…
なんともうれしい一匹である。

その後もサイズアップを狙い、投げ続けたがこの日はこの一匹で終了。

次の日に備える。

Day4 6/23(木)


この日は、沖磯に行く予定であったが、シケのために渡船できず。

仕方がないので、サラシうちで、鱸や黒鯛を狙う。
めぼしいポイントを粗方打つが、魚からの反応は何も得られない。
サラシ


その後は、自磯のヒラマサポイントを探し、ルアーも投げてみるが何も反応なし。
さすがに連続の釣行、ヘビータックルのせいで右肩から首筋にかけて鋭い痛みが走り続ける。

次の日に備えて入念に方のストレッチをしてから就寝
明日の釣果に思いを馳せて。



            次回予告

         Day5 沖磯の戦い 箸忘れの昼食
         Day6 最終日 さらば愛しの佐渡

の二本立てでお送りします。

いつまで続くんだって感じですね…
スミマセン
スポンサーサイト
佐渡釣行記~2017~

皆様こん○○は!
奈良です。

最近、ブログの更新頻度が少なく、ちょっと寂しいという意見も周りからちらほらいただいております。

このブログを楽しみにしてくださる方がいるということがわかると我々のモチベーションも上がります。
これからも応援の程よろしくお願いします!

さてさて、前置きが長くなりましたね。
本題に入りましょうか。

6/19~6/24の6日間、佐渡にヒラマサを狙いに行って参りました。
(なんでそんなに時間があるかって?えぇ、大学生だからこそ為せる技です)

まぁ、長期間の滞在になりましたのでブログも長くなると思います。何回かに分けて書きたいと思いますので、暇なときにでも読んでいただけると嬉しいです。

【ヒラマサ用タックルデータ】
・ロッド:ミュートス アキュラ 100HH RGガイドモデル
・リール:12キャタリナ 5000H
・ライン:メインPE 5号 
スペーサーPE10号 
リーダー フロロ100LB

Day1 6/19(月)
昼のフェリーに乗り込み、15時頃には佐渡へ上陸。
両津港から車を走らせ約1時間ちょい。誰もが知っている超有名ポイントへ

ポイントに着き、準備をしていると三人組の方が後からやって来た。
凄く感じの良い方たちで、お話を伺うとなんと千葉から佐渡までヒラマサ狙いで来たという。

千葉からわざわざ来るなんてすごいなと思いつつ、太平洋側の釣りについてもいろいろ教えていただいた。(もし、見てくださったらコメントくださいね笑)

三人組の方と一緒にエントリー、17時にはポイントでキャストを始める。

期待を込めて第一投!!
反応なし

第二投!!!
反応なし

第三投...

以下無限ループ

結局この日はバイトどころかワンチェイスすらなく終了。
明日に期待を込めて。早めの就寝。
三人組の方々ありがとうございました。
夕日


意外と寝心地の良い車中泊。
車中泊


Day2 6/20(火)
この日は渡船で沖磯へ。
過去に大型ヒラマサの実績もある、磯へ渡してもらう。

(さすがに沖磯に出たらショアよりは確立が高いだろ?)
そんなことを考えていた私。
こんな甘い考えはすぐにぶち壊されるのであった。

AM4:30からスタート

ずーっと、反応なし。
磯際についているマイクロベイトに超スモールサイズのイナダが沸いているものの、ヒラマサの反応は全くない。

ジリジリと容赦なく照り付ける太陽。
暑い… 暑すぎる….

最初に渡った磯では何も反応がなく。
さらに沖の磯へと私てもらうこととなった。

入れ違いで帰るフカセ師が言うにはヒラマサ泳いでるのを確認したとのこと。
これは期待が高まる。

期待を胸に膨らませ。
いざキャスト!何も反応なし

それから1時間後ほどして、風が強くなり、波が強くなり始めたたとき

ダイビングペンシルを引いていると、「バシャ!」グンっと竿に重みが乗る。
久しぶりの生命感。

上がって来たのはこいつ

そうワラサ。
何も釣れないよりはましである。船頭にあげるためにキープ

その2投後
「バシャ!」

ちょっとデカめのワラサかと思い寄せてくると、イエローラインが明らかにワラサとは異なる。
ヒラマサだ!
ヒラマサ


よし!
サイズは小さいがとりあえず、ヒラマサをゲットできたことに安心と喜び。
ヒットしてくれてありがとう!

この後はワラサを2本追加して終了。
ワラサはロッドのパワーが強すぎて、水面滑走&エラ洗い(もどき)してましたw
一日目 釣果


とりあえず、魚が釣れたことに満足したし、めっちゃ疲れてたし
ということで早めの就寝...
安定の車中泊

                              【次回予告】
・Day3  孤独の戦い 磯際の攻防戦
・Day4 大荒れのポイント開拓 右肩の死


の2本でお送りします。
次の更新も楽しみにしてくださいね~
                                  続く!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。